歯の茶渋汚れにはどうしたらいい?着色しやすい飲み物と対策

お茶が好きで愛飲されている方も非常に多いですよね。特に日本茶は日本人にはなくてはならないものとして親しまれています。そんなお茶を日ごろ飲んでいると、容器に茶渋がついているのをみかけることがあるでしょう。この茶渋、実は私たちの歯にも付着してしまうのです。茶渋は洗剤で洗ってもなかなか落ちづらいもの、歯に付着することでやはり普通の歯磨きでは落としづらい汚れになってしまいます。どうして茶渋が歯に付着してしまうのか、原因と対処方法についてチェックしてみましょう。

歯に茶渋がつく原因は?

茶渋が歯や容器などに付着してしまう原因は、お茶に含まれている成分の影響が強いです。特にタンニンなどの渋みの原因がこびりつきやすく、残留することで黄ばみなどの原因となるのです。

お茶に含まれるタンニンが着色の元になっている

お茶には、色素や渋みの成分であるタンニンが豊富に含まれています。お茶や緑茶をのむことで歯の表面にタンニンが付着します。付着したタンニンが残留してしまうと歯の黄ばみの原因となります。

紅茶にはお茶以上のタンニンが含まれていて最も着色しやすい

紅茶には成分として色素や渋みのタンニンの他、多量のカフェインが含まれています。紅茶を飲むことで、これらの成分が唾液に含まれているカルシウムのような金属イオンと結合するのです。歯の表面を覆っているペリクル層に付着することで結びつきます。そのまま表面に残留することで歯の黄ばみや着色汚れの要因となるのです。タンニンの量もお茶や緑茶と比べても多く含まれているため、飲み物の中で最も歯の黄ばみや着色汚れにつながりやすいです。

お茶以外の着色しやすい飲み物

お茶以外に飲むことで歯の黄ばみや着色汚れとして残留しやすいものはあるのでしょうか。ぜひチェックして該当していないかどうか確認してみましょう。

コーヒーには着色しやすいクロロゲン酸が含まれている

コーヒーには「クロロゲン酸」というポリフェノールの一種が含まれています。これがコーヒー特有の香りや味を産み出しています。クロロゲン酸には、動脈硬化の予防や、糖尿病の予防につながるという効果がある一方で、歯に色素着色しやすいというデメリットも持ち合わせています。お茶や紅茶よりも着色汚れに悩まされることは少ないですが、それでも毎日コーヒーを愛飲しているという方は歯の黄ばみや着色汚れには注意する必要があるでしょう。

赤ワインは色味が強くアルコールで歯を溶かす

赤ワインには「ポリフェノール」が豊富に含まれており、様々な健康効果があることでも知られています。赤ワインにはお茶と同様に渋みとなるタンニンも多く含まれており、歯の黄ばみや着色汚れなど引き起こす可能性が高いです。またお茶や紅茶と違い、アルコールが含まれることによって、歯の表面のエナメル質が溶けやすくなります。エナメル質を溶かすことによって象牙質が透けて見えることで、着色汚れがなくても全体的に黄ばんで見えることがあります。

ココアのボリフェノールも着色しやすい

赤ワインの他、ココアにもポリフェノールが多く含まれており、歯の黄ばみや着色汚れの原因となります。ポリフェノールが含まれている食べ物として、チョコレートなども着色汚れの原因となりやすいです。これらを摂取したあとにはしっかりとブラッシングを行い、歯の汚れを落としましょう。

クランベリージュースは酸が多く歯が溶けて着色しやすい

実は果実系のジュースも着色汚れを引き起こす可能性があります。特にクランベリージュースや、グレープフルーツジュースは色素を含んでおり、なおかつpHが低いため歯のエナメル質を溶かしながら、象牙質へ色素が入り込みやすく着色汚れの原因となりやすいです。
また糖分も高いため、虫歯発生にもつながることから、長期間飲む場合は注意が必要です。

歯についた茶渋をしっかり除去するには

歯に付着してしまった茶渋や着色汚れ、黄ばみに関してしっかり除去するにはどのようにするのが良いでしょうか。まずはクリーニングを行い、それからホワイトニングを行うのが効果的です。

表面の汚れはPMTCでしっかり除去

歯に付着した汚れはPMTCで除去するのがおすすめです。PTMCとは、プロフェッショナル・メカニカル・トゥース・クリーニングの略で、歯科医の元で、専門器具などを使って歯の清掃、口内環境を整える治療のことを指します。手順としては、まずデンタルフロスなどを使って歯と歯のすき間の清掃を行います。歯垢や食べかすなどの汚れを落としたら、次にブラシやチップ器具を使って歯の表面を磨いていきます。表面に付着した汚れだけではなく、細菌のかたまりであるバイオフィルムまで落としきります。

フッ素やトリートメント剤まで塗布するメニューがオススメ

PMTCにはオプションとしてフッ素ペーストやトリートメント剤などを塗布するメニューもあります。フッ素やトリートメント剤を塗布し、歯の表面へコーティングすることで、歯の汚れを付着しにくくするだけではなく、虫歯や歯周病などの原因菌の繁殖を防ぎます。

薄い汚れならホワイトニング用の歯磨き粉

ホワイトニング用の歯磨き粉そのものには、本来以上の白さをだす効果はありませんが、着色汚れを浮かして落とし、歯を白く見せる効果が期待できます。毎日する歯磨きなので、手軽に取り入れることができておすすめです。

汚れを浮かして落とす&再石灰化!ルシェロ歯磨きペースト ホワイト

GC ルシェロ歯磨きペースト ホワイト 100g 1本

商品の特徴

ルシェロ歯磨きペーストは4つの力で歯を白く導いてくれる歯磨き粉です。まず歯磨きペーストが弱アルカリ性でできているので歯の表面についた汚れを浮かし、炭酸カルシウムの「Lime粒子」でしっかりと汚れを落とします。ポリエチレングリコール「PEG400」でタバコの汚れ、ヤニをすっきりと落とします。そしてフッ素を配合、歯の再石灰化を促進し、虫歯ができにくい口内環境になります。

この商品の口コミまとめ

「歯科衛生士の方におすすめされて購入しました。ツイッターなどでもおすすめされているそうです。着色汚れに効果があると感じます。ペーストを歯になじませてから全体的なブラッシングを行うことで汚れをしっかりと落としてくれます。磨いたあとは歯がキュッキュッとするくらいピカピカになります。着色汚れや黄ばみに悩んでいる方に試してほしいです。」

しっかり白くするならホワイトニング

歯についてしまった黄ばみを改善するにはクリーニング後のホワイトニングがおすすめです。歯の黄ばみや着色汚れを改善し、元の歯の白さを取り戻します。その上でホワイトニングを行うことでより白く清潔な歯を手に入れることができるのです。

全体をしっかり行いたい時は歯科医院で

歯科医院で行うオフィスホワイトニングは専用の薬剤を用いて歯を強力に漂白することができます。全体の歯をしっかりと白くしたい場合には歯科医院や審美歯科を利用するのが良いでしょう。基本的にはオフィスホワイトニングとホームホワイトニングを組み合わせて歯を白い状態へ導きます。

前歯だけなど部分的にしたい時はエステサロン

前歯だけなど部分的にホワイトニングしたいときにはエステサロンがおすすめです。歯の本来の白さを取りもどすクリーニングを中心に行うことができ、歯科医院や審美歯科と比べて安価です。またエステサロンの場合通いやすいことなどもポイントになるでしょう。

安く抑えるならセルフホワイトニングサロン

歯のホワイトニングを行いたいけれども費用を安く抑えたいという場合にはセルフホワイトニングサロンも選択肢に加わるでしょう。セルフホワイトニングサロンでは歯科医院で扱われる「過酸化水素」や「過酸化尿素」は医薬品に分類されるため、歯科医師や歯科衛生士がいない中扱うことができません。しかし、そのためより安価な材料で着色汚れを落とすことができます。

歯に茶渋がつくのを防ぐ日常生活のコツ

歯に茶渋をつくのを防ぐにはお茶を飲まないことが最大の予防策です。しかし日本ではお茶を飲む文化とは切っても切り離せないため徹底することは難しいでしょう。そのため日常生活で茶渋の付着を防ぐコツを知り、日ごろから実践することをおすすめします。

茶渋がつきにくいお茶の種類を選ぶ

日ごろ愛飲するお茶をタンニンが多く含まれていないものを選ぶのが良いでしょう。

ほうじ茶や麦茶はタンニンが少ない

ほうじ茶や麦茶は同じお茶の中でも含まれているタンニンの量が少ないです。そのため気軽にお茶を楽しみたいときにはおすすめです。しかし黄ばみや着色汚れの原因とならないわけではないので、飲む量と頻度には気を付けましょう。

自分で淹れるときは色を出しすぎない

紅茶やお茶を淹れる時には深蒸しを行わない方がおすすめです。確かに深蒸しにすることで味が濃くなり風味も増しますが、着色汚れのリスクが高まります。濃度が高いことはつまり歯に付着する量も多くなりため、どうしても深蒸しをする場合には飲んだ後に歯を磨くか、普段はあまり色を出しすぎないよう気を付けることをおすすめします。

飲んだ後は口をゆすぐ

紅茶やお茶を飲んだ後に歯磨きを行うことが出来ない場合は水で口をゆすぐだけでも効果があります。口内を水でゆすぐことで歯の表面に付着した汚れを落とし、口内を中性に保つことで口臭の予防にもつながります。

歯磨き後はなるべく水を飲む

歯磨き後にどうしてもお茶が飲みたくなってしまった場合、ノンカロリーだからお茶やウーロン茶なら大丈夫と思ってしまいがちです。しかしお茶には前述の通りタンニンが含まれているため、飲むことで歯の黄ばみや着色汚れの原因となります。

まとめ

いかがだったでしょうか。茶渋による着色汚れや歯の黄ばみに関してはそのまま放置しておいても、見栄えが悪く不潔感が増すだけで深刻な状態になることは少ないです。しかし着色汚れは歯石や歯垢だった場合や歯の黄ばみ部分に細菌が付着し、菌が繁殖することで虫歯や歯周病の原因となるだけではなく、不快な口臭の原因にもなります。そのため個人で判断せずに歯科医に診てもらうことをおすすめします。紅茶やお茶などは現代では手軽に購入でき、どこでも飲めるものです。知らず知らずのうちに歯が茶渋だらけになんてことになる前に、日ごろからチェックし歯を守っていきましょう。