失敗しない!20日間ダイエットの方法とポイント

ダイエットの場合、明確な期間を設けるか、明確な体重設定をするのかの2択になりますが、明確な期間を設けて行うダイエットの場合思った以上に痩せなくてイライラするケースもあります。今回はこの期間を20日と定めた上で、どうすれば痩せられるのか、短期間で効果を出すためには何がポイントとなってくるのかをわかりやすく解説して参ります。

20日で痩せたい!何をすればいい?

とにかく20日間でできる限り痩せたいという状況は突発的に訪れることがあります。ある程度日数に関しては上下するとは思いますが、同窓会があると伝えられたり、結婚式があると伝えられてしまった場合、短期間で効果を出したいと思いますよね。その場合にまず最低限抑えるべき所をまずは紹介いたします。

食事に気を付ける

とにかく短期間で痩せる場合は炭水化物や高カロリーな食べ物は控えるようにしましょう。糖質が高いものやカロリーが高いものはすべてNGとなると考えましょう。もちろん、脂肪が多いお肉もNGとなります。食べていいのは大豆製品や野菜や鶏胸肉といった低カロリー低糖質な食べ物だけです。味噌やキムチやヨーグルトといった発酵食品もダイエットには使えるのでどんどん食べてください。短期間で痩せたい場合は、とにかく甘いものや塩辛いもの、味の濃いものは我慢するようにしましょう。

ただし、短期間でダイエットの成果を出すためには筋力を落としてしまう恐れがありますので、たんぱく質の補給は必須です。糖質が多くカロリーが多い食品は食べられないので、高たんぱくでありながら低カロリーな食品も意識して食べましょう。無脂肪牛乳や納豆、鳥のササミ、胸肉、豆腐がよく推奨されています。

運動をする

かなりキツイ食事制限を行うことになりますが、効率的に痩せるためには運動は不可欠です。できる限り消費カロリーを増やすためにも有酸素運動を取り入れてください。たんぱく質が不足すると、この時点で筋肉がエネルギーとして消費されてしまいますので注意しましょう。しっかりとたんぱく質を補給しつつ有酸素運動で脂肪を燃焼させてください。可能であれば、スクワットのような全身運動に近い筋トレを行った後に有酸素運動をこなしていきましょう。

お風呂に入るようにする

お風呂は消費カロリーを稼ぐ非常に簡単な方法の一つなので、シャワーのみであっさりと済ませるのは避けましょう。お風呂に入ってしっかりと深部体温を上げることが出来れば、その後の体温低下でぐっすりと眠ることができるようになりますので睡眠の質も上昇しやすくなります。高温反復浴のようなかなりキツイお風呂ダイエットもありますが、食事制限をしている状態で高温反復浴を行うのは危険なので避けた方がいいです。

筋トレやストレッチをする

キツイ食事制限をするとどうしても運動をする気持ちも起こりにくいですが、体を引き締めるためには筋肉をつけることが重要なのでここは乗り越えるべき壁と思ってチャレンジしてください。この筋トレはどの部位を鍛えたいのかで変わってきます。お腹周りをどうにかしたいという方はクランチやヒップレイズやプランクを行うようにしてください。また、筋トレに慣れていないと怪我をする恐れがありますので、怪我予防や柔軟性アップのためにストレッチも行いましょう。

毎日持続して続けてほしいポイント


それ以外にも効率を上げるためのポイントがありますので、しっかりと要点を押さえて実行していきましょう。20日は長いようで短く、効果を出すためには出来ることをしっかりとこなすしかありません。

むくみ取りのマッサージをする

とにかく有効なのが、便秘によるお腹の張りやむくみによる張りをなくすことです。これはうまくいけば短期間で効果が出るので20日間もあれば大きく見た目が整う要因となってくれます。特に、女性の場合は二の腕とふくらはぎと顔がむくみやすいので、むくみが発生する部位をマッサージして余分な水分や老廃物が流れやすい状態にしてください。むくみが解消されれば一気に痩せてみられるようになります。

糖質制限ダイエットをする

短期間でとにかく効果のある食事制限はやはり糖質制限ダイエットです。このダイエットは危険だからやめた方がいいという声もありますが、短期間で痩せる場合には最も効果的なのは間違いないので、しっかりと栄養素は補給しつつ糖質を減らすようにしましょう。ポイントとなるのは、先に説明したように、にんじんやカボチャやトウモロコシといった野菜でも以外と糖質が多い食べ物が存在しているという点です。栄養価や糖質をチェックした上で食べるようにしましょう。

できるだけタクシーなど使わず歩く

運動をする時間が無いという方は短期間で痩せることはなかなか難しいので、日常生活の中に運動を盛り込むしかありませんよね。その方法としては、出来るだけ歩く距離を増やすというものです。たとえば、タクシーを使う回数を減らすとか、一駅分だけ歩くとか、エレベーターやエスカレーターを使わないで階段を使うといった可能な限り体を動かすということです。

つま先立ちをするようにする


電車移動中でも運動に繋がる動作があります。それがつま先立ちです。少しかかとを浮かせて足の指に力を入れ、つま先立ちをキープし続けると、それだけでふくらはぎが鍛えられますので脚が綺麗になります。特に、ふくらはぎのむくみがひどいという方は積極的に取り入れましょう。筋肉がつけばそれだけ老廃物やリンパ液が循環するようになりますので、むくみがスッキリする可能性も上がるのです。

20日間ダイエットを成功するために心掛けたいこと

最後に、この20日間ダイエットを成功させるための心構えと秘訣をお教えします。大切なことなので、読んだ後は必ず意識してください。

毎日鏡で自分の姿を見る


ダイエットに成功しているのかどうか、自分が理想の体型に近づいているのかどうかを確かめる方法は、毎日鏡を見て自分の姿をチェックすることです。しっかりと毎日鏡をチェックして痩せたい部分を意識し続ければ、それだけモチベーションが上がって効率も上がります。痩せている実感が得られればそれもプラス材料となるでしょう。可能であれば、そこで自撮りを行い、振り返りのためのデータを残しておくといいでしょう。1日だけでは違いわからなくても5日や10日も間があれば大きく見た目は変わります。

痩せたら何がしたいか考えてみる

漠然と痩せたいという考え方だと、モチベーションにならないことが多いので、はっきりと痩せたら何をしたいのかを考えてください。明確な目標を設定することで、よりモチベーションが上がりやすくなってダイエット成功率も上がります。

着たい洋服のことを考えてみる

脚 女性

明確な目標設定として考えやすいのが、着たい洋服のことを考えることです。たとえば、10年前に着ていた洋服が、太ってしまったせいで着られなくなってしまったというパターンは現物がすでにあるので目標設定をしやすいでしょう。ダイエットをして着られるようになったら成功なのです。

痩せて褒められるイメージをつくる

また、痩せたいという願望は健康面からくるものでもありますが、誰かに見てもらった時に綺麗になったと言われたいという願望からも着ています。人は誰しも認められたい生き物なので、痩せることが出来たのならば褒められたいのです。なので、褒められるイメージを作っておくと、モチベーションがなにげに維持しやすくなります。

20日間ダイエットの効果を最大限高める方法

せっかく重い腰を上げてダイエットに取り組んだのなら、最大限痩せたいですよね。

ここでfeely編集部が20日間ダイエットの効果を最大限高めるのにおすすめしているのが、全米で話題のダイエット飲料「コンブチャ」。

そのコンブチャの中でも、feely編集部は吉川ひなのさんや土屋アンナさんなどの芸能人が愛飲していることで話題の「コンブチャクレンズ」をおすすめしています。

コンブチャは「紅茶キノコ」のことで、紅茶または緑茶にスコビーと呼ばれる菌株を漬け込み発酵させた飲み物です。

スコビーが発酵する過程で豊富なポリフェノールや酵母、乳酸菌、酵素、ビタミンが生成されるので、コンブチャは高いダイエット効果があるんです。

「コンブチャクレンズ」は、コンブチャの高いダイエット効果に加え、200種類以上の酵素や4000憶個の乳酸菌、植物由来の食物繊維などを配合。

ダイエットに加え、「美」に徹底的にフォーカスしています。

さらに、コンブチャクレンズは飲みやすいマンゴー味。炭酸やミルクなど自分好みで割っておいしく飲めちゃうので、20日間余裕で続けられちゃいます!

甘いものが摂りたい、でも痩せたい…という方はぜひお試しください!

◆コンブチャクレンズ公式サイト:https://www.ce-parfait.com/kombucha/campaign/option02.html

KONBUCHA CLEANSE

◆feely編集部によるコンブチャクレンズの体験談はこちら

【口コミ・評判も】コンブチャクレンズの効果は嘘?実際に試してみた結果

まとめ

短期間で痩せるためには結構無茶なこともしないといけないのですが、無茶をした結果栄養不足になって体がボロボロになってしまっては元も子もありません。ある程度の栄養補給は必須と考えましょう。しかし、厳しい食事制限があるとどうしても栄養価が偏るので、不足した分はサプリメントで補うといった対応が必須になります。特に、たんぱく質が不足している状態で痩せるのは筋肉の減少に繋がるので非常に危険です。注意しながら20日間でダイエットを成功させましょう。