「いいな」を届けるWebメディア

感動

2017年08月30日 更新

「僕は好きじゃない」SIRO-Aに1人の審査員が続けた言葉とは

SIRO-A(白A)。2002年に仙台にて結成された近未来型エンタテインメント集団です。

彼らがアメリカの人気オーディション番組『アメリカズ ゴット タレント』に挑戦。

「テクノデリックコメディー」を掲げるSIRO-Aが、“テクノサウンド・映像・人間”を融合した表現で観客、審査員を魅了した瞬間です。

白A

出典:YouTube

観客もスタンディングオーベーションで拍手を送ります。

「パフォーマンスに吸い込まれそう・・」
「オリジナリティに溢れて現代的で、とてもクールなパフォーマンスだったわ」

しかし、一人の審査員が口を開きます。

「僕は好きじゃないな」

この一言により、熱気に包まれた会場の雰囲気は一気に凍りつき、ブーイングまで起こります。

他のパフォーマーもこの表情

パフォーマー

出典:YouTube

固まるパフォーマー

出典:YouTube

審査員から出てきた一言とは・・

「なぜなら、私は本当に愛しているからだ!」

そして、目の前にあるゴールデンブザーを叩きます!

ゴールデンブザーを叩く審査員

出典:YouTube

これは各審査員が、一度だけ押すことができるブザー。

これによりSIRO-Aの準決勝進出が決定!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

FEELYの最新情報をお届けします

この記事に関連するキーワード

こちらもおすすめです