5日間なら頑張れる!5日間ダイエットの方法

ダイエットは今まで色々と発見されたり開発されてきましたが、その中には短期間で効果が出るけれどかなり中身が濃いものも存在しております。その筆頭が5日間ダイエットや1週間ダイエットといった短期間のみ実行するダイエットです。直近で結婚式があるといった時間が無いときに有効的なダイエットですが、はたしてこの5日間ダイエットとはどうやるのか、メリットは一体何なのかを解説いたします。

5日間ダイエットのメリット

5日間ダイエットには大きく分けて二つのやり方があります。それは5日間だけの超短期集中で行うダイエットにするのか、月曜日から金曜日までの5日間のみを行って土日はダイエットをしないというダイエットです。どちらのダイエットにするのかでメリットも変わります。

ダイエットと休みの日がある

1週間のうちに平日の5日をダイエットとして実行するタイプの5日間ダイエットは土日は休みとなります。ダイエットは長期的に行うものなので、毎日継続してひたすら我慢し続けるのは非常に辛いものがあり、挫折してしまう可能性も日に日に高まっていくのです。しかし、休日をしっかりと用意することが出来れば、それだけモチベーションアップができるので挫折する可能性も減ります。似たような考え方で1週間のうち1日だけは好きなものを食べてもいいダイエットが存在しますが、これも同じ発想から来ています。

短期間だから集中しやすい

1週間後には結婚式があるから5日間で結果を出したいという方は短期間で濃密な5日間を過ごす必要があります。ダイエットで必ず問題となるのは継続性なので、5日間だけならばどんなにキツイ内容でも耐えられるという意見も多いのです。実際にひたすら辛いダイエットを1カ月とか半年続けるという話になった場合は気持ちも折れやすいですが、たったの5日間ならば耐えることも比較的容易でしょう。また、5日間しか時間が無いという状況ならば、それだけ集中して行えるので高密度のダイエットにすることが出来るのです。

普段の生活リズムに取り入れやすい

1週間のうち平日の5日間を実行するタイプの5日間ダイエットの場合はそこまでキツイ内容ではありませんし、平日という生活リズムに組み込める内容になっていますので、慣れれば効率的に行えるようになるでしょう。

5日間ダイエットの方法

それでは具体的に5日間ダイエットを行う場合の方法について記載していきます。短期間で結果を出したい場合にはやることが多くなると考えましょう。

炭水化物を抜く


短期間で痩せたい場合に最大の敵となるのが、糖質と脂質とカロリーです。特に邪魔になるのが炭水化物のカロリーと糖質なので短期間で痩せたい場合は食べない方がいいでしょう。お米・パン・うどん・そば・じゃがいも・パスタなどが代表的ですが、これらは糖質が多く食べ過ぎると簡単に脂質に変化するのでダイエットの敵です。とにかく減らしましょう。ただし、脳の唯一のエネルギー源となっているのも事実なので、完全にゼロにするのではなくできる限り減らすという考え方にしてください。

ジョギングやランニングをする

短期間でできる限り痩せたいという方は、短期間で効果が出やすくするために消費カロリーを増やす必要があります。炭水化物を減らせばそれだけ糖質やカロリーが減らせますが、消費カロリーをもっと増やせばそれだけ高スピードで痩せていくことになるでしょう。特に、炭水化物を減らせば貯蓄しているエネルギーも減るので、有酸素運動のような脂肪を燃焼させる運動の効果も早く出るようになります。

ただし、エネルギーが不足しやすい状況での運動になるので筋トレのような高強度な無酸素運動は効率がかなり落ちます。あくまで、脂肪を落とすと言うことを前提にそこまで筋肉への負荷が大きくないジョギングやランニングといった有酸素運動をこなすようにしましょう。体重と脂肪を落とす場合にはそれでも十分なのです。

ストレッチや筋トレをする

摂取カロリーを落としている状態では高強度の筋トレは効果が薄くなりますが、それでも無酸素運動で体を鍛えてから有酸素運動を行えば効率的に痩せていくようになりますので、心身を追い込むレベルの筋トレは選ばないで、自重で行うスクワットや腕立て伏せやランジといった筋トレを行うといいでしょう。もちろん、ストレッチを運動前と運動後に行えば怪我の発生確率も下がりますし柔軟性もアップするので併用するのが正解となります。

運動をこなすための簡易的な順番としては、ストレッチ→筋トレ→有酸素運動→クールダウン→ストレッチ→アイシングなどのケアとなりますので、この流れを1セットとして毎日行うようにしましょう。これで消費カロリーを一気に稼いで脂肪を燃焼させることが出来れば短期間でも劇的に痩せます。

食事制限をする

炭水化物を我慢しても、実は他の食べ物から糖質や脂質を吸収してしまうことは非常に多いので、食事制限をすることを覚えた方がいいでしょう。これは何でもかんでも禁止するのではなく、高カロリー高糖質の食べ物を食べないというスタンスからスタートするのが正解です。それだけでもダイエットのスピードは上がります。もう少し詳しくなれば、GI値による食品の選定もある程度はできるようになりますが、短期間で成果を出したいという場合はとりあえず糖質が高くカロリーが高いものはすべてNGという発想でいいでしょう。

5日間ダイエットにおすすめの脂肪燃焼スープ

短期間ダイエットの中でも非常に効率的なダイエットとして有名になったのが脂肪燃焼スープです。脂肪燃焼スープはダイエットの中でもかなり特殊で、きつすぎる食事制限が少ない短期間ダイエットとなっております。

スープであれば何食でも食べられる

脂肪燃焼スープは野菜スープが中心で非常に栄養価が高く低カロリーであることが特徴で、野菜スープであればほぼ飲み放題で何食でも食べることができます。ただし、野菜がたっぷりなのでかなりボリュームがあり大量に食べることは難しいでしょう。それでも朝も昼も夜も食べることが出来るので、やりやすいダイエットにはなっております。

スープは作り置きができる

1週間も作り置きは出来ませんが、2日程度は作り置きが出来ますので1回作れば2日間の料理はほぼ終わりとなります。これは忙しい社会人の方々には朗報であり料理をする暇も無いという方でもやりやすいでしょう。ただし、作るといってもキャベツやセロリを適当な大きさに切ってスープの素とホールトマトを一緒に鍋に入れて10分間煮てカレーバウダーやこしょうなどで味付けするだけというとってもシンプルなスープなので調理難易度は低いです。

味に飽きてきたら味を変えて食べられる

塩やこしょうやカレーパウダーの混ぜ具合は自分自身で簡単に決められるので、味に飽きたのならば調味料を変えて変化をつけましょう。短期間であってもひたすら脂肪燃焼スープを飲み続けると辛くなりますので、味の変化でごまかしてください。ただし、味の変化を求めて揚げ物といった食品を食べたり、お酒を飲んだり炭酸飲料や甘味料を摂取するのはNGです。ダイエットをしているという自覚は持ちましょう。調味料も大量に入れてしまうことで高カロリー高糖質になってしまうこともありますので、入れすぎは要注意です。

満腹になるので続けやすい

この脂肪燃焼スープは満腹になるまでひたすらスープと野菜を食べることになるので、空腹感が辛いといったいつものダイエットによくある悩みとは無関係です。ひたすら野菜を食べる必要があります。先ほど記載したルールに則っていれば、低カロリー低糖質の鶏肉や果物は摂取してもいいので、飽きてくることはほとんどありません。

5日間ダイエットの効果を最大限高める方法

せっかく重い腰を上げてダイエットに取り組んだのなら、最大限痩せたいですよね。

ここでfeely編集部が5日間ダイエットの効果を最大限高めるのにおすすめしているのが、全米で話題のダイエット飲料「コンブチャ」。

そのコンブチャの中でも、feely編集部は吉川ひなのさんや土屋アンナさんなどの芸能人が愛飲していることで話題の「コンブチャクレンズ」をおすすめしています。

コンブチャは「紅茶キノコ」のことで、紅茶または緑茶にスコビーと呼ばれる菌株を漬け込み発酵させた飲み物です。

スコビーが発酵する過程で豊富なポリフェノールや酵母、乳酸菌、酵素、ビタミンが生成されるので、コンブチャは高いダイエット効果があるんです。

「コンブチャクレンズ」は、コンブチャの高いダイエット効果に加え、200種類以上の酵素や4000憶個の乳酸菌、植物由来の食物繊維などを配合。

ダイエットに加え、「美」に徹底的にフォーカスしています。

さらに、コンブチャクレンズは飲みやすいマンゴー味。炭酸やミルクなど自分好みで割ってデザート感覚で飲めちゃいますよ!

甘いものが摂りたい、でも痩せたい…という方はぜひお試しください!

◆コンブチャクレンズ公式サイト:https://www.ce-parfait.com/kombucha/campaign/option02.html

KONBUCHA CLEANSE

◆feely編集部によるコンブチャクレンズの体験談はこちら

【口コミ・評判も】コンブチャクレンズの効果は嘘?実際に試してみた結果

まとめ

短期間で行うダイエットは多少厳しいものでも、短期間であることと明確な目標をもって実行するという2点から続けることが可能となっています。これが長期的なダイエットになると耐えられないものも多いのですが、短い間ならば気合いと根性で耐えられるのです。しかし、短期間で痩せるダイエットというのは短期間で元の戻ることも多いので、体重の変化には注意して置く必要があります。せっかく5日間頑張ったのに1週間程度で元に戻ってしまっては悲しすぎますので、ダイエットを辞めた後も糖質やカロリーには気をつけましょう。