飽き性の特徴とは?長所・短所と改善方法まとめ

ものすごく熱中するのですがすぐに飽きてしまうという方の特徴はどのように考えておくのがいいでしょうか?飽きっぽい人は確かに周囲から見ると少し不思議な存在に映ることも多いかもしれません。

飽き性とは?主な特徴5つ


飽き性の方の持っているおもな特徴はどのような感じなのでしょうか?特徴を理解しておけば飽き性の方に振り回されることは無くなるはずです。

あれもこれも欲しがる

飽き性の方はとにかくあれもこれも欲しがるという特徴をもっています。端的に言ってよくばりであるといえます。すべてを自分のものにすることを考えているのですが、手に入れてしまうとそれに飽きてしまうことになって新たに他のものが欲しくなってしまうことになります。その連鎖を常に繰り返すことをしていますので周囲から見ると飽きっぽく見えてしまうことになります。

いつも刺激がないとおもしろくない

飽き性の方は常に刺激を求めています。ですから、いろいろな事に対して何でもそれをしてしまおうと思うのです。かなりわがままな性格であるといえますし、自己中心的な性格ですので周囲は大いに当惑させられることになってしまいます。

一度手に入れてしまうと熱が冷めてしまう

一度手に入れてしまうと熱が冷めてしまうというところがあります。手に入れるまではあれほど欲しがっていたものに対しての興味をすぐに失ってしまうというところがあります。ですからはたから見ていると本当にそれを欲しがっていたのか疑いたくなってしまうような部分もでてきます。何とも言えない不思議な性格といえますが、その人の考え方ですのでどうにもならないといえます。

アグレッシブさが武器

飽き性の方は従ってどうしようもないキャラであると考えておくのが良いのかというと、全て点においてそうでもありません。すなわち、非常にアグレッシブなところをもっていますので、多くの人が敬遠するようなチャレンジングな仕事を進んでやろうとするという特徴をもっています。そのようなシチュエーションになった場合には飽き性の人の存在が必要不可欠になってくるのです。しかしながら、飽き性のかたは物事が軌道に乗ってしまうとすぐに飽きてしまいますので、他の人がフォローしなくてはなりません。開拓者のような部分をもっていますので、常に新しい開拓のテーマを求めています。つまりはフォローアップ体制を十分に整えておくことが必要になってくるのです。

責任感があまりない

飽き性の方はあまり責任感をもっていません。やってみてダメだったら仕方がないと考えています。周囲から見ると非常に困ってしまうような難しい性格ということになります。ですから、飽き性の方には初めから責任感が必要な仕事やテーマを与えない方がいいということになります。

飽き性の人(長所編)


飽き性の方は非常に困った部分をもっていますが長所は全くないのでしょうか?実は意外と奥の長所をもっているのです。

行動力があってスタートダッシュが早い

飽き性の方は大きな行動力をもっていますので、どんなことに対してもすぐにスタートすることをします。ですから非常にスタートダッシュが早いのでその部分では素晴らしいリーダーシップを発揮することが可能になります。新しいテーマに対しては非常に慎重になってしまいがちですが、考えても仕方がないことなどは思い切ってチャレンジしてしまった方が良い部分もありますので、飽き性の方の性格がそんな時は武器になることも多いのです。

気持ちの切り替えが早い

飽き性のかたは常に刺激を求めていますので気持ちの切り替えが非常に速い部分をもっています。ですから、仕事などの失敗もすぐに忘れて新しい仕事に取り組むことができます。非常に無責任にもみえますが、不屈の精神力を持っていると考えるのであれば魅力的であるとえるでしょう。

新しいニュースに敏感

仕事などをしていくためには常に新しい情報に対して敏感になっていることが必要な場合もあります。飽き性の方は新しいニュースに対して非常に敏感ですので、時として耳よりの情報を入れてくれる貴重な存在になってきます。もちろん単に新しい物が好きなだけですので役に立たない情報であることも多いのですが、受け取る方で適当に取捨選択をしていけば貴重な情報を時として提供してくれる存在になってくれるはずです。

飽き性の人(短所編)


飽き性の人はどのような短所をもっているのでしょうか?短所をあらかじめ把握しておけばその被害を最小のものにすることが可能になるはずです。

冷たい人と思われることも

飽き性の人は常に新しいことに興味をもっていきますので、冷たい人と思われてしまうことが多い物です。冷たい人の特徴に無責任であることがありますので、そのように周囲からはとらえられてしまうことになるはずです。飽き性の人はそんなことに頓着しないで生きていますので、困った部分も出てきてしまいますが、初めから飽き性のひとには重要なことを依頼しないようにすることがお勧めです。

悪いことがあっても責任は他人任せ

飽き性の人は責任転嫁をしてしまうところがありますので、なにか問題があった時にはすべて他の人のせいであると決めつけてしまうことがあります。とばっちりを受けてしまうこともかんがえられますので、初めから飽き性の人には責任が降りかかるような仕事は与えないようにすることが必要です。誰も手を付けないような仕事をどうしてもやらなくてはならないシチュエーションの時だけ飽き性の人の潜在的な能力を活用するようにすれば大きなトラブルに発展してしまうようなこともないでしょう。

一度始めてもすぐにやめてしまいがち


仕事が上手く行ってもいかなくてもしばらくするとそれを辞めてしまうという特徴を飽き性の人はもっています。ですから、単発的に完了するようなタイプの仕事をお願いするのが一番いいということになります。長期的な展望に立つ仕事を考えるのであれば、飽き性の人とじっくり仕事を着実にこなして行くことができる人を組み合わせることがお勧めになります。じっくり仕事を着実にこなして行くことができる人にとって飽き性の人は非常に悩ましい存在になってしまいますが、初めからそのような人であってそれほど多くの事は期待できない人であると考えてしまうようにするといいでしょう。

飽き性の特徴を改善する4つの方法


飽き性の特徴を改善する方法はあるのでしょうか?本人がそれをまず飽き性であることを自覚して直して行こうと考えることがとても重要です。治して行こうと考えている場合には以下の方法を実践してみるのがお勧めです。

継続することに力を注ぐ

飽き性の人の最大の問題点は継続することができないということにあります。ですから、一度始めた仕事などは必ず最後までやり続けて完了させることを常に考えておくことが必要です。当然のことながら新しく興味が出てくることもあるでしょうから、その誘惑には負けないという強い意志が必要になってきます。その訓練をすることによって継続することの意義を認識できるようになるかもしれません。ふわふわとした興味で何かをやるということは絶対によくないことですので絶対にそれはしないという意識を持って毎日の生活を送って行くようにするといいでしょう。継続して仕事を完成させることの喜びを一度体験することができればその喜びを大いに体験することができるようになるはずです。その面白さを十分に理解することができれば飽き性である自分の浅はかさを改善することができるようになるはずです。

目的をはっきりとさせる

飽き性の人は目的もなく色々な部分に興味を持ってしまうという特徴があります。しかしながら、それは何も生み出しませんので、目的をハッキリとさせるようにするといいでしょう。一つの目的に向かって仕事をしていけば他の人の助けを得ることができようになるかもしれませんし、仕事をすることの楽しさを認識できるようになるかもしれません。目的を設定することの意味を常に考える習慣を身に着けることができたなら、飽き性であることの無意味さを知ることにつながっていくのではないでしょうか?それができれば飽き性を改善するためのモチベーションを生み出して行くことが可能になるはずです。

刺激は自分で作る

飽き性の人は刺激を外に求めてしまうという特徴があります。しかしながら、それでは自分自身の進歩には結びつきませんので、自分自身にとっても刺激を自分で作り出す訓練をしてみるといいでしょう。仕事に対しての創造性を高めていくようにするのでもいいのです。それによって刺激を受けることができるようになれば大きな刺激を自分の力で得ることに成功するはずなのです。それをすることができるようになれば、他のものに注意が向いてしまうようなこともありませんので、継続力が格段にアップするはずです。刺激を自分で作り出すことができるということは刺激の発信源になるということですので、その魅力に対して多くの人が共感してくれることになるはずです。いつでも自分自身が話題の中心にいることが可能になるのです。そのように自己改革をすることができれば、他のものに対して興味を持ってしまうようなこともなくなるはずです。

どのような刺激でもかまいませんが、自分自身にとっても刺激を作り出して行くことを可能にしてくれる能力を身につけていく努力を惜しまないようにすると良いでしょう。結果としてそれが仕事に対しての目的を設定することであったり、継続性を高めることになるのです。最初はとても辛い事かもしれませんがそれを継続していくことによって自分自身の考え方を大きく変えることに成功することになりますので、飽き性の部分も自然に消滅していくことになるはずです。

ハードルを甘くしすぎない

自分に対するハードルを甘くしすぎないことも必要です。自分に対しての甘さを持っていると仕事を継続することができなくなってしまいます。これを絶対に終わらせることが自分の使命であると常に考えておくことが求められます。仕事を完了させるために低い努力設定にしてしまうと確実性が上がってしまうようにも思えるのですが、結果としてハードルを下げることになってしまいますので無責任な対応になってしまいます。無責任になってしまうと仕事などが上手く行かない場合に他の人のせいにしてしまうようなことも起きてしまうのです。ですから仕事などのゴールについては常に高いハードルを設定しておくようにすることが肝要です。大変ですが、その鍛錬によって飽き性を解消することが可能になってくるといえます。

まとめ


飽き性の人は周囲に大きなトラブルを招いてしまう困った存在であるといえます。周囲の理解があれば飽き性の長所を活用した接し方をしてもらえますが、それが難しい場合には周囲から孤立してしまうことも考えられます。飽き性の性格は自分の努力によって改善することもできますので、周囲に迷惑を掛けないように改善する努力をしてみてもいいでしょう。