彼氏の性欲がないときの10の心理と4つの解決策

性欲がない男の10の心理


愛する彼氏に抱かれたい、セックスしたいと考えるのは女性として当然のことだと思いますが、男性がなかなか相手をしてくれないというケースもあります。性欲が湧かない、する気になれないと断られ続けている女性もいるのではないでしょうか。あまりにも拒否されていると自分に魅力がないのでは、ほかに好きな女性がいるのではと勘繰りたくもなりますが、ここでは性欲がない男性の心理についてご紹介しましょう。

家族だから性欲が湧かない

結婚している場合だと家族だから性欲が湧かない、ということもあります。付き合っているときは定期的にセックスしていたという場合だとこうしたケースが多いのではないでしょうか。恋人から家族になったことで性欲が湧かなくなったというのはよく聞く話です。また、結婚していないにしても自分にとって一番身近な存在になったことで性欲が少なくなってしまうということはよくあります。

元々エッチには淡泊

基本的に男性のほうが女性よりも性欲が強いと言われていますし、確かに男性の中にはエッチなことばかり考えているような人もいますが、中にはもともとエッチは淡白という方もいます。性にこだわりがなく、そこまでしたいと思わないのでしょう。

性癖が合わない


性癖が合わないということも考えられます。人の性癖は千差万別ですし、100人いれば100通りの性癖があるといっても過言ではありません。自分の性癖と大きく乖離するとなるとエッチもしたくなくなるでしょうし、次第に回数が少なくなることも十分考えられます。自分がしたいことと相手がしたいことがマッチしないとお互い楽しい時間を過ごすことはできないでしょう。性癖の相性というのも大切ですね。

プレイがマンネリ化

それなりに長く付き合っているとセックスがマンネリ化してしまうこともあります。毎回同じようなシチュエーションで同じようなプレイ内容となると男性としても飽きてしまうでしょう。これはどちらかに問題があるわけではありません。何度もセックスをしていると、

セックスに自信がない

セックスに自信を持てないという男性も少なくありません。特に、過去にセックスで失敗した経験がある男性だとなおさらこの傾向が強いのではないでしょうか。過去に早漏だと笑われた、しつこいと言われた、へたくそと罵られてしまったという経験があるとセックスに対してあまりいい感情を抱いていないかもしれません。そうした思いが性欲の減少に繋がっているとも考えられます。

疲れている


単純に疲れているという理由でエッチがなくなってしまうこともあります。仕事や人間関係などで疲れているとそういう気にもならないでしょうし、どうしても性欲は少なくなるのではないでしょうか。肉体的に疲れていると誘われてもそんな気は起こりませんし、ベッドに入ったら早く寝てしまいたいとも思うはずです。

ストレスが溜まっている

精神的なストレスが体に及ぼす影響は少なくありませんし、ストレスが原因で勃起不全になってしまうということもあります。そこまでいかずとも性欲が少なくなることは十分考えられますし、ストレスが溜まりすぎていると女性に対してムラムラすることも少なくなるのではないでしょうか。

自分から誘うのが面倒

もしかすると自分から誘うのが面倒と思っているかもしれません。基本的にセックスをするときは男性から女性を誘うことが多いと思いますが、それが面倒になるということも考えられます。性欲が強い男性だと何も言わずとも勝手にエッチに持ち込もうとするものですが、性欲が少ない方だと余計に自分から誘うのが面倒と思ってしまいます。それに対して文句を言ったり怒ったりしてしまうと余計に誘われなくなるでしょうから注意が必要です。

更年期

更年期が原因ということも考えられるでしょう。更年期というと男性よりも女性のほうが深刻になるケースが多いのですが、実は男性でも更年期によるさまざまな弊害が生じます。性欲が減少してしまうというのは更年期におけるもっともよくみられる状態ですし、以前はあんなに性欲旺盛だったのにという方が突然性欲が少なくなることもあります。

浮気または不倫が原因

浮気や不倫をしている男性だと彼女、奥さんに対して性欲が湧かなくなることがあります。浮気や不倫相手に対して本気になってしまっている場合だとすでに気持ちが離れているでしょうし、性欲が湧かなくなることは想像に難くありません。また、単純にほかの女性で性欲を発散しているためわざわざ彼女や奥さんとエッチなことをしたいとも思わなくなっているのです。

性欲を復活させる4つの方法


彼氏の性欲を復活させる方法はいくつかありますが、ここではおススメの方法をいくつかご紹介したいと思います。彼氏に性欲復活してもらい、楽しい夜を過ごせるようにぜひ参考にしてください。

フェロモンを出す

フェロモンを出せるように努力してみるというのもおススメです。フェロモンを多く出すことによって男性に性欲を湧かせることができると言われていますが、意識的に出すことは難しいとも言われています。女性ホルモンを活発にすることでフェロモンの分泌量も多くなると言われていますから、女性ホルモンを増やす努力をしてみましょう。また、香水をつけてふんわりとよい香りを漂わせてみたり、ちょっと気分を変えて普段はつけないようなセクシーな下着をまとってみたり、自分磨きをしたりするのもおススメです。

男性ホルモンを増やす食事をしてもらう


男性ホルモンが少ないと性欲も少なくなってしまいます。そのため、男性ホルモンを増やせるような食事を心がけてもらうと効果的かもしれません。いわゆる精がつくと言われる食材もいいですね。山芋やネギ類、アボガドなどはおススメです。山芋にはDHEAと呼ばれる男性ホルモン値を上げる効果のある物質が含まれていますし、ネギやアボガドにも男性ホルモン促進に効果的な物質が含まれています。

一緒に運動する

一緒に運動するのもおススメです。一緒に運動することで二人で何かをすることの楽しさを呼び戻すこともできるでしょうし、自然な流れでエッチに持ち込めるかもしれません。また、運動することによって血流も良くなりますし、男性も勃起しやすくなるのではないでしょうか。

性癖を合わせる

性癖を合わせてあげることも大切です。性癖が違いすぎると楽しいセックスはできませんし、ここを意識してあげるだけでも随分違ってくるでしょう。性癖の合う合わないは意外と重要な部分ですし、人によって性癖が大きく異なります。彼氏がどうしても我慢できない性癖を持っている場合だと問題ですが、そうでない場合は自分から合わせてあげることも大切です。特に性欲が少ない、あまり相手にしてくれないという男性だとこれが効果的だと考えられます。

まとめ

性欲がないからと毎晩セックスを断られているような女性もおられるでしょうが、さすがにそれだと悲しいですよね。愛する人に抱いてもらえないことほど悲しいことはありませんし、いろいろな変な勘繰りもしたくなります。また、女性によっては男性並みに性欲が強いこともありますし、そのような女性だと性欲を発散することもできなくなってしまいます。

性欲が少ない、湧かないという男性がいるのも事実ですし、その理由も人によってまちまちです。すぐにはどうにもできないかもしれませんが、ここでご紹介した内容を参考にすれば次第に性欲も蘇るかもしれません。彼氏と素敵な夜を過ごすためにも、ここでご紹介した内容を参考にぜひ頑張ってくださいね。アドバイスがお役に立てることを願っています。