セックスは月何回?幸せなセックスのために今すぐできること

セックスは男女間の恋愛を高めるための最高の行為ですので、お互いの愛情を確かめる意味でも積極的にセックスをするようにしてみるといいでしょう。なかなかセックスに関して情報が開示されていませんのでどのくらいの回数のセックスをするのが理想的であるのかわかっていない部分もあります。このサイトではセックスに関する様々な情報を伝えていきたいと思っています。

セックスの平均回数

自分のセックスの回数は他の人に比べて多いのか少ないのかを悩んでしまう人がいるかと思います。果たして自分以外の人はどのくらいの回数のセックスをしているのでしょうか?

全国平均は2.1回

全国的なセックスの回数は週に2.1回となっています。意外と多くの人がセックスを楽しんでいることになります。セックスをあまりにも多くしてしまうといやらしいという気持ちになってしまうかもしれませんが、実際のところは1週間に2回はセックスをすることになりますし、これはすべての世代の平均ですので、若い方であれば毎日例えばセックスをしても特に問題になるということはありません。また、場合によっては1日に2-3回セックスをしてもいいのです。
セックスをすることによって男性も女性も大きな快感を得ることができるようになりますので、それは人生にとってプラスに働きます。健康増進にもつながっていきますし、若返りの効果も期待できるのです。また、下半身の老化も防ぐことができますのでお勧めです。頻繁にセックスをしていれば、EDにもなりにくくなりますのでおすすめです。

年齢が若いほどセックスの回数が多め


言うまでもありませんが、体力などの関係で若い人の方がセックスの回数が多くなっています。しかしながら、高齢者の方もセックスを楽しんでいるというデータがあります。若い方のように頻繁ではありませんが、密度の濃いセックスを楽しむようになっています。性欲は一生に渡って持続するものですので、高齢者だからと言ってセックスをしてはいけないということにはなりません。
また、高齢者はEDの問題が考えられますが、最近は薬を使うことによってEDの問題を解決することができるようになっていますのでセックスを一生に渡って楽しむことができるようになっています。また女性の方も閉経後であってもセックスを楽しんでOKです。妊娠に心配もありませんので、思う存分セックスを楽しむことも可能になってきます。

結婚相手より交際相手とのセックス回数が多め

結婚相手よりも交際相手とのセックスの回数が多いというデータがあります。交際中の方がセックスを多くしていることになるのですが、交際中はきちんとした避妊をしておかないと望まない妊娠の可能性がでてきますので、その点は注意が必要です。交際中で合ってももちろん避妊を正しくしていればいくらセックスをしてもOKです。
一方で結婚相手とのセックスが少ないというのは少子高齢化の時代に合ってはあまりいいものではありません。セックスレスになってしまうとそれが離婚の原因になってしまうこともかんがえられますので、その点は十分に注意しておくようにしなくてはなりません。子供が生まれるとますます楽しい時間を過ごすことができるようになりますのでセックスの回数は保っておくようにするといいでしょう。

セックスレスの原因


愛し合っているのにセックスをしないという夫婦がいます。いわゆるセックスレスの状態なのですが、どうしてセックスレスになってしまうのでしょうか?

仕事が忙しい


仕事が忙しいとセックスレスになってしまいます。仕事に体力を奪われてしまってセックスをするだけの体力が残らないことになってしまうからです。セックスレスの状態を長く続けてしまって更には仕事が忙しくなってしまうとお互いにすれ違いになってしまって、離婚の原因になってしまうので注意が必要です。
働き方改革なども言われるようになってきていますので、上手く空き時間を作って体力を温存してセックスを楽しむ余裕を持つようにした方が良いでしょう。

タイミングが合わないことが続いた


お互いに忙しい夫婦に良くみられる傾向なのですが、お互いのタイミングが合わなくてセックスをする回数が減ってしまうことが考えられます。セックスをするのが当たり前ですとセックスを普通にするのですが、それをしないことを続けているとお互いにセックスすることを忘れてしまいますのでセックスレスになってしまうのです。
偶には休暇を取ってお互いにセックスをするための旅行に出かけてみてもいいでしょう。気分転換をすれば自然にセックスしたくなるはずなのです。

子どもの世話で疲れ切っている


子供の世話は非常に忙しい物です。子供の世話に疲れてしまうとセックスレスになってしまうことが多い物です。子供に世話にあまりにも忙しい時には例えば親に助けを求めてもいいですし、あるいはベビーシッターなどを依頼してみてもいいでしょう。体力を温存してセックスを楽しむようにすることがお勧めです。

きっかけがない


セックスをするきっかけが無くてセックスレスになってしまうことが考えられます。しかしながら、きっかけさえ作ることができれば簡単にセックスレスの状態を解消することができるようになりますので、例えば毎週土曜はセックスをするというようなことを決めてお互いの時間を調整するようにすると良いでしょう。女性の方も少しセクシーなスタイルで男性を挑発してみてもいいでしょう。セックスをしたいと思うようになれば自然にセックスをするようになるのです。

セックスの回数を増やす方法

セックスの回数を増やして行くにはどのようにするのがいいのでしょうか?

食事を一緒に食べる

カップル
お互いに一緒に食事をするようにするといいでしょう。食事をとることによってエネルギーを補給できればセックスをするためのパワーが蓄えられることになります。また、食事中に色々と楽しい話をすれば、ムードが盛り上がってきますのでセックスをしたくなってくるはずです。

相手に尽くす

相手に対してとにかく尽くすようにすると良いでしょう。尽くしてもらうのは誰だって嬉しい物です。そんなつくしてくれる人とのセックスはとても楽しい物ですので、セックスの回数は増えてくるはずです。セックスにおいても色々と前戯などで相手に尽くしてみてもいいでしょう。単調なセックスは飽きがきてしまいますが、いろいろなアレンジを常に加えて行くとセックスの楽しみが大きなものになってくるはずですのでとてもお勧めです。

コミュニケーションに努める

普段からコミュニケーションを積極的井に行って行くようにした方が良いでしょう。いろいろな会話の中でお互いの気持ちを十分に理解することができるようになりますので、相手への関心が高まりますのでセックスしたいと思うようになります。もちろんセックス中もお互いに色々と話し合ってみると良いでしょう。とても楽しいセックスライフを送ることが可能になるはずです。

セックスは回数以外に質も重要

セックスは回数ももちろん大事なのですが質も当然のことながら重要です。質の良いセックスを常にすることによってセックスの回数も増えてくることになります。またセックスをすることによっていろいろな効果を期待することができるようになります。

セックスが多いと浮気が少ない

セックスの質を高めることによって濃厚なセックスを常に何度も経験するようになると相手への気持ちがとても大きなものになりますし、更にはそれによって体力を使い切ってしまいますので、他の方に気が行くことが少なくなります。濃厚なセックスを常に行っていると浮気を防止することが可能になってくるのです。相手の浮気が心配であるというのであれば、出来るだけ中身の濃いセックスを常に心がけてみるようにすると良いでしょう。マンネリ化することなく色々な体位を楽しんでみることもお勧めです。

やりすぎは不満の表れのことも

相手があまりも多くのセックスをしたいと思うのは何らかの不満を感じている場合が考えられます。もちろんセックスの回数はそのままで構いませんので、相手の方と話す機会をもって相手の不満を聞いてあげるようにするのがお勧めです。優しい態度で相手の不満を受け止めてあげてそれを解消することができればお互いの信頼関係がますます大きなものになるはずです。セックスをするのがとても楽しい物にもなるはずですのでお勧めです。
相手が頻繁にセックスをすることを希望する場合にはそれを上手く察知してあげる優しさを発揮することができれば相手に多いに喜んでもらえることになるはずです。しかしながら、セックスがやり過ぎても特に問題になることはありませんのでその点については全く心配する必要はありません。要は相手の気持ちを察知してあげることがとても重要なことになってくるのです。

良いセックスは信頼関係をより一層強める

いい意味でのセックスをお互いにすることが必要です。いい意味でのセックスはマンネリ化したものではなくて濃厚なセックスであるといえます。濃厚なセックスをすることによってお互いの愛情を深め合うことができるようになりますし、セックスによってお互いに大きな快感を得ることができるようになりますので、結果として信頼関係を構築することが可能になってきます。
いわゆるセックスレスの状態になってしまうとお互いの気持ちを確かめるための機会を減らしてしまうことになりますので信頼関係を損なってしまって場合によっては破局となってしまうことにもなるのです。セックスは非常に重要な愛情表現ですしいやらしい物ではありませんので積極的に内容の濃いセックスをしていくようにするといいでしょう。

セックスの回数と満足度をあげる方法

セックスの回数とお互いの満足度を上げていくにはどのようにするのがいいのでしょうか?実はそんなに難しいことではありません。誰にでも実行可能な方法が多いのです。

どんな風にセックスしたいか話し合う

お互いにどのような感じでセックスをしたいか話し合ってみると良いでしょう。一方的に片方の思い描くセックスをしてしまうと相手の方は不満を覚えてしまうことになります。セックスの理想は人によってかなり異なっていますのでお互いに理想とするセックススタイルを話し合ってみると良いでしょう。一定のセックスのスタイルが確立すればお互いに大きな満足を得ることができるようになるはずです。
また、いつも同じセックスをするとお互いにだんだんと飽きてしまうこともありますので、新しい方法を常に取り入れてみてもいいでしょう。それをお互いに話し合って行くのは非常に面白い部分になりますので、楽しい時間を過ごせるようになります。セックスの方法についての研究をお互いにしていくことによってお互いの愛情を深めていくことが可能になるはずです。

言葉で愛情を伝える

セックスをする時にお互いの五感を刺激し合ってみるといいでしょう。例えば言葉で愛情を伝えてみるのがお勧めです。激しい興奮の中にいる時に好きだと相手に言われるのが普段よりも大きな感動を呼ぶものです。ですからセックス中の快感も増大してくることになるはずです。

お互いを褒めあう

普段はなかなか恥ずかしくてお互いに褒めあうことができないかもしれませんが、セックスは当然のことながら二人だけですることですので、お互いに思う存分褒めあうようにしてみてもいいでしょう。褒められることによって大きな快感になりますので、セックスの質がその分確実に大きなものになるはずです。どんなことでも構いませんので相手の良いところを思う存分褒めるようにすると良いでしょう。

清潔にしてから誘う


セックスをする際にはお互いに接近することになりますので、当然ですが体を清潔にしておくことが必要です。汗臭い状態では興ざめになってしまいますので必ず自分の体を清めてからセックスをするようにするといいでしょう。また、口臭などがあると相手が嫌な気分になってしまいますのでそれについてのケアも十分に行っておくことが必要です。できればシャワーを浴びて特に性器は清潔にしてからセックスに臨むようにすることがお勧めです。汚い性器を愛撫してもらうのはNGですので避けたほうがいいでしょう。

ソフトタッチで前戯に時間をかける

いきなり挿入するのはもちろんNGです。だんだんとムードを高めていくようにすることが必要です。ソフトな感じで前戯をスタートさせてゆっくりと時間をかけて挿入するようにするのがお勧めです。また、出来れば相手の快感を高めるために挿入後は体位を変えるようにすることも必要です。また妊娠を望まない場合にはきちんと避妊をすることがお勧めです。

まとめ


セックスはいやらしい物であるという感覚を持っているかもいるのですが、多くの人が楽しいセックスライフをおこなっています。セックスをすることによってお互いの愛情を大きなものにしてくことができるようになりますが、逆にセックスレスになってしまうと破局の原因になってしまうことも考えられます。セックスは回数よりも中身が重要です。質のあるセックスを常に行っていればそれによって人生を充実させることができるようになるはずです。
セックスライフを楽しむことを自分の人生の中に取り入れてみるといいでしょう。高齢者の方であってもセックスを楽しめる時代になっていますのでカップルでセックスの楽しみ方を研究してみてもいいでしょう。