意外と出会いのチャンスが潜んでいる!夏フェスで恋を掴む行動7つ

夏は《野外イベント》がアツい!

他の季節に比べて、活動範囲も広がり活発的になる夏。

そんな季節に音楽好きには見逃せないのが《夏フェス》。

王道の夏フェスと言えば「FUJI ROCK FESTIVAL」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」などが挙げられますね。

毎年の夏の定番イベントとなっている女性も多いのではないでしょうか?

多くの人が集まる夏フェスは、意外と出会いのチャンスが潜んでいます。

同じ音楽好きが集まるからこそ、恋も始まりやすい!

夏フェスで恋を掴む行動をテーマにご紹介します。

 

同じアーティスト目的の人と《話をする》

夏フェスには、あなたと同じように音楽好きの人たちが集まっています。

同じアーティストのファンの人も多くいますね。

待ち時間やふとした時に、思い切って自分から話しかけてみるのもアリ。

好きなアーティストのグッズなどのアイテムを、身に着けていることが多いので目安にもなりますね。

好きなことなら普段はシャイでも、好きなことなら熱くなって積極的に話せちゃう女性も多い様子です。

話が盛り上がり意気投合するといった体験談も見かけますよ。

 

助けてもらった女性多し《恋の予感を感じさせるハプニング》

ライブ会場の雰囲気にもよりますが、会場の熱も高まり押しつぶされそうになることは良くある話。

特に小柄な女性は、押されてしまって転んでしまうことも…

男性に助けてもらったことがある経験があるというエピソードも多く見られます。

女性としても「きゅん」としてしまうシチュエーション。

「ありがとう」とお礼を言って、その場限りの出会いにしないことがポイント。

もし、何かトキメキを感じたなら次に繋げる行動にでましょう!

 

新しい友達づくりもいい《ひとりフェス》

初めての夏フェス参戦やひとりフェスを心細く思う人は多いことでしょう。

しかし、ひとりで居ると声をかけやすいというメリットがあります。

新しい友達づくりのきっかけも生まれやすいですね。

友達から恋へ発展する可能性も大いにあります。

夏フェス自体の参戦に悩んでいる人も、思い切って参加してみると思わぬ出会いや楽しい時間が過ごせるハズ!

 

お酒の力も借りてライブ中《一緒に盛り上がる》

熱気に包まれる会場だからこそできる行動。

演奏中に一緒に「ハイタッチ」やお酒を手にしているなら「乾杯」したり、夏福家素には普段にはない、コミュニケーション要素が多くあります。

お酒の飲み過ぎには注意ですが、程よく飲んでお酒の力も借りながらノリノリで過ごしてみるるのも、ひとつの手です。

大人だからこそできる夏フェスの楽しみ方!

 

助け合い精神大切《荷物を見てもらう》

夏フェスの最中は席を空ける場面も、もちろん出てきますね。

そういった時は、近くに居る人やグループに見張り番をしてもらうのが一般的。

お願いしたり、お願いされたり助け合いの精神が、話すきっかけや仲良くなる機会を作ります。

そこから話が広がり盛り上がる可能性も大!

 

待ち時間や並んでいる時に《話を交わす》

物販販売や屋台など、夏フェスでは待ち時間が多くあります。

ただただ待っていると時間も長く感じますが、人と話をしているとあっという間。

思い切って前後に居る人と雑談をしてみるのもいいですね。

ちょっとしたスキマ時間も楽しく過ごす、そこから恋が芽生える可能性も。

 

分からないことがあったら《人に尋ねてみる》

「この場所はどこだろう」「うまくテントが立てられない」「一緒来た人とはぐれてしまった」などなど、色々な困りごとや分からないことが発生します。

自分で解決するのもいいですが、あえて周りに助けを求めると、協力的になって助けてくれる優しい人たちがたくさんいます。

男性に「テントを立てるのを手伝ってもらった」「突然の雨の時に助けてもらった」などのエピソードが!

逆にあなたが困った人を見つけたら、助けてあげるのもアリ。

 

恋の予感しか感じない《夏フェス》

普段とは違った非日常的な空間である夏フェス。

その場の雰囲気は活気と盛り上がりに満ちています。

共通する「好き」を持っている人たちは、普段よりも仲良くなれるきっかけも多く話も盛り上がりやすいですね。

どんなハプニングが起こるのか分からないのが《夏フェス》。

多くの恋の出会いや発展に繋がる要素が詰まっています。

「恋を探しに行くぞ」と思い過ぎずに、夏フェスを思いっきり楽しむことが多くの人との出会いを引き寄せるポイントではないかと思います。

今年も夏フェスで、一生に残る夏の思い出を作りませんか?