太ももが痩せない人必見!太い理由と対策

足やせを実現したいという方々の大きな壁となっている部位が、太ももです。太ももはかなりの筋肉量がある部位なのですが、脂肪がついてしまうとなかなか頑固なお肉となってしまって離れてくれません。そこで、今回は太ももが痩せない原因についても解説し、太ももダイエットに繋がる行動をわかりやすく紹介いたします。当たり前と思われるようなことから、関係がなさそうと思ってしまうような事柄まであるので、しっかりとご確認ください。

太ももが痩せない原因は?

太ももが痩せない原因はいくつかありますので、代表的なものを紹介いたします。これを見ると納得してしまうものですが、納得して諦めてしまってはそこでストップしてしまうので、納得した上で解決する方法にまで結びつけましょう。

脂肪がつきやすい


これは女性の人体のお話になるのですが、女性は子供を守るために子宮を中心とした下半身に脂肪がつくようになっております。これはもはや人間の女性がそのような仕組みになっているため、覆すことが出来ません。いわゆる、洋ナシ型と言われる体型に女性がなりやすいのはこの仕組みによるものです。逆に、男性は内臓脂肪が圧倒的につきやすいという特徴がありますので、リンゴ型の肥満体型になりやすくなっております。女性は下半身が太りやすいため、太ももも脂肪がつく確率が高いと考えましょう。

セルライトができやすい

太ももがどうしても痩せない理由としても大きいのが、脂肪がつきやすいくせにセルライトも出来やすいという負の条件が整ってしまっているからです。セルライトというのはお腹や太ももの裏に出来やすいボコボコの脂肪のことで、運動不足や食生活の乱れによって発生しやすくなります。いわゆる、脂肪型セルライトと呼ばれるものですが、脂肪が蓄積することで血液の流れやリンパの流れが滞ってしまい、老廃物や脂肪細胞が蓄積してしまうことで発生するのです。これ以外にもむくみ型や筋肉質型、線維化型があります。

このセルライトは皮下脂肪が大量発生することで発生確率が上がるのですが、皮下脂肪そのものがなかなか落とせないという特徴がありますので、皮下脂肪の集合体となっている太ももに発生したセルライトはかなり頑固な脂肪となります。単純に脂肪燃焼効率が悪いので、他の部位は痩せたけど太ももだけは変化がなかったという状態になりやすいのです。

ダイエットがしにくい場所

このように脂肪がつきやすいくせにセルライトにもなりやすいので、ダイエット効果そのものが出にくくなります。皮下脂肪は内臓脂肪と比べると脂肪燃焼効率が悪いので、部分痩せもしにくくなってしまいます。脂肪燃焼による効果は確かにありますが、それは部分的に行われるのではなく全身から満遍なく代謝されるので、元々太っていない上半身がますます細くなって太ももはそのままという状態になってしまうことすらあるのです。

特に、バストは心臓の近くにあって血行不良にもなりにくく老廃物も蓄積されないため、脂肪燃焼効果も出やすいです。つまり、ダイエットをした結果下半身は変わらないけどバストだけ減ってしまったというパターンもよくあることといえるでしょう。ネットでの書き込みなどで、ダイエットをするとバストが小さくなるというものが多いのは、これが理由です。

太ももダイエットのためにできること

このように頑固な太ももをダイエットさせるためにも有効な方法を次々と紹介いたします。すべてを実行するのは難しいという方でも、一つ一つ丁寧にこなしていけばいつか必ず成果は出ます。

むくみ解消

太ももを5秒程度強く推すと跡がしばらく残ってしまうという人は、むくみが発生している可能性が高いです。そのような人はむくみを解消するだけでかなり大きな変化があります。このむくみを解消させたいという方は、まず塩分の摂取量やアルコールの摂取量を減らすことからスタートしましょう。塩分摂取量が多いと、それだけで余分な水分が蓄積されるようになりますので、むくみが多発します。

対抗策として有効なのがカリウムを摂取することなのですが、それだけでは解決できない可能性がありますので、リンパマッサージをして老廃物や余分な水分が除去しやすい環境を整えるといいでしょう。リンパマッサージは体が温まっているタイミングが一番いいので、入浴後など身体があたたまっている時に継続的に行うようにしてください。こちらは効果が出やすいので、モチベーションの維持もしやすいです。

有酸素運動


とにかく脂肪がついているという方は地道な努力が不可欠です。脂肪を燃焼させるためには糖質を使い切って脂肪からエネルギーが使われる状況を整える必要がありますので、ある程度継続的に有酸素運動を続ける必要があります。なかなか効果が出ないという方は、筋トレを行った後に有酸素運動を行えば、脂肪燃焼効率が上昇しますのでおすすめです。

セルライト除去のマッサージ


セルライトがとにかく邪魔という方は、マッサージをして除去しやすい環境を整えるしかないです。ただし、セルライトはかなりやっかいで簡単には落ちませんので、推奨されているマッサージを根気よく毎日続けるしかないでしょう。すぐに効果は出ませんのでこちらは諦めずに続けるしかありません。セルライトローラーのような商品を使うのも有効です。

筋肉太りを解消する

元々運動をしていたという人は筋肉が大量についている可能性があるので、凝り固まってしまった筋肉を柔らかくほぐすことが有効です。特に、学生までは運動を継続的に行っていたという方に有効でしょう。簡易的なストレッチとして紹介されているものでは、片足を正座の状態にしてもう片方の足を伸ばして座り、そのまま上半身を後ろに倒して姿勢をキープするというものです。可能であれば背中を床につける必要がありますが、痛みがあるのならば無理をする必要はありません。筋トレは逆効果なので注意しましょう。

骨盤矯正

姿勢が悪いことで変な筋肉の付き方をしているという人や血の巡りやリンパの流れが悪くなっているという方もいます。そんな人たちにとにかく有効なのが、骨盤矯正ストレッチでしょう。これはやり方を色々と紹介されていますが、簡単なものが多いのでどれか一つでもいいので取り入れてください。やり方はいくつかありますが、その中でも簡単なものを一つ紹介いたします。

仰向けに寝て、足を肩幅程度に広げ、片足の膝を立てるように意識しながら足の裏が外側を向くようにくの字に曲げるというものです。ここで膝が床につくように倒す必要があるのですが、骨盤が歪んでいる人は膝がなかなかつきませんし、痛みで背中が浮いてしまうケースもあります。最初のうちはなかなかうまくいきませんが、無理をしないことが重要です。

足のゆがみを直す

いわゆる、O脚やX脚と呼ばれる歩き方になっている方々です。この歩き方になっている人は、変な筋肉の付き方になってしまいますので、バランスが非常に悪くなります。特にO脚の人は太ももの前側と外側がとにかく強調されるようになるので、そこまで太くない人でも太ってみられてしまうでしょう。見分け方はシンプルで、くるぶしと親指の付け根をつけた状態でまっすぐ立ったときに、太ももの内側と膝とふくらはぎとくるぶしがくっついているかどうかで判断しましょう。そこでくっつく部分が不足している人はO脚の可能性があります。

そんな人たちは背筋を伸ばして真っ直ぐ立って、つま先から着地してかかとをつけることを意識しつつ大股で後ろ向きに歩くことで解消されます。X脚の方は床に座った状態であぐらをかくような姿勢になって、足の裏をくっつけましょう。その状態で上体を前に倒して30秒ほどキープしてみてください。これが簡易的なストレッチによる解消法です。

太もも痩せのために日頃から気を付けておくこと

太ももは簡単には痩せられない部位なので、日頃からある程度意識して行動する必要があります。些細なことではありますが、実行するだけで綺麗な足を手に入れられると考えれば、価値は高いと言えるでしょう。

冷やさない


冷えは血行不良の原因となり、代謝機能も落としてしまいますので、冷えている状況が続けば続くほど痩せにくい体になってしまいます。シンプルなことではありますが、体を冷やさないように意識し続けることが近道となるでしょう。

血行不良


いわゆる血行不良も基礎代謝を下げる原因となりますし、冷え性を招く原因となりますので、太ももが太りやすい状態を作る要因となってしまいます。血行不良対策や冷え性対策というのはセットになっている部分が多いので、ある程度意識して実行してください。体を温めて、マッサージをして血液をさらさらにする食べ物を摂取しましょう。

代謝の低下


代謝効率の低下は体を冷やすことで発生してしまいますし、筋肉量の現象でも発生してしまいます。つまり、体を温めることを意識して、運動をこなして筋肉量をアップさせればそれだけ基礎代謝は上がるということです。現代人は体を動かさないで、お風呂にもちゃんと入らないという方が多く、筋肉量も低下しがちなのでこれら3つはすべてうまくいっていない方が多いです。太ももをどうにかしたいという方は改めて意識してください。

まとめ

現代日本という環境は基本的に太りやすい状態にあります。つまり、ある程度対策をするか意識して行動をしないと太ってしまう確率は圧倒的に高いのです。特に、太りやすい部位である太ももはこの悪影響を高確率でうけてしまうので、無意識で行動し続けるとあっという間にセルライトだらけになってしまいます。そうならないように、体を温めて血行不良が発生しにくい状態をキープし、筋トレをして基礎代謝をあげましょう。