妄想癖とは?原因・よくある症状・改善する方法

妄想癖のある人が時々いますが、いったいどのような特徴をもっているのでしょうか?またそれは進行してしまうとどのようなトラブルに発展するのでしょうか?このサイトでは妄想癖を持っている人の特徴と対処法をしょうかいしていきます。

妄想癖とは?


妄想癖とはどのようなものなのでしょうか?まずは妄想の意味を考えてみましょう。

「妄想」の意味

妄想というのは自分の願望が更に肥大化したものと考えてみるといいでしょう。自分の願望は当たり前ですが、誰もがもっているのですが、それがあまりにも大きなものになってしまうとトラブルに発展してしまうことも考えられます。一番怖いのは現実世界と自分の妄想が混同してしまうことにあります。

妄想が進行すると病気と扱われることも

妄想を持っている人は多くの場合においてそれを口に出してしまうことをします。ですから、変わったことをいう人ということでそれが進行してしまうと周囲から病気であると言われてしまうようになるのです。病気と思われてしまうと周囲から敬遠されてしまいますので注意が必要です。自分の夢を持つのが構いませんがそれはどんな場合にもあくまでも現実との対応で考えていくようにするのがお勧めです。あまりにも非現実的な夢をもっているのは自分をだんだんと制御できなくなってしまいますので注意が必要になってきます。自分に対してどこかで律することが必要です。

妄想癖の原因

過去のトラウマ

多くの場合において心に闇を持っている人は妄想の特徴をもっています。例えば過去に大きなトラウマを抱えてしまうとそれが原因で妄想を見るようになってしまいます。ある程度は周囲から同情を得ることもできるでしょうが、過度になってしまうと困った状態になってしまいますので、治すことを考えるようにしなくてはなりません。心の病を癒してくれる病院に行って治療をすることがお勧めです。時間はかかるかもしれませんが、心の闇を解消することによって妄想癖を解消することができるようになってきます。

妄想癖のある人によくみられるこんな症状


妄想癖のある人はどのような症状になるのでしょうか?

ドラマや漫画の登場人物を好きになる

ドラマや漫画の登場人物を好きになってしまうという特徴があります。現実にはドラマや漫画の主人公と付き合うことはできないのですが、あたかもそれができるような妄想に取りつかれてしまいます。周囲に対しては漫画の主人公と付き合っているような言動を繰り返してしまうことになりますのでびっくりさせられることになります。

妄想癖のある人の言動に対しては当然の事ですがそれを否定してはいけません。否定するとことによって大きな怒りを覚えてしまうことも多いからです。まずはそれを優しく受け止めてあげるようにすると良いでしょう。ここで重要になるのが、妄想癖の症状を更に悪化させないようにすることです。優しく受け止めてあげるようにすることはとても大事なのですが、適当に対処してしまうと妄想をしていることの問題点を本人が自覚することができなくなってしまいますのでその点はケアフルに対応してあげるようにすることができます。放置してしまうと悪化してしまい病気になってしまうことも考えられるからです。

実際そうであるかのように考えてしまう


妄想癖の人は現実にはありえないことを実際にそれが怒ってしまうようなことを考えてしまうことがあります。頭の中で色々なことを考えるのは誰にでもあることですが非現実的なことを考えてそれが現実世界と混同してしまうと大きなトラブルになってしまいますので注意が必要です。周囲は妄想癖の人が非現実的な行動に出ないように絶えず注意して対処していくことが求められます。非現実的なことを実際に行動に移してしまうと犯罪行為になってしまうこともかんがえられますので、大きな問題に発展してしまうこともあり得るからです。

異性とのエッチな想像を頭のなかで思いめぐらせる

妄想癖は異性とのエッチな想像を頭のなかで思いめぐらせてしまう特徴があります。エッチなことを考えるのがいいのですが、それを実際に行動に移してしまうのは非常に危険なことになります。いわゆるストーカーのような状態になってしまうことも考えられますので、その点は十分に注意しなくてはなりません。

「こうだったらいいのに!」という理想を頭のなかで構築する

妄想癖のある人はこうだったらいいのにという理想を常に頭の中で構築することをしてしまっています。しかしながら、そのように常になるとは限りませんので現実とのギャップに苛まれてしまうことになります。場合によってはそれに対して怒りの感情を覚えてしまうことも多いものです。周囲は冷静に妄想癖のある人の不思議な行動に対してトラブルにならないような配慮をしてあげるようにするといいでしょう。

頭のなかで自分を誇大評価しすぎている

妄想癖のある人は常に頭の中で自分を誇大評価しています。自分の評価は常に最高レベルのものとなっています。もちろん現実にはそうでないことも多いのですが、自分が正当に評価されていないということに対して間違った怒りを覚えてしまうことも出てきてしまいます。自分を蔑まれてしまうのはどんな人でも嫌でしょうが、自分の正当な評価に対して怒ってしまうのは困ったものになりますので、その点は周囲が上手にコントロールしてあげるようにするといいでしょう。

妄想癖を改善する方法


妄想癖が改善することができます。改善するような努力をしていくと場合によっては病気になってしまうこともでてきます。

自分自身を客観的に見るよう心がける

妄想癖のある人はまずは自分がそうであることを認識することが必要です。それができるようになれば自分自身を客観的に見ることができるようになります。普段からできるだけ自分を客観的に見ていくようにすることができれば、だんだんと妄想癖を解消することができるようになるはずです。

実際にはありえないことだと事実を理解する

自分の考えていることが本当に現実的に可能かどうかを考えてみるようにするといいでしょう。そのような冷静な判断を常に行って行くようにすれば妄想癖を解消することができるようになるはずです。しかしながらすべてを諦めてしまうことは必要ありませんので、現実よりもちょっとだけ高めのゴール設定は特に問題ありません。それは自分努力目標を設定することになりますのでむしろ推奨される事であるといえます。

現実逃避しすぎないよう、現実世界にも関心を持つ

辛い現実の中で生きていくことはとても辛いことですが、それに対して背を向けてはいけません。それによって現実世界との隔絶が生まれてしまうことが考えられるからです。現実世界との隔絶が生まれてしまうと自分の世界の中で妄想が生まれてしまいますので、さらなる現実逃避が怒ってしまいます。妄想癖を治すには現実逃避の状態を解消してまずは現実を自分の目で直視してみることがお勧めです。

辛いこともありますが、現実世界には面白いこともたくさんあります。バランスよく現実世界を渡っていくことができるようになれば自然に現実世界と融合することができるようになるはずです。すべての人が辛い世の中を生きているのですから、自分だけ辛いと勝手に思い込むことはやめるようにするといいでしょう。そのようにすれば妄想を見ることもなくなりますので、お勧めです。しかしながら、あまりにも辛い現実ばかり体験しているとストレスで鬱になってしまうこともありますので、適度にストレスを解消することも必要です。バランス感覚を上手く身に着けることができたら妄想を見る必要もなくなるはずです。

現実世界での友人・知人との会話やコミュニケーションを大切にする

孤独感の中にいると妄想を見てしまうことが多くなります。それを防止する意味で現実世界にいる友人や知人との会話頻繁に持つようにすると良いでしょう。現実世界の感覚で彼らはものを言いますので、妄想ではない現実の状態をそれによって知ることができるからです。自分の思い描く世界と現実とのギャップを知ることができればそれによって妄想する必要もなくなってくるはずです。更には友人や知人などからどのようにして現実世界を生きているのかを知ることができれば自分だけが辛いのではないことにもつながりますので、妄想癖を治すことができるようになってくるでしょう。

友人・知人や病院など他人に相談してみる

妄想癖のある人は友人や・知人更には病院にその状態について相談をしてみるようにするといいでしょう。基本的に自分の心の持ちようが大事なのですが、自分の心の抱えている闇の部分を受容してもらうことによって症状を緩和させることができるようになるからです。一般的に妄想癖はそのままにしておくとどんどん症状が悪化してしまいますので、軽度のうちに周囲に相談して治療を開始するようにするといいでしょう。病院では症状を緩和するための薬も処方してもらえますのでお勧めです。

まとめ


妄想癖のある方は周囲に大きな困惑を招いてしまう可能性がありますので、まずはそれを治すための努力をしてみるようにしましょう。生活態度を改善することによって症状が改善することも考えられますが、あまりにも症状がひどい場合には疾患の可能性も考えられますので、病院に相談してみるようにしてみてもいいでしょう。