即効効果あるお尻痩せ!すぐに取り入れてお尻を痩せよう

ダイエットやトレーニングを頑張ってもなかなかお肉が落ちないのがヒップ。もしかして痩せにくい体質なのかな?と思うとちょっぴり憂鬱な気分になってしまいますよね。実はヒップが痩せにくい原因は、普段の生活習慣にあるのです。原因を理解して正しくトレーニングとケアをすれば驚くほど効果が出るものです。キュッと引き締まったお尻を手に入れましょう。

お尻が痩せない原因

下半身は構造上、脂肪を溜め込みやすい性質を持っているので上半身よりも痩せにくいと言われています。その為体重が減ったとしても下半身は相変わらず太い…なんてことも。ただでさえ痩せにくい下半身ですが何気ない普段の生活習慣がもっと痩せにくい体質を作っている可能性があります。普段の生活を振り返って原因をチェックしてみましょう。

骨盤のゆがみ


骨盤は身体の要とも言われる大切なパーツです。骨盤が歪んでいると身体に様々な不調を引き起こします。もちろんお尻にも大きく影響します。骨盤が歪むことにより血流が滞り、老廃物が溜まりやすくなってしまいます。その結果お尻が大きくなってしまうのです。また、骨盤が傾くことにより内臓が下がってしまい、ぽっこりお腹の原因にも。骨盤が歪んでバランスが崩れてしまうと左右の筋肉の付き方も変わってしまいヒップの形が崩れてしまいます。

普段片側重心になってしまっていたり、足を組んで座っていたり、高いヒールを履いたりと日常生活の中に骨盤が歪む原因はたくさん潜んでいるので注意が必要です。心当たりがあれば改善していきましょう。

むくみ


お尻は他のパーツよりも大きく動かすことが少ないので老廃物が溜まりやすく、むくみやすいパーツでもあります。お尻の脂肪を燃焼しようと思っていてダイエットしても、実はむくみが原因で痩せなかった!なんてこともあります。

むくみの原因も様々ですが、前述した骨盤の歪みもその一つです。また、お尻が冷えてしまうと血流の循環が悪化し老廃物が溜まりやすくなります。デスクワークなどで長時間座っていることが多い方はお尻がむくみやすいので要注意です。

セルライト

お肉をつまんでみてでこぼこが出てきませんか?でこぼこが見えるならそれはもしかしたらセルライトかもしれません。脂肪に老廃物や水分が溜まってしまっている状態です。お尻は一番老廃物が溜まりやすく、セルライトができやすいと言われています。

セルライトの主な原因は、運動不足や冷えによる血行不良、睡眠不足や偏った食生活などがあります。マッサージや運動をして老廃物を流してあげる必要があります。

即効でお尻痩せができる方法

なかなか手強いお尻のお肉ですが、原因を理解して対処すれば効果的に痩せることができます。ヒップアップに欠かせない大臀筋、中臀筋のトレーニング方法と、血流を改善し骨盤の位置を矯正する方法をご紹介します。

スクワット


スクワットはお尻を覆っている大臀筋という筋肉を鍛えることができ、ヒップアップに効果的です。大臀筋が鍛えられるとキュッと引き締まった美尻を作ることができます。また、スクワットは腰回りの血流を改善するのに適したトレーニングです。下半身の血流を改善し老廃物を流しやすい状態にしてくれます。スクワットをする際は膝や腰を痛めない様に背中をまっすぐ立てて、膝をつま先より前に出ないようにして正しいフォームで行いましょう。

ヒップリフト


ヒップリフトとは仰向けの体勢からお尻を持ち上げる運動です。膝を立てて仰向けになり、ゆっくりと肩と膝が一直線になるようにお尻を持ち上げます。その後ゆっくりと元の姿勢に戻していきます。これを繰り返すだけです。ヒップリフトでは主に大臀筋や中臀筋を鍛えることができます。中臀筋を鍛えることでお尻が下がるのを防いでくれます。

シングルレッグフロントレイズ

シングルレッグフロントレイズはヒップリフトを応用したトレーニングです。ヒップリフトと同様に膝を立てて仰向けの体勢からスタートします。片足を上げてまっすぐ伸ばした状態からゆっくりとお尻を持ち上げます。肩と足先が一直線になったら元の姿勢にゆっくりと戻していきます。足で床をしっかり押すのがポイントです。ギュッとお尻が引き締まるのが実感できます。

お尻歩き

お尻歩きとはその名の通り、お尻で歩くだけのトレーニングです。床にバスタオルやヨガマットを敷いて足をまっすぐ伸ばして座ります。腰を動かしながら、前進と後退を繰り返します。このとき背筋を伸ばし、足はぴったりと閉じて、爪先は天井を向く様に座りましょう。足を伸ばした状態が難しければ膝を軽く曲げても構いません。慣れてきたら両足を浮かせて行うとより鍛えられるのでおすすめです。

お尻歩きは「骨盤歩き」とも呼ばれ、傾いた骨盤を正しい位置に整えることができます。また、インナーマッスルも鍛えられるので、ウエストも引き締められお尻以外にも嬉しい効果が期待できそうです。腰回りの筋肉も鍛えられるので腰痛になりにくい体づくりができます。

リンパマッサージ

セルライトの原因である老廃物を流していくマッサージです。姿勢良く立った状態で片足をまっすぐ後ろに引きます。脚を伸ばしてかかとが床から離れないくらいまで引いてください。手のひらで脚の付け根から腰まで寄せるようにさすります。腰の真ん中にあるリンパ節に集めた老廃物を流します。流し終えたらリンパ節の周り握りこぶしでぐりぐりとマッサージして完了です。老廃物を流してしつこいセルライトが解消しやすくなります。体が温まっているお風呂上がりに行うのが効果的です。

日常生活にすぐ取り入れられるポイント

紹介したトレーニングに加え日常生活でもヒップアップを意識してみましょう。ちょっとした距離なら歩いて移動したり、電車ではできるだけお尻に力をいれて立ってみたり意識的にお尻の筋肉を使いましょう。特に階段の上り下りは大きくお尻を動かせる為効果的です。普段からお尻を動かして筋力アップ、血流をよくしましょう。

姿勢を正しくする

正しい姿勢で立つのって意外と筋力が必要なのです。猫背だと当然身体のラインが美しくないですよね。特にヒップは筋力が衰えると形が崩れやすく垂れてしまいがちです。姿勢を良くしようとすると変に力が入ってしまうので、高い位置に身体の重心があるイメージで歩いてみましょう。自然と背筋が伸びるはずです。猫背になっていると正しい姿勢が分からなくなっている可能性もあるので鏡を見て自分の立ち姿を確認してみましょう。

筋肉を使うようにする


もともとお尻は普段大きく動かすことが少ないので意識的に動かす様に心がけましょう。1日十数分でも先ほど紹介したトレーニングをやってみるなど毎日少しずつお尻を動かすことが大切です。また、気分転換にウォーキングしてみたり、元気な時は階段を使ってみたり日常的に運動を取り入れられるといいですね。

サポートグッズを使う

骨盤の歪みとお尻の大きさは深い関わりがあることを紹介させて頂きました。最近は骨盤の位置を矯正できるサポーターも多くあるので、試してみてはいかがでしょうか。これらのグッズは毎日続けて使用することがポイントです。サポーターが骨盤を正しい位置に戻してくれるので体が正しい姿勢を覚えやすくなります。また、デスクワークの時間が長い方には骨盤矯正できるクッションがおすすめです。あくまでこれらのグッズは骨盤をサポートするものなので、活用しつつも普段から姿勢に注意して癖を少しずつ直していきましょう。癖を直して正しい姿勢を維持できるようになるだけでも引き締まったお尻になっていきます。

まとめ

いかがでしたか?お尻が痩せにくい原因はお尻以外にあるということがお分り頂けたでしょうか。ご紹介した方法はどれも日常的に取り入れやすいものばかりですので、トレーニングと合わせて今までの生活習慣を振り返ってみてはいかがでしょうか。小さなことから改善していけばお尻も痩せ、血行も改善されるので身体全体に良い影響が出るので一石二鳥ですね。キュッと引き締まったヒップを手にいれて後ろ姿美人と呼ばれちゃいましょう。