付き合う前の電話はなにを話したらいい?ベストな頻度と内容

付き合う前の電話!ふたりの親密度によるベストな頻度は?


本格的にお付き合いを始める前にどれくらいの頻度で電話をするものなのか、と気になる方もおられると思います。最近では電話ではなくLINEでしかやり取りしないという方もいますが、やはり文章よりも直接話して声を聞けたほうが嬉しいものではないでしょうか。ここでは、付き合う前の電話の頻度について見てみましょう。

知り合ったばかり:2~3週間に1回

知り合ったばかりだと、これくらいの頻度になることが多いのではないでしょうか。まだお互いのことをほとんど知らず、互いに探り合っている状態。もしかすると沈黙が流れて少し気まずくなってしまうかもしれませんし、それだとあまり楽しくはありませんよね。また、あまり親しくなっていない状態で頻繁に電話してしまうと迷惑になってしまう可能性もあります。

頻繁に連絡をする関係:1週間に1回

ある程度親しくなると、1週間に1回くらい電話をしてもよいかもしれません。お互いの出来事を話してみるのもいいですし、「週末よかったら遊ばない?」などとお誘いしてみるのもよいかもしれません。あまり時間が空きすぎると「あれ?興味ないのかな?」なんて思われちゃうこともあるかもしれませんので、ぜひ勇気を出して連絡をとってみてください!

何回かデートをする仲:3日に1回

何回かデートをするくらいの仲になれば、これくらいの頻度でも大丈夫かもしれません。何回か2人きりで遊ぶことができるということは、相手方も気になっているもしくは好意を持っている可能性が高いです。お互い意識しているはずですし、相手の声を聴きたいと考えることも多くなるでしょう。

告白寸前!:1日1回

告白をする寸前くらいだと1日1回くらい電話することも珍しくありません。告白しておらずとも、なんとなくお互いが惹かれあっているでしょう。告白するタイミングを見計らっている状態でもありますね。

付き合う前の電話はどんな会話をしたらいい?


付き合い始めてからだといくらでも話すことはあると思いますが、付き合う前の電話ではいったいどんな会話をすればいいのでしょうか。ほかの人はいったいどんな会話をしているのだろう、こんな会話でも大丈夫なのかな、と不安になっている方もいるかもしれません。二人が楽しく会話できるのなら特に内容などは深く考えなくていいと思いますが、ここではいくつか例をご紹介したいと思います。

仕事の悩み相談

仕事の悩みを相談するというのはよくあります。付き合う前だとそこまでプライベートをさらけ出すことはできないでしょうし、重い話や深すぎる話はしにくいと思います。仕事の相談ならしやすいでしょうし、会話もの弾みやすいネタの1つです。男性は女性の相談に乗るのも好きなものですし、仕事の相談などをされて嫌な気持ちにはならないと思います。

プライベートの悩み相談

プライベートな悩みを相談するという方もいます。友人などにはあまり話せないようなことを話す方も多いようですね。プライベートな悩みを相談することで自分のことをもっと知ってもらうことができるという効果も期待できます。

恋愛相談

恋愛相談をするという方もいますが、相手の方に好意がある場合だと何となくそれを匂わせるような形で相談すると良いでしょう。特に、相手の男性がアナタからの好意にあまり気づいていないような状態だとこの作戦は効果的かもしれません。恋愛相談にかこつけて、自分の好意を遠回しに伝えるというのは多くの方がよくやっている手法のようです。

食事に誘う

電話で食事に誘うということも珍しいことではありません。食事に誘うときにはいきなり本題から切り出すのではなく、まずはちょっと世間話などをしてからのほうが良いでしょう。

飲みに誘う

これも多いのではないでしょうか。飲みに誘うだけならLINEでも十分かもしれませんが、電話だと相手の反応を詳しく知ることができるので、何となく探りながら誘うということもできますし、相手の好みの食事やお酒なども知ることができちゃいます!

イイ女の電話テク


モテる女性、イイ女は男性を虜にするような電話テクも持っています。今よりもモテたい、好きな人をゲットしたいと考えているのならぜひここでご紹介するイイ女の電話テクをマスターしましょう。

夜22時~23時に電話する

夜22~23時くらいに電話をかけるというのはイイ女がよく使う電話テクニックの一つです。どうしてこの時間帯なのかということですが、これくらいの時間だと食事やお風呂なども終えていることが多いですし、そろそろベッドに入ろうかなとしている方も多いです。そのため、電話をかけてもあまり迷惑がられることがありません。ただ、生活リズムは人によってまちまちですから、事前にある程度確認しておいたほうがより安心です。

LINEのラリー中にかける

LINEでやり取りしている最中にかけるというテクニックもあります。最近ではメインのやり取りをLINEにしているという方が多いでしょうが、LINEで話が盛り上がっているときにその勢いで電話するという方法です。盛り上がっている内容の続きで会話できますからスムーズに電話できますし、これなら電話があまり得意じゃないという方も安心でしょう。LINEの最中に電話がかかってきたことで相手の男性も思わずドキッとしてしまいます。使えるテクニックですからぜひ覚えておいてほしいですね。

質問責めも電話ならOK

電話ならいろいろ質問責めしても大丈夫でしょう。もちろん限度はありますが、電話だと質問責めされてもそこまで嫌な気持ちにならないことが多いです。一方、LINEやメールで文字による質問責めはあまりよろしくありません。畳みこまれているような気になってしまいますし、目から入ってくる情報が多くなるためイラっとしてしまう方が多いです。電話だと相手の反応を確認しながら質問できますし、イイ女はこういうテクニックを駆使しています。

相手の自慢話を引き出す

男性は自慢話をしたいものです。特に女性に対しては何かしら自慢したいものですから、それを自然に引き出してあげるのも一つのテクニックです。自慢話、武勇伝などを誇らしげに話す男性は多いですし、話しているときは気持ちよくなっています。結果、この人と電話するのは楽しい、気持ちいいという感情を抱いてしまうのです。

リアクションは大きめに

リアクションが小さいよりは、多少大きめのほうが男性も嬉しくなります。あまり大きすぎるとうざったく思われてしまうかもしれませんから、多少大きめに程度でいいでしょう。イイ女は絶妙なリアクションをしています。ちょっと大げさに驚いたり喜んだりすると効果的ですね。男性からすると自分の話がウケている、ハマっていると勘違いしますし、それがアナタへの好意になる可能性も高いです。

電話をきったあとはLINEでフォロー

電話が終わったらそのまま、ではなくきちんとLINEでフォローしましょう。「さっきは電話でありがとう」「楽しかった、また明日ね」といった内容で問題ないと思います。こうすることで相手に配慮できますし、余韻に浸ることもできます。イイ女はよくやっているテクニックですよ。

まとめ

LINEのようなコミュニケーションツールが誕生したことで電話をする機会が少なくなったという方もおられるでしょうが、電話には電話のメリットもあります。好きな人の声を聴けるのはやはり嬉しいことです。二人の距離をより縮めることも可能ですから、電話によるコミュニケーションも一度見直してみましょう。ここではいくつかのテクニックもご紹介しましたから、そちらもぜひ試してくださいね。