付き合う前に電話をする際のコツとは?男心をくすぐる恋テクを公開!

付き合う前に、気になる彼と電話をしたいと思う女性は少なくありません。付き合う前の電話は、頻度や話題に注意することで、彼との距離感をグッと縮めることができます。ですが、ポイントを押さえておかないと敬遠されるおそれもあるので、注意しなければいけません。

そこで今回は、恋愛心理に詳しいyukinanaさんのお話をもとに、付き合う前に電話をする際の頻度や、上手い話題の選び方についてまとめました。また、電話をする際のコツについてもお伝えしているので、ぜひ参考になさってくださいね。

付き合う前の電話のベストな頻度とその理由


付き合う前に上手く電話でコミュニケーションがとれると、彼と親密になれる可能性が高まります。その反面、付き合う前に電話をしようと思っても、どれくらいの頻度でかけて良いものかと、悩んでしまう人も少なくありません。

そこで、付き合う前の電話のベストな頻度と、その理由についてまとめました。

そこまで親しくない場合

この場合、気軽に電話をしないように心がけましょう。そこまで親しくないのに頻繁に電話をすると、警戒心を持たれてしまう可能性があります。「この子と接すると圧迫感があるな」「空気が読めないのかな」などと思われてしまうおそれがあるので、注意が必要なのです。

そのため、そこまで親しくないときは、用事があるときだけ電話をするようにしましょう。彼との関係性をふまえて、適切なやりとりをすることがポイントです。

親密になってきた場合

彼と仲良くなってきたときには、少しずつ交際に向けて近づくチャンス。彼の雰囲気を見ながら、距離感を縮めていきましょう。目安としては、週に1回くらいのペースで電話をするのが良いですよ。

ただ、相手が迷惑に思っていないかどうかをしっかり確認するようにしてください。かといって、あまりにも遠慮して電話をしない状態が続くと、距離感が縮まりません。なので、2人の距離感をしっかりとつかみ、彼が違和感を覚えない頻度で電話をしましょう。

もう少しで付き合えそうな場合


お互いにいい感じだと思っているなら、電話をするのに都合のいい時間帯を教え合うと良いですよ。電話をしていい時間帯を知っていると、「今、彼に電話をしても大丈夫かな?」と悩むことが少なくなるからです。

もし、電話をしていい時間帯を知らなかったら、彼は脈ありなのにたまたまタイミングが悪く、電話で話せないことが続くかもしれません。そうなると、「もしかして、私に興味がないのかな」なんて感じてしまうかも……。そういった些細なことで恋のチャンスを逃さないよう、都合のいい時間帯を確認しておくことは重要です。

また、「8時頃に電話するね」などと伝えておくと、親密さが増すことも期待できます。あらかじめ電話をする時間帯を伝えておくことで、彼はあなたからの電話を意識するでしょう。

男性は、女性のことを考えるほど好意を抱きやすくなる傾向があります。「この女性と付き合ったら、もっと親密になって夜も会えるようになるかも……」などと想像することで、好意が募っていくのです。少しでもあなたのことを考える時間が増えるよう、電話をする約束をすることは効果的だと言えるでしょう。

付き合う前に電話で話す際の内容


気になる彼に電話をするときには、「話したいけど、どんな話をしていいかわからない」と感じる女性は少なくありません。彼と上手く話せると親密になりやすいので、おすすめの話題についてまとめました。

楽しい話

暗い話題や愚痴は彼に良い印象を与えず、聞いていてもいい気持ちにならないもの。電話で話していてもつまらないと感じられると、距離を置かれるおそれがあるので注意しなければいけません。

そのため、電話で話をするときは、できるだけ楽しい話題を中心にしましょう。共通の友達と遊びに行ったことや食べ物の話などは、盛り上がれることが多いのでおすすめですよ。

とくに食べ物の話は、男女共通で楽しめるうえに、「今度、美味しいって評判のお店に行こうよ」などと誘ってもらえる可能性が高まります。そのため、話題に出すと2人の関係がグッと縮まるかもしれません。

そんなときには、テレビなどで紹介されていたお店などを話題にして、「あのお店に行ってみたいんだけど、友達はあまり興味がないみたいで、一緒に行く人がいないの」などとアピールするのも良いでしょう。そうすることで、彼に誘ってもらいやすい雰囲気を作ることができます。

相談


男性は、女性から頼られると嬉しいと感じるもの。「この子を守ってあげたい」「力になりたい」と思って、協力してくれる男性は少なくありません。

なので、気になる彼には、相談に乗ってもらうことをおすすめします。協力してもらっているうちに、彼との関係性が深まることは少なくありません。また、「この子は、俺がいないと駄目だな」と感じる男性も多いので、うまく恋を進めたいときには、相談を持ちかけることが効果的なのです。

ですが、彼が言うことを否定したり、受け入れなかったりすると、不快感を与えてしまうので注意しましょう。せっかく相談に乗ってくれているのに、「でも……」「だって……」という返事ばかりしていては、相談の意味がありません。「あなたに話して良かった」ということを彼に伝えましょう。

彼の好きな話題

楽しい電話にするためには、彼が興味を持っていることを聞きだすことも効果的です。趣味の話などを取り上げて、上手く彼から話を引き出すことで、いろいろと教えてくれる男性は多いもの。

たとえば、「どんなことをしているときが、一番楽しいの?」などと質問することで、自分が面白いと思っていることを教えてくれるでしょう。そんな話をしているときに、さりげなく「私も今度、教えてほしいな」などと言うと、快くOKしてくれてデートにつながることも期待できます。聞き役に徹することで、より親密な関係になれるケースは珍しくないので、試してみてください。

yukinanaさんの実体験談

yukinanaさん
私は、相手の話を聞くことにしています。「こないだの話、どうなったの?」とか、「○○くんの好きな女優さん、映画に出るね!」など。そうすることで楽しく話してくれるし、電話を切ったあとに「楽しすぎて話しすぎた(笑)」と思ってもらえることが多いです。

付き合う前の電話でのNGな話題


付き合う前に電話をする場合、彼に嫌なイメージを与えないようにしなければいけません。せっかく電話ができるまでの仲になったのに、話題選びを間違えると逆効果になるので注意しましょう。

そこで、付き合う前の電話で、取り上げないほうが良い話題について紹介します。

人の悪口や噂話

人の悪口や噂話は絶対NGです。彼もどのように返したらいいかわからないですし、「性格が悪い人」と思われるおそれがあります。電話は相手の顔が見えないので、「すごく嫌な顔をしてるんだろうな……」なんて想像されているかもしれません。

「この子と話しても嫌な気分になるだけだから、電話は控えよう」と思われないためにも、悪口や噂話は避けましょう。

彼に関係のない話題


知らない友達の話やまったく関係のない仕事の話などをされても、彼は面白いと感じません。具体的な状況がイメージしづらいこともあり、変に気を遣わせて疲れさせてしまうおそれもあります。

彼に関係のない話でも面白く話せるならいいのですが、なかなかそうもいかないもの。「何を聞かされてるんだろう……」と思ってしまうので気をつけましょう。

踏み込んだ恋愛の話

結婚などの踏み込んだ話は、避けたほうが無難です。せっかくいい感じになっていても、「重いかも……」と思われると、距離を置かれる可能性があります。「この子と付き合うと、面倒なことになりそう」といった印象を抱かれて、警戒されないように注意しましょう。

付き合う前に電話をする際のコツ


付き合う前に電話をする際には、押さえておきたいコツがあります。ちょっとした心がけで彼の印象を良くすることができるので、恋のチャンスをモノにできる可能性が高まるでしょう。

そこで、付き合う前に電話をする際のコツをまとめました。

声のトーンに注意する

電話の声は、いつもとは違う感じに聞こえるもの。なので、普段よりも少しだけ高めのトーンで話すようにしましょう。低い声だと悪い印象を与えてしまうおそれがあるので、要注意。

ですが、眠たいときなどは、声のトーンを落とすのも良いですよ。色っぽく聞こえたり、心を許しているという印象を与えられるからです。これらをふまえて、状況に応じて上手く使いわけましょう。

長電話しないようにする


長電話をしてしまうと、次に電話をするときに身構えてしまう可能性があります。「今電話に出たら、やろうと思っていたことができないかも……」などと思われると敬遠されがち。

なので、少し話したら、盛り上がっていて楽しいときに切るくらいがおすすめです。「もう少し話したかったな……」と、物足りなくなるくらいで電話を切ることで、「また電話したいな」と思ってもらえるのです。

まとめ

付き合う前に電話をする際には、彼との距離感をしっかりとつかんで、適切な頻度で電話をすることが重要です。頻繁に電話をしすぎたり、あまりにも電話をしなかったりということになると、なかなか上手く恋を進めることができなくなるでしょう。

その反対に、上手く距離感をつかんで、彼が楽しめる話をすることで、上手く恋を手繰り寄せることもできます。男心を上手にくすぐって、彼と良い関係になってくださいね。