「縁がある人」が運命の相手?特徴と出会える場所・タイミング

縁がある人の特徴


縁がある人が運命の相手だと思っている方は多いでしょうし、できるだけ縁がある人と結ばれたいと考えている方もおられるでしょう。ここではまず、縁がある人の特徴についてお話します。

出合った瞬間に直感

ビビッときた、という表現が以前流行ったことがありますが、出会った瞬間に直観的にこの人だ、と思えることもあります。人生の中でそのような人と何人出会えるかは分かりませんが、そのように感じたときは縁があると考えて差し支えないでしょう。

初対面なのにどこかで会った気がする

初めて会うはずなのにどこかで会った気がする、という経験をされた方もおられると思いますが、このような場合も縁があったと考えるのが普通でしょう。どこか懐かしい気がする、思い出すことはできないけど過去に何かあった気がする、ということはよくあります。

なぜか気になる

別に共通点も何もないのになぜか気になってしまう人もいます。気になる理由すら分からないのに気になってしまうということもありますが、このような方も何かの縁があると考えて良いのではないでしょうか。

共通点が多い

共通点が多いとそれだけで親近感を抱いてしまいますし、縁があると感じてしまうものです。共通点がたくさんあると話も盛り上がりますしすぐに仲良くなれますよね。自然と縁があるなと感じてしまいます。

感覚が似ている

感覚が似ている人に縁を感じるという方もいます。人の感覚というのはそれぞれですが、時々すごく感覚の似た人に出会うこともあります。これは確かに縁と言ってもいいのかもしれません。

一緒にいて居心地がいい


一緒にいて居心地がいい人は相性が良いですし、そのような人に縁を感じてしまうのは当然のことでしょう。居心地がいいと一緒にいてまったく疲れることもありませんし、そのままずっと一緒にいたくなりますよね。

初対面で意気投合

初対面なのに意気投合してしまうということもありますが、これも何かの縁かもしれません。価値観が似ている、同じ趣味を持っているといった理由で意気投合することはありますし、そこから仲よくなることもあります。

偶然会うことが多い

偶然会うことが多い人も縁があると考えて差し支えないでしょう。頻繁に街中で遭遇したり、たまたま電車の中で居合わせたりするケースだとかなり縁があるのかもしれませんね。

とにかくタイミングが合う

とにかくタイミングが合うという方も縁があります。たとえば「連絡をとろうと考えてたら向こうから来た」や、「話し出すタイミングが一緒」などがあります。

離れても再会できる

何らかの理由で離れたものの比較的すぐ再会した、再会する機会に恵まれたという場合だと縁があったと考えるべきでしょう。離れられない運命にあるのかもしれません。

人生の分岐点で出会った

人生の中では分岐点と思える出来事がいくつか起こります。それがどのような出来事なのかは人によって異なるでしょうが、そのような分岐点で出会う人というのは縁があると考えるべきでしょう。

縁がある人と出会える場所


できることなら縁がある人とお付き合いしたい、結ばれたいと考えている方も少なくありませんし、縁がある人と出会いたいと考えている方もおられるでしょう。では、縁がある人とはいったいどのような場所で出会うことができるのでしょうか。

自分がよく行く場所

自分がよく足を運ぶ場所だと縁がある人に出会える確率も高くなるでしょう。自分が頻繁に行くような場所で出会う人というのは相性も良いと考えられますし、縁のある人に出会える可能性が高いです。

趣味に関する場所

趣味に関する場所で出会える人も縁があると考えられます。音楽が好きならライブハウス、運動が好きならスポーツジムなどでしょうか。相手も同じ趣味を持っていると考えられますし、この時点で相性の良さは約束されたようなものでしょう。しかも、そこでよく会うということは何かしらの縁があると考えられるのです。

旅行先

旅行先でたまたま出会った人と縁があった、ということは実際にあります。しかも、それぞれ異なる旅行先で同じ人と出会ったというケースだとこれは運命と言っても差し支えないでしょう。このようなことが起きる確率はかなり低いと思いますが、それゆえに相当強い縁で結ばれていると考えられます。

縁がある人と出会えるタイミング


縁がある人とはどのようなタイミングで出会えるのか、と考え込んでしまっている方もおられるでしょう。本当に縁がある人とならいつか出会うときがやってくるとは思いますし、そのタイミングがいつなのかは神のみぞ知ります。それでは元も子もありませんから、ここでは縁がある人と出会えるタイミングについていくつかお伝えしましょう。

心に余裕があるとき

心に余裕があるときは縁がある人と出会いやすくなると言われています。心に余裕があると周りにも目を配れますし、ちょっとした変化にも気づきやすくなります。そのため、「あれ?あの人この前も会ったような」という経験もするようになるでしょう。逆に心にまったく余裕がない場合だと周りに目を配る余裕などありませんし、縁がある人が近くにいたとしてもそれにさえ気づくことができません。縁がある人と出会えるのは心に余裕があるタイミングだと考えて差し支えないと思います。

テンションが上がっているとき

人によってテンションが上がるポイントというのは異なると思いますが、嬉しいことなどがあったときには無条件でテンションも上がってしまうでしょう。テンションが上がってハイになっているときは縁がある人と出会いやすくなると言われています。同じように波長が合う人、運命を感じられるような人と出会える確率も高くなるでしょう。だからと言っていつでもハイテンションというのはおススメしません。

出会いを期待していないとき

出会いたいと強く思っているときに限って出会えないものですし、逆に出会いを期待していないとき、諦めているようなときに出会えるものです。実際にこうした経験をしたことがある方は多いと思いますが、こうした運命のいたずら的な出来事はよくあります。出会いをまったく期待していないときに限って縁があると感じられる人と出会うことがありますから、そのような心持ちのときはある意味チャンスなのかもしれません。このような時に出会うことができたというのはやはり縁があったと考えられますし、何か運命に導かれて出会ったと考えることもできます。

人生のターニングポイント

人生のターニングポイントとなる出来事で出会う人もいますが、このような人は縁がある人と考えられます。人が生きていく中でターニングポイントとなる出来事は何度か起きると言われていますが、そうした人生の転換期に出会った人はある意味運命とも考えられます。このタイミングで出会うことができたのは縁があるからと考えて差し支えないのではないでしょうか。

まとめ

縁がある人は言い換えると運命の相手のようなものですし、そのような人と出会えればこの先ずっと一緒にいられる、と考えてしまいますよね。実際、劇的な出会いをした人がその後も幸せな人生を送っているというケースはたくさんあります。

偶然が何度も重なったり、神様のいたずらとしか思えなかったりするような出会い方をしたときには縁がある人だと考えられますし、もしそこで交際に発展しなかったとしてもいつかまた会う運命にあるのかもしれません。自分たちではコントロールできないからこそ縁、運命ということになるのですが、できることならそのような運命を感じられる人と出会いたいものですね。