足の脂肪を落とすためのコツ

足の脂肪は一度ついてしまうとなかなか離れてくれないので、長い付き合いになってしまっている方も多いでしょう。もちろん、心の中ではさっさと消滅して欲しいと思っているのですが、現実は無情でいつまでたってもつきまとってきます。そこで、今回はいつまでたってもつきまとってくる足の脂肪とバイバイするために、有効な方法やどうしてそうなっているのかについても触れていきます。

足が太くなる理由は?

まず、なぜ足だけがピンポイントで太くなってしまうのかを考えましょう。体重などを量ってみても標準体重であるのに、なぜか足だけが太くなっていて気になって仕方が無いという方はそれなりの原因や理由が存在しているのです。まずは、その原因や理由を理解するところからスタートしましょう。

脂肪がたまっていっている


足が太くなる理由としても多いのが脂肪が大量についてしまっているというパターンです。カロリー消費が非常に少ない現代人はたとえ食事の量を減らしたところで、焼け石に水にしかならないことが多く、消費しきれなかったカロリーや糖質が脂肪となって下半身に集中してしまうことがあります。特に、女性は洋ナシ型の肥満が非常に多く、腹回りよりもお尻や太ももやふくらはぎといった部位が極端に太る傾向にありますので、脂肪が蓄積されると見た目のバランスも一気に崩れるのです。まずは肥満度をチェックして痩せる努力をしましょう。

むくみも足が太くなる原因


女性の場合に圧倒的に多いのが洋ナシ型の肥満以外だとやはりむくみでしょう。むくみはたとえ体重的な意味では肥満体型ではないという人でも、肥満体型に見えてしまうやっかいな要因の一つで、今すぐにでもどうにかしたいと考えている人も多い症状の一つです。このむくみさえ解消されれば足やせに成功するという人もいるでしょう。このむくみは、1日中同じ姿勢で居続けることで発生することが多く、1日中立ち仕事、1日中事務所仕事という人は気をつけてください。同じ行動をし続けると老廃物が溜まって排出されにくくなるのです。

足を細くするためのポイント

それでは具体的に足を細くするにはどうしたらいいのかを考えて行きましょう。原因や理由がわかれば、それの対策を講じることで事態が好転するのです。しっかりと関連づけて考えていけば、自然と見えてきます。

脂肪を落とすことが大切


足が太くなってしまう理由は、筋肉がつきすぎているか、むくみが発生しているか、脂肪が多すぎるかの3つが主要因です。現代人は筋肉太りが少ないので必然的にむくみか脂肪が原因となります。そして、脂肪が原因だという人は脂肪を落とすための行動が何よりも大切になります。この脂肪が蓄積されすぎてセルライトにまで発展してしまうと、なかなか除去できないレベルになってしまいますので、その前に減らしてしまいましょう。

マッサージでは一時的にしか痩せない


マッサージで減らすという方法もありますが、マッサージによる効果はむくみ解消によるところが大きく、脂肪が大量についているという方には効果が薄いです。しかも、継続的に発揮してくれるものではないので、一時的にしか効果は無いでしょう。毎日お風呂で実行しているという方は効果が出るでしょうが、それでも脂肪がたっぷりという方はまずはそちらからなんとかしないといけません。むくみ対策も重要ですが、むくみのみではない原因があるのならばそちらもどうにかするという考えを持ちましょう。

効率よく脂肪を落とすための方法

それでは、具体的に脂肪を落とすための方法を考えて行きましょう。もはや当たり前になっている言葉が列挙されるでしょうが、これが基本にして王道なので目を背けずにしっかりと確認していってください。

有酸素運動


最も基本的な脂肪を減らす行動がこの有酸素運動です。基本的に摂取カロリーが消費カロリーよりも下回ることで脂肪が燃焼されて痩せていくというシステムが体にはできあがっていますので、消費カロリーを増やすことが必然となります。現代人は運動不足から運動による消費カロリーがとっても少ないので、どうしても脂肪が蓄積されるようになるのです。仕事がパソコンと向き合って行うものという人は1日12時間以上パソコンとのにらめっこになってしまうことも多く、消費カロリーは増えません。

そんな人たちこそジョギング・ランニング・サイクリング・水泳といった有酸素運動を実行するようにしましょう。元々運動が嫌いでこれらの運動を絶対にしたくないという方や、家からそもそも出たくないという方は、ルームランナーや踏み台昇降運動やステッパーといった器具を使って家の中でも有酸素運動を実行してください。今では、これらの器具は大手通販サイトで簡単に購入できますので、家から出たくないという方はこれらを活用することを強くおすすめします。

筋トレ


ある程度の筋肉がないと下半身のバランスは悪くなります。実際に筋肉不足の方は歩くのも億劫になりがちなので、最低限の筋肉は必須です。また、筋肉がないと老廃物を送り返すポンプ機能も衰えるので、むくみ発生確率も上がります。そして、筋肉があればそれだけ基礎代謝も向上しやすくなりますので、痩せられる確率も上がるでしょう。

有酸素運動は実はメインエネルギーがグリコーゲンから脂肪に切り替わらないと脂肪燃焼効果が発揮されないという情報があります。このタイミングが最低20分と言われているので、20分以内の有酸素運動は意味がほとんど無いとすら言われているのです。この状況を改善させる方法が、脂肪燃焼効果を発揮してくれる成長ホルモンに頼るというものです。

成長ホルモンがしっかりと出ていて体脂肪を分解しやすい状態にしてから、有酸素運動を実行すると一気に効率が上がります。この成長ホルモンが大量に出る方法の一つが筋トレとなります。ある程度ダイエットに詳しい方ならば、このテクニックを知っている人は多いので、全身運動となるようなスクワットといった筋トレを一通りこなした後に、ジョギングといった有酸素運動をこなして脂肪を効率よく燃やすという方法を実行しています。

食事制限


基本的にカロリーと脂質や糖質の摂取量を減らせばダイエットには成功します。脂肪が大量についてしまっているという方は、ある程度の食事制限は必須となるのです。ただし、食事制限のみで痩せようとしても、筋肉はつきませんし栄養不足になる可能性も大きいので、食事制限のみに頼るのは辞めましょう。

これらをバランスよく行うことが大切


これらの3つをうまく取り入れながら痩せることが、脂肪を減らすための有効な方法となるのです。いくら消費カロリーを増やすために有酸素運動を増やしても、それ以上に食事をしていては意味が無いですし、筋トレばかりをしていても、消費カロリーが急激に増えることはないので効果が薄いでしょう。食事制限のみに頼ると確実に不健康になるので、ダイエット以前の問題となります。要するに、3つのバランスが大切なのです。

足の脂肪を落とすためのポイント

それでは具体的に、足の脂肪を減らすためのポイントをいくつか紹介いたします。なかなか痩せないという方にこそ、しっかりと確認のほどよろしくお願いします。

効果が出始めるまで1か月ほどは毎日必ず続ける


足やせの効果は一気に出る物ではありません。筋トレを実行しつつ有酸素運動を実行し、ある程度の食事制限をすることで、少しずつ効果が出るものなのです。1週間や2週間程度では大きく変わらないと考えてください。もちろん、変わる人もいますが、それはむくみがとれているだけというパターンが多いので、脂肪除去が目的の人は最低でも1か月は続けるようにしましょう。

骨盤の歪も治していく


また、歩き方が歪んでいるために筋肉の付き方が歪んでいるという方もいます。特にふくらはぎや太ももの外側や前側のみが発達しているという方は要注意です。そんな人たちは歩き方を矯正するために、骨盤の歪を矯正することも大切でしょう。この歪は丸めたタオルなどを使った骨盤体操などを駆使して優先的に治すことをおすすめします。

なかなか効果が出ないときにはサプリを飲んでみる


なかなか効果が出ないという方はサプリメントに頼るといいでしょう。もちろん、サプリメントに頼りっきりはNGですが、筋肉をつけるためにHMB入りのサプリメントを活用するとか、酵素サプリを使って食事制限のサポートを行うといった活用法はありますので、それらの力も頼ってみてください。

湯船に浸かってしっかりと体を温める


体を温めるという行為は、それだけでも基礎代謝を向上させてくれるので強くおすすめします。それだけでもダイエット効果がありますが、足やせを狙っているという方はここでマッサージをしてもいいでしょう。毎日継続的に続けられれば、むくみの解消にもなりますので見た目もスッキリしやすくなります。

まとめ

筋トレはダイエットには不要という意見が昔からありますが、今では見直されるようになっていて筋トレもダイエットに使えるという意見が多数あります。特に、現代人の足のような脂肪が大量について筋肉が不足している状況だからこそ、有酸素運動とセットにしてうまく活用するべきです。しっかりと脂肪を減らして理想の足を手に入れましょう。