ゴルフダイエットで痩せるコツ!

最近、男女共に若者の間でも人気があるゴルフは、どの世代からでもスタートすることができるスポーツの一つです。ゴルフは単純にホールを回ったり打ちっぱなしで練習するとともに、様々なダイエット効果もあるため非常に健康的でもあります。ゴルフの腕も上がり、且つ健康的にダイエットできるのは嬉しいポイントです。今回はゴルフダイエットで痩せるコツをご紹介いたします。

ゴルフダイエットとは

ゴルフでラウンドを歩くことは様々なメリットがあります。単純にラウンドを回ってレベルアップするだけでなく、効率的にダイエットをすることもできます。こちらからはゴルフによる様々なダイエット効果をご紹介いたします。

ラウンドを歩くことによってウォーキング効果がある

全18ホールをまわると、自分で思っている以上に歩いている距離が長いのです。いくら上級者でカートによく乗れたとしても、普段歩く距離よりもかなり長い距離を歩くことが多いです。場所によってはかなりアップダウンが激しい場所もあるので、少し歩くだけでかなり下半身の筋力を使います。ましてや、まだまだビギナーの方であればカートにも乘れず、ひたすら走り回ることが多くなります。これによって、かなりの下半身強化につながります。

打ちっぱなしや素振りでの引き締め効果

ゴルフスイングをすることにより、腕周りの引き締めだけでなく、腰回りの引き締め効果も期待することができます。ゴルフスイングをきれいにするには上半身だけでなく、腰や足といった下半身の筋力も必要になります。全身の筋肉を使用することにより、安定したショットや、飛距離アップを期待することができるのです。

筋トレが苦手な方は是非、素振りや打ちっぱなしでどんどんクラブを振り回しましょう。筋トレが苦手であっても、打ちっぱなしで練習や素振りをしているだけでも定期的にクラブを振っていれば勝手に筋力が追いついてきます。

単純な動きだけれどしっかりと体を使うスポーツ

ゴルフというスポーツは クラブを振る→移動する という動作の繰り返しになります。他のスポーツに比べて単純・単調です。しかし、単純であるが故に、一つの動作が非常に繊細なものとなっています。すこし当たり所やスイングの軌道に変化があっただけで、方向や起動がかなりブレてしまいます。体全体の筋肉をうまく使わないと、安定したスイングができないのです。

体全体でスイングできず、腕だけでスイングしてしまっている方は、特に打球が安定しなくなることで悩む方がおおくいらっしゃいます。腕だけでなく、下半身も友好的に使いしっかりと体全体を使えるように意識して練習してください。

効果を出すためには徒歩でラウンドを回る

ゴルフ上級者の方は自然と歩く距離が短くなるものです。うまく打てるのだから、打ったあとはすぐカートに乗れることが多くなります。そのため、上級者は必然とゴルフ場にいっても運動量が減ってしまうのです。歩く距離が短くなったと実感している方は、意識してカートから降りてみてはいかがでしょうか。多少の距離ならクラブをもって歩き、運動量を増やしスタミナ・筋力アップを図りましょう。

ゴルフダイエットで効果を出すコツ

こちらからは、ゴルフダイエットで効率よく効果を出すコツをご紹介いたします。効率の悪い方法を続けていても時間のムダですよね。どうせなら簡単に、そして楽しくゴルフを楽しみ、ダイエットしたいものです。

ラウンドがもっとも痩せる

一番運動できる方法となれば、ラウンドが一番痩せる道です。ラウンドすれば必然とスイング・歩く といった動作をしなければなりません。打ちっぱなしで練習しているだけでは歩くときに使う筋肉はどうしても使用されにくいものです。ゴルフ場に定期的に通い、そして歩くことで効率的に痩せやすい体を手に入れましょう。

ラウンド後の食事に気を付ける

たとえラウンドでたくさん歩き、スイングしたといっても、その後に暴飲暴食をしては元も子もありません。せっかく運動したのにオーバーカロリーを摂取しないように食生活を調整する必要があります。運動後にまず摂取すべきなのはプロテインです。プロテインには筋肉量を増やすだけでなく、新陳代謝を上げる効果が期待できます。新陳代謝を上げて効率的にダイエットしましょう。そして、筋肉量も増やせて一石二鳥ですよね。

プロテイン以外では鶏むね肉です。鶏むね肉はカロリーが少なく、たんぱく質を豊富に含んでいます。ゴルフでダメージを受けた全身の筋肉に効果が高く、筋肉の補修・強化を促進することができます。鶏のから揚げを食べる際も、モモ肉ではなくむね肉のから揚げがあれば、なるべく選ぶようにしましょう。

ラウンドに出ない日も筋トレやストレッチを心掛ける

トレーニングはラウンドに出る日や直前にするだけでは意味がありません。定期的に筋トレやストレッチを続けることで、脂肪を燃焼しやすい体づくりの土台を作るだけでなく、筋肉量をキープし続け、ケガしにくい体を手に入れることができます。特に、ある程度のストレッチは続けていないと体が硬くなってしまい、ケガのもとになるので注意してください。

筋トレに関しては、定期的に続けることにより脂肪を燃焼しやすい体をつくることが可能です。筋トレ・ストレッチを定期的に続けて脂肪を燃焼しやすい体をつくりましょう。

時間のある時には打ちっぱなしに行く

時間に余裕があるときは打ちっぱなしに行くように心がけましょう。少しでも練習をすることにより技術力アップだけでなく、筋トレ代わりにもなるので脂肪を燃焼しやすい体を作る基にもなります。仕事帰りや休日に少し時間ができたら、積極的にうちっぱなしに行くようにしましょう。

数十球打つだけでも定期的に続けることが大事です。間隔が空きすぎると、いくら練習をしっかりとしても上達しにくいものです。上達の近道はできるだけ短い間隔で練習しつづけることです。

ゴルフダイエットに役立つ体幹トレーニング

こちらからは、体幹トレーニングをすることによるメリットをご紹介いたします。ゴルフには体幹を鍛えることでスイングの軌道が安定し、打球のブレが少なくなります。これによってスコアアップを図ることができるので、素振りや打ちっぱなしだけでなく体幹トレーニングにも力を入れてみてはいかがでしょうか。

無駄のないスイングでカロリー消費が高くなる

体幹トレーニングを定期的におこなうことで、スイングの軌道が安定しやすくなります。安定しやすくなると無駄な力が抜けて体全体でスイングをすることが可能です。カロリー消費を促すには体全体を使うことが大事なポイントなのです。

スイングやショットの精度が上がる

体幹を鍛えることでスイング時に体のブレが少なくなります。体のブレが少なくなるとスイングやショットのブレも少なくなり、精度が上がります。ゴルフで難しいポイントの一つが、スイングやショットを安定させることです。いつでも、どんな時でも自身のスイング・ショットができるように体幹トレーニングを定期的に続けてみてはいかがでしょうか。

バランスを崩さずボールが打てる

体幹を鍛えることで、バランスを崩さずにボールが打てるようになります。ラウンドを回っている際に、必ずしも打ちやすい状況で打てるわけではありません。急斜面や狭い場所でスイングをする場面が必ずでてきます。そんなときにバランスを崩さずに打てるようにするには、体幹トレーニングを行うことです。

いくら平面でのスイングが安定していても、斜面でしっかりと打てなければスコアがいつまで経っても上がりません。安定しない場所でもナイスショットを打つことができれば、他者と差をつけることができるのです。

体幹を鍛えるとダイエット効果も高まりなおかつ上達する

体幹を鍛えると、新陳代謝を上げることにつながります。体幹は一長一短で鍛えられるものではありませんが、定期的にトレーニングを続けていれば必ず鍛えることができます。新陳代謝をあげることはスポーツをするためには欠かせない要素です。体幹を鍛えて効率よくダイエットをしてはいかがでしょうか。

まとめ

 

いかがでしたか。ゴルフは楽しむだけでなくダイエット効果が高いので、運動不足な方は積極的に打ちっぱなしやラウンドを回って、ゴルフを楽しみつつ効率良くダイエットをしてみてはいかがでしょうか。