歯石ができる原因はなに?歯石対策&予防でクリアな歯に

歯石が溜まってしまって悩んでいる人は意外と多いですよね。口臭の原因になりますし、見た目も不衛生な印象になってしまいます。

しかし、そもそも歯石とは何なのでしょうか?なぜ溜まってしまうのでしょうか?今回はそんな基本的な疑問点から実際の対策や予防策などを解説します。歯石で悩んでいる人はぜひ最後まで読んでくださいね。

歯石って一体どんなもの?

まずは歯石の正体についての解説です。歯石とは何者なのか、理解することが歯石の悩みを解決する第一歩となるでしょう。

歯垢がミネラル成分と石灰化したもの

歯石の正体は簡単に言うと「歯垢が石灰化したもの」です。歯垢にはミネラルが含まれています。そのミネラルが石灰化し固形物となったものが歯石なのです。つまり歯石とは、歯垢のなれの果てであると言えるでしょう。

白く硬くなっていて歯磨きでは落ちない

歯石は白く硬いものなので、そう簡単に除去することはできません。通常の歯磨きで落とすことは難しいでしょう。電動ハブラシを使用したとしても、簡単には除去できないのです。

誰にでも歯石が少なからずできている

そんな困った存在である歯石ですが、基本的に誰の口腔内にも存在しています。多い少ないの差はもちろんありますが、歯石を一切作らずに生活を送ることは不可能に近いことなのです。自分は歯石とは無縁であると思っている人も多いかもしれませんが、決して他人事ではないのです。

放っておくと虫歯や歯周病、口臭の元になる

歯石を放置しておくとじつにさまざまな口腔内トラブルの原因となっていしまいます。虫歯の原因にもなりますし、歯周病の引き金となることもあります。歯石は独特の臭いを放ちますので、口臭の元にもなるのです。

歯石ができる原因は何?

ではどうして歯石が溜まってしまうのでしょうか。なぜだれの口の中にも歯石が存在しているのでしょうか。以下、その原因についての解説です。

歯茎と歯茎の間がうまく磨けず歯垢が溜まっている

前途の通り、歯石と言うものは歯垢が石灰化したものです。歯垢とは食べかすや口腔内の常在菌、その代謝物によって形成されています。それが除去できていないと、歯石となってしまうのです。とくに歯と歯茎の間などは歯垢を完全に除去することが難しい部位です。歯の生え際に歯石がたまっているケースが多いのはこのためです。

奥歯や前歯の裏などがうまく磨けていない

歯磨きを鏡の前で行う人は多いですよね。その際に鏡で確認することができる部位に関しては、比較的歯石も溜まりにくくなります。ブラッシングを目視で確認できるからです。しかし、奥歯や前歯の裏側などは鏡に映すことが難しいですよね。そういった目視で確認できない部分もしっかりブラッシングすることが難しく、歯石も溜まりやすくなるのです。

歯間に汚れが溜まっている

歯間についても歯石が溜まりやすい部分であると言えるでしょう。歯並びにもよりますが、歯間はブラシが届きにくい部位ですよね。故に歯垢の除去も難しい人が多いのです。

歯石ができやすい3つの習慣

困りものの歯石が溜まりやすい人は、どんな人なのでしょうか?以下、歯石が溜まりやすい生活習慣を挙げていきます。歯石が溜まりやすくて悩んでいる人は以下のいずれかに該当している人である可能性が高いので、該当項目を見つけたら改善するようにしてください。

歯磨きを適当にしている

やはり歯磨きと言うものは口腔内ケアの基本にして最重要事項です。歯磨きを適当に行っていると、歯石も溜まりやすくなります。歯石で悩んでいるのであれば、まず最初に正しい歯磨き方法を理解し、それを実践するべきなのです。

毛先が開いた歯ブラシを使っている

歯ブラシは使用を重ねると徐々に毛先が開いてきてしまいますよね。しかし、毛先の開いた歯ブラシはしっかりと汚れや歯垢を除去することができません。購入時の状態がブラッシングに適した状態なのです。

もしも毛先が開いた歯ブラシを使っているのであれば、新しいものと交換しましょう。毛先の開いた歯ブラシではどんなに正しいブラッシングをしても十分な効果は得られません。

間食が多い

これは非常に重要なポイントです。間食というのは多くの口腔内トラブルの原因となりやすいものなのです。歯石が溜まりやすい人の中にも間食が多い人は多いでしょう。

食後に正しい歯磨きをすることが歯石予防において最重要なのですが、間食が多いとそのたびに時間をかけてブラッシングすることは難しくなってしまいますよね。故に間食が多い人に歯石が溜まりやすい人が多いのです。

歯石はどうやって取る?

実際に歯石が溜まってしまって悩んでいる場合、いくらブラッシングしても固着してしまった歯石を除去するのは困難です。どのように除去すれば良いのか、以下に主な手段をまとめます。

歯石をとるクリーニングを行う

やはり一番は歯医者さんに相談し、クリーニングをしてもらうことです。歯のことはやはり歯医者さんが一番熟知しています。歯石の除去も、適切な方法で的確に行ってくれます。

しかもクリーニングは基本的に保険適用です。ということはつまり、国が国民の健康維持に必要な施術であると認めていることになります。日本国の御墨付とも言える効果絶大な施術であり、しかも安く受けることができるのですから、歯石に悩んでいる人は迷わずクリーニングを行いましょう。

汚れがつきにくくするPMTCをする

PMTCとはクリーニングの発展形のようなものです。歯石だけでなく着色汚れなども落としてくれます。さらに新しい汚れが付くにくくするためもコーティングをしてくれるところもあるのです。高度先進医療のようなものなので基本的に保険は適用外になりますが、除去と同時に予防もできるので、おすすめです。

自分で歯石をとるのは歯茎を傷つけるので危険

自分で歯石を除去してしまう人もいますが、これはあまりおすすめできません。歯に関する正しい知識と経験がある人なら別ですが、自分で歯石を除去しようとすると歯茎や歯そのものを傷つけてしまうことが多いのです。

とくに歯のエナメル質は大きく破損してしまうと修復することができません。万が一力み過ぎてエナメル質を破損してしまえば、一生の怪我になります。

もしもどうしても自分で除去しようと言うのであれば、十分な注意を払い、少しずつ丁寧にゆっくりと除去するようにしましょう。もちろん、全て自己責任になりますのでそれも理解しておく必要があります。

歯石ができにくい習慣を身につけよう

歯石は溜まってしまうと厄介なので、溜まる前に予防することが最重要であると言えるでしょう。以下、具体的な予防策になります。

食後には必ず歯を磨く

食後の歯ブラシは言わずと知れた基本中の基本です。しかし、ただ食後に歯を磨けば良いのではありません。正しい歯磨き方法を実践しなければならないのです。

食後は口をゆすぎ大きな食べかすを除去しましょう。そして数十分経過してから本格的なハブラシをするのがおすすめです。脱灰と再石灰化の流れを上手く利用し、合理的で効果的な歯磨きが実現できます。

歯ブラシは定期的に交換する

歯ブラシは定期的に交換するようにしましょう。「ブラシが開いてきたかな」と感じるようになった時点で、既に歯ブラシとして十分な機能を発揮していませんので、そうなる前に交換しましょう。

コスパ最強のまとめ買い!福田ブラシ工業 20本入り歯ブラシ

【日本製】 20本入り(5色各4本) 歯科医院向歯ブラシ FP28-M(ふつう)

商品の特徴

歯科医向けに開発された、プロ仕様の歯ブラシです。じつは歯ブラシは高価なものを購入し長く使うよりも、安いものを短期で使い捨てる方が合理的なことが多いのです。この一切の無駄のないシンプルで安価な歯ブラシは、まさにそのために存在している歯ブラシであると言えるでしょう。

この商品の口コミまとめ

  • 一本当たり60円という安さだが、思った以上に耐久性があり、非常にオトクに感じる。
  • とにかく安いので、ためらいなく交換できる。
  • 最初はブラシが少し硬く感じたが、今ではこの硬さじゃないとしっかりブラッシングできている気がしない。

デンタルフロスでの歯間ケアを取り入れる

デンタルフロスを使ってない人は、まだ結構多いですよね。しかしデンタルフロスは歯石予防に非常に高い効果を発揮します。歯並びによっては必須レベルのケア用品になりますので、歯医者さんに相談し、使用を検討してみましょう。

ごっそり取れるロールタイプのデンタルフロスがおすすめ

GUM デンタルフロス (ワックス)

GUM(ガム)・デンタルフロス (ワックス) 40m

商品の特徴

ソフトで優しい触感が特徴のワックスタイプのデンタルフロスです。歯茎を傷つけにくいので、デンタルフロス初心者にもおすすめできる商品になります。もちろん歯垢や食べかすの除去もしっかり行えますので、玄人にもおすすめです。

この商品の口コミまとめ

  • ワックスタイプなので歯間に糸が入りやすく、重宝している。
  • 初めて使ったときは糸がほつれてしまうことが多かったが、慣れてくるとそれもなくなり、快適に使用している。
  • いろいろとデンタルフロスを試してみたが、これが一番無難に効果を感じられるので最近はこれしか使っていない。

定期的にクリーニングや検診を受けに行く

定期検診や定期的なクリーニングを受けに歯科医に通うことは、歯石予防だけでなく、虫歯予防や口臭予防など、さまざまな口腔内トラブルの予防策になります。定期的にプロに診てもらえるのですから、最高の予防策であると言えるでしょう。毎日の正しい歯磨きと定期的な歯医者さんへの通院を心がけていれば、たいていの口腔内トラブルは未然に防げるでしょう。

まとめ

歯石と言うものは、歯垢に含まれるミネラルが石灰化したものです。だれしもが多かれ少なかれ口の中に歯石を溜めています。それが肥大化してしまうと虫歯や口臭の原因となりますので、除去する必要があるのです。

除去するにはやはり歯医者さんに相談するのが一番ですが、それよりも重要であるといえるのが予防策です。毎日の正しい歯ブラシやデンタルフロスの使用、定期的な歯医者さんへの相談などで予防しましょう。