どれを選べば良い?《自分に似合う洋服》を見つけるための3つのポイント

自分に似合う洋服がわからなくなった!

年齢や環境の変化で変わる洋服のテイスト

年齢を重ねたり、環境やトレンドの変化で着る洋服のテイストは変わってきます。それまでは自分に似合う洋服がわかっていたのに、変化をしていく過程で「どんな洋服が自分には本当に似合うの?」と洋服選びで迷子になってしまうことがあるのではないでしょうか。

自分に似合う洋服がわからなくなると、日々のコーディネートも組み立てにくくなります。洋服選びで迷子になった場合は、なるべく早めに対策しておくのがおすすめ。

似合う洋服の選び方を知っておこう

「自分に似合う洋服がわからなくなってしまった…」というときは、3つのポイントをおさえて克服していきましょう。どういったテイストであれば現在の自分に合うのか把握しておくことで、洋服選びで悩むこともなくなります。自分なりのおしゃれを楽しむために、ぜひ参考にしてみてくださいね。

パーソナルカラーを把握する

肌を美しく見せてくれるパーソナルカラー

シーズンごとにトレンドカラーは変わっていきますが、大切なのは自分に似合う色を知っておくこと。どんなに流行している色だったとしても、自分に合わない色だとちぐはぐな印象になってしまいます。

そんなときに役立つのがパーソナルカラー。瞳や髪の毛、肌にあった色を取り入れることで、より魅力的な雰囲気に仕上げることができると言われています。パーソナルカラーを洋服選びに活用すれば、好感度の高い印象を相手に与えることもできるのではないでしょうか。

似合う色がわかれば洋服も選びやすい

パーソナルカラーは専門家に診断してもらう他に、スマホアプリなどで自己診断することもできます。自分のパーソナルカラーを知っておくことで、トレンドの中からぴったりの色を探しやすくなりそうですね。洋服選びの基準として活用してみてはいかがですか。

年齢にふさわしい系統を見つける

年齢に合った洋服の系統であることが大切

ガーリーやコンサバ、ストリートなどファッションの系統の種類はさまざま。自分の好きな系統を追求することも大切ですが、洋服選びに迷ったときは年齢にふさわしい系統を選択していくことも大切になります。

年齢にふさわしくない系統の洋服を着ると、どうしてもちぐはぐに見えてしまうのではないでしょうか。コーディネートに違和感がある場合は、洋服の系統を見直してみましょう。

客観的な意見を聞きながら見つけよう

自分では大丈夫だと思っていても、周囲から見ると「年齢にふさわしくないのでは?」と見られてしまうこともあります。そうならないように、客観的な意見を聞くことも重要なポイント。

友達や恋人などとショッピングに行って、どんな系統が自分に合うか聞いてみましょう。周囲の意見を取り入れながら、自分好みの洋服探しをしてみてくださいね。

ファッショニスタから学ぶ

雑誌で好きなコーディネートを探す

パーソナルカラーや自分にふさわしい系統の洋服がわかってきたら、おしゃれなファッショニスタたちのコーディネートも参考にしてみましょう。トレンドを入れつつ、自分に合った洋服を着こなすことに長けているファッショニスタたちの知識は役に立つはずです。

いろいろなファッショニスタのコーディネートを見たいときは、やはりファッション雑誌が最適ではないでしょうか。ストリートスナップなど、モデル以外の一般の人の着こなしの方が参考になる場合もあるので、好みのテイストを見つけてみましょう。

SNSのおしゃれアカウントも役立つ

InstagramなどのSNSもおすすめ。「#ファッションコーデ」などのハッシュタグを使えば、おしゃれな人たちのコーディネートを見ることができます。海外のコーディネートも見たい場合は「#outfit」が役立つのではないでしょうか。

似合う洋服でコーディネートを楽しもう

似合う洋服がわからなくなったら、ベースのところから見直してみましょう。周囲の意見も聞きながら、ぴったりのコーディネートを見つけてみてくださいね。