トレンチコートのおすすめコーデ28選!

春や秋のコーデに欠かせないのがトレンチコート。パンツスタイルでもスカートスタイルでも合わせやすいコートは今や定番となっていますね♪

皆さんの着こなしを是非見てみましょう!

この記事で紹介しているトレンチコートのおすすめコーデ一覧

おすすめコーデ:1 おすすめコーデ:2 おすすめコーデ:3 おすすめコーデ:4 おすすめコーデ:5 おすすめコーデ:6 おすすめコーデ:7 おすすめコーデ:8 おすすめコーデ:9 おすすめコーデ:10 おすすめコーデ:11 おすすめコーデ:12 おすすめコーデ:13 おすすめコーデ:14 おすすめコーデ:15 おすすめコーデ:16 おすすめコーデ:17 おすすめコーデ:18 おすすめコーデ:19 おすすめコーデ:20 おすすめコーデ:21 おすすめコーデ:22 おすすめコーデ:23 おすすめコーデ:24 おすすめコーデ:25 おすすめコーデ:26 おすすめコーデ:27 おすすめコーデ:28

この記事の作成者

S.M.さん【26歳】
モデル経験あり!おしゃれ大好きS.M.さんがこの記事を作成しています

定番のベージュトレンチのおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

トレンチ×花柄ワンピのフェミニンコーデ。フラワープリントも、Vネック、黒なら大人っぽく着こなせます。コートはボタンをとめずにオープンで着るのがカジュアルに魅せるコツ。

レギンスとのレイヤードスタイルが今っぽい。バッグにはピンクなど明るい色を選んで。


引用:CBK(カブキ)

背の低い人にはミディアム丈のトレンチがおすすめ。はっきりしたネイビーのストライプ柄で縦長細身の印象に。意外ときっちりしているトレンチですが、どこまで着崩すのかがコーデのポイント。

Tシャツとワイドパンツでゆるーく、キャップとサコッシュでスポーティーに。

引用:CBK(カブキ)

シンプルでナチュラルなコーデを生かす小技の数々に注目!折り返した袖口と襟元からのぞくパーカーをアクセントに。切りっぱなしのデニムとホワイトスニーカーで抜け感を出して。

差し色はきれいめブルーのソックス。ブラックリュックのボリュームバランスも絶妙です!

引用:CBK(カブキ)

少しくらいボリュームのあるニットでも、ロング丈のコートが作るIラインがすっきりとカバーしてくれます。膝下丈のタイトスカートで上品に女らしく。

ボートネックも可愛らしい女らしさを引き立てています。足元はブラックブーツで格調高いコンサバスタイルに。

引用:CBK(カブキ)

表情豊かに、カジュアルにもフェミニンにも合わせていけるのがトレンチの魅力。プリントTとチェックのスカートは今季のトレンド。

うまく着こなしたいけど、子供っぽくなってしまいそう。そんなときに、コートを1枚羽織れば大人っぽく決まります!

引用:CBK(カブキ)

ジャストサイズで着るより、大きめサイズのトレンチをゆるっと着こなす方が「こなれ感」が断然UP。バレエシューズに白ソックス、お団子ヘアもゆふわに。

ベージュトレンチ×黒スキニーのきれいめシンプルコーデを、さりげなく大人っぽく着こなしましょう。

引用:CBK(カブキ)

トレンチをレディーに着こなすなら、とろみ素材やキャンディースリープがおすすめです。カジュアルなワイドパンツに合わせても、程よい甘さに仕上がります。

濃いめのボルドー色で全体の引き締めを。カジュアルダウンを狙うなら、ブラックスニーカーやバッグをプラスして。

引用:CBK(カブキ)

トレンチとデニムは好相性。サロペットとの相性もバツグンです。サロペットといえば、すぐにワークスタイルが思い浮かびますが、トレンチを重ねるだけで大人っぽくシックに大変身。

ロング丈で体型もカバー。おしゃれ心を忘れない人のマタニティコーデにピッタリです。

引用:CBK(カブキ)

おしゃれ上級者に人気のトレンチ×Gジャンのレイヤードスタイル。トレンチは元々メンズライクなアイテムだから、こんな着こなしが正解なのかも!ピッタリしたブラックニットにスキニーパンツを合わせてタイトに。

異素材のブラックファーバッグを1点投入、可愛さも忘れない♡

引用:CBK(カブキ)

きれカジを目指すなら、トレンチにはテーパードタイプのパンツがおすすめ。バランスが取りやすく細見え効果も大。ニットとスニーカの白で色のバランスも取りましょう。

シンプルコーデには赤を差し色に。上品で洗練された大人コーデに出来あがります。

カラートレンチもおすすめ!真似したいおすすめコーデ


引用:CBK(カブキ)

クールでシックなグレンチェックのトレンチは、フェミニンにもマニッシュにも着こなせるから不思議。ベージュワイドパンツと黒ローファーに合わせて、おしゃれ度の高いマニッシュ仕立てに。

ギンガムにはない、グレンチェックならではの大人の女性らしさが光ります。

引用:CBK(カブキ)

ビッグサイズのグリーントレンチをゆるーく着崩して、思い切り遊んでみるというのもあり!ハードなトレンチはメンズライクのコーデとなじみやすいもの。

インナーの色使いはモノトーンでまとめて、きれいに。トップスのフリルやスニーカーの赤で、軽やかさをプラス◎


引用:CBK(カブキ)

水色トレンチの魅力は、なんといっても爽やかさと明るさ。キャップとパンツの白で、より明るく、インナーにネイビーではなくライトブルーのボーダーを合わて、いつもとひと味違うマリンスタイルに。

ブラウンのベルト1本で上手にメリハリをつけています。


引用:CBK(カブキ)

ピンクのトレンチは、コーデの仕上げに女っぽさや甘さを加えてくれる便利アイテム。ギンガムチェックのレトロなワンピに、さらっと1枚羽織るだけで大人モードが急上昇。

サングラスと合わせて60’テイストに。こなれ感を出すなら、素足にホワイトスニーカーをチョイス。

引用:CBK(カブキ)

ベージュやカーキと同じくらい、着回し可能なネイビーのトレンチ。日本人の肌色に合うという点ではネイビーの方が上なのかも。たくし上げた袖からのぞくギンガムチェックがアクセントに。

カジュアルに着崩してはいても、赤のパンプスで女らしく、大人らしく。

引用:CBK(カブキ)

太めベルトのヘムラップスカートはとってもフェミニン。ビビッドなピンクに負けないように、くっきりとしたネイビーのボーダーを合わせました。

淡いグレーのトレンチコートを羽織って、スマートに。ポインテッドトゥのパンプスで、デキル女のオフィススタイルが完成。


引用:CBK(カブキ)

ゆったりめのビッグカラーコートは、1枚羽織るだけで、いつものおしゃれを底上げしてくれます。旬のイエローなら注目度もバツグン!ボトムスはハイウエストですっきりと、だぼつかせないことがポイント。

ヘアスタイルはアップに、長めイヤリングで小顔効果もあり!


引用:CBK(カブキ)

目にも鮮やかなグリーンコートに黒のテーパードパンツがベストマッチ。緑×黒は都会的で洗練された色合わせ。いつものカジュアルスタイルをワンランク上の大人コーデに変身させてくれます。

インナーのボーダー柄をアクセントに。

引用:CBK(カブキ)

ナチュラルなカーキ色のトレンチ。飾り気がないからこそ、中身は思いっきり可愛く、凝ったスタイルでもOK。パール付きの個性的なジーンズに、シフォンブラウスとビスチェをレイヤード。

白とネイビーでメリハリをつけて、大人っぽくカジュアルに。

引用:CBK(カブキ)

ビッグシルエットのコートは、中身をスキニーパンツや細身デニムでタイトにまとめておくと失敗しません。シックな茶色いコートに無造作に包まれた感じがGOOD。

ベレー帽やコルセットブラウス、チョーカーでおしゃれにこだわりつつ、力の抜けたコーデは上級者クラス。

おすすめのトレンチスカートコーデ


引用:CBK(カブキ)

ハードな生地のトレンチスカートはボーイッシュになりがち。ゴージャスなフリルのブラウスは野暮ったくなりがち。二つをMIXすると、ちょうど良い甘さの今風コーデが出来あがりました!足元はスニーカーでカジュアルに、ヘアはアップしてフェミニンに。最強の甘辛MIXを楽しんで!


引用:CBK(カブキ)

トレンチ風のビスチェワンピースなら、パンツスタイルよりも断然女っぽく、ドレッシーなワンピースよりずっと気楽に着こなせます。ブラックボーダー柄とスニーカー、キャップで元気印を投入。ナチュラルでさわやかなコーデに仕上がります!

引用:CBK(カブキ)

サイドにタックが入ったスカートとホワイトレースのノースリーブで大人ガーリーに。足元には黒靴下とローファー、バッグや時計もどことなくクラシック。正統派お嬢様風コーデは華奢見え効果も大きくて、男性の目をくぎ付けにすること間違いなし♡


引用:CBK(カブキ)

白いピチTにジーンズ感覚で合わせるだけで、エレガントにも華やかにもなるトレンチスカート。簡単だけど、とってもおしゃれ。カラーはグリーンやブルーを選んでキレイ度をUP。

かごバッグとスニーカーで軽やかさをプラス。

引用:CBK(カブキ)

黒との対比でくっきりと映えるイエーロー。存在感のあるトレンチスカートも、他のアイテムの色数やデザインを抑えて、シンプルに着こなせば意外と難しくない。

ハイウエストのスカートにはトップスを小さめにすることが鉄則です。スッキリと大人っぽく、あか抜けたイメージに。


引用:CBK(カブキ)

堅め素材のトレンチワンピ。インナーをいろいろ変えれば、カジュアルにもフォーマルにも着こなせそう♡首元を覆うプルオーバーでドレスアップ。白×ネイビーの清楚さにパンプスの赤で華やかさを添えて。ちょっとしたお呼ばれにもぴったりのきれいめコーデ。

引用:CBK(カブキ)

膝下丈のベルト付きトレンチスカートは、やはり知的な印象。オフィスコーデの中に1枚は取り入れたいアイテムです。ウエストをきっちりと引き締めて、ボートネックのニットとシルバーバレーシューズでさりげない女らしさを。これはお手本にしたい!

引用:CBK(カブキ)

サーモンピンクのミニスカートは、ひざ上丈がとってもキュート。レトロなマルチボーダーのニットと合わせて70年代風に。ダブルボタンと幅広ベルトで重心を上にもってくることで、美脚効果もバツグンです。足元のリボンとピンクバッグで、さらにキュートに♡