ランニングの際の食事のタイミングと内容で痩せる!

ランニングは誰でも気軽にチャレンジできるダイエットの代表格です。誰でも気軽にチャレンジできるのですが、ただ走ればいいというものではありません。ランニングによるダイエットの効率を上げるには、ランニングのタイミングや必要な栄養素等、様々な条件が必要となります。是非、これからご紹介する内容を基に効率よくダイエットできるよう取り組んでみてはいかがでしょうか。今回はランニングの際の食事のタイミングと内容をご紹介いたします。

ランニングの際の食事のタイミング

ランニングダイエットをする際の食事に関する情報をご紹介します。ランニングに合わせて食事のタイミングを調整することで、効率よくダイエットをすることができるので、短期でなんとしても痩せたい方はこれからご紹介する内容を基にダイエットに取り組んみてください。

食後2時間ほどは走らない

ランニングのタイミングで重要なのは食後2時間後であることです。脂肪燃焼の効果が期待できるタイミングは空腹時です。空腹時に走ったほうが、食後すぐに運動するよりも効果が高くなります。また、走った直後は血糖値が急上昇するので運動後するに食事をすると吸収率も高くなってしまいます。食事をして少し時間が経ったときを狙うのが一番です。ダイエットを効率的に進めるのであれば、運動を食事に合わせるのではなく、食事を運動にうまく合わせるように調整しましょう。

食後時間が経ちすぎると低血糖になることもある

直前の食事から、明らかに食後時間が経った後にランニングをすると低血糖になる可能性が高くなります。ランニングはエネルギーをかなり消費するため糖分を多く消費します。そのため、空腹時に過度のランニングをすると低血糖で体調不良になってしまう可能性があるのです。

空腹時の運動を極力避けることにより、せっかくダイエットするために運動してるのに、体調不良になってしまわないように注意しましょう。

食後時間が経っている場合には糖分摂取を

食後から数時間経ってしまっている状態で激しい運動をすれば、糖分が足りていない状態で更に糖分を消費してしまうので、低血糖に陥ってしまう可能性があります。空腹状態のまま激しい運動をするのは非常に危険です。せめて運動をする前にはチョコレート等、糖分吸収率の高い食材を摂取してください。激しい運動を行う前には、空腹状態のままがんばらずに、かならずエネルギー摂取を心がけてください。

ランニングダイエットでも摂取したい栄養素

こちらからは、、ランニングダイエットをしている最中でも積極的に摂取したい栄養素をご紹介いたします。脂肪を単純に燃焼させるだけでなく、筋肉量増加・ダイエットに対して必要な栄養を把握することで、効率よくダイエットや筋力増加を促進させることが可能です。

どうせダイエットをがんばるのであれば、なるべく最短で効果を得たいものです。そのためには、ただがむしゃらにがんばるのではなく、栄養素や方法を研究し効率よくダイエットをしましょう。

貧血対策に鉄分補給

ランニングを定期的に続けていると、汗によって鉄分を失う量が多くなってしまいます。鉄分は本来、尿や皮膚・汗から失われてしまうものですが、ランニングを続けると更に失う機会が増えてしまいます。水分を補給するだけでなく、鉄分を豊富に含んだ食事を心がけることで貧血対策も心がけてください。

鉄分は汗をかくことで失われることが多いので、夏場は必然と鉄分不足に陥ってしまう可能性が高くなります。そして、鉄分を失い過ぎると持久力自体も低下してしまいます。鉄分が不足することで糖質をエネルギーに変換する能力が低下し、持久力の低下・筋力の低下が懸念されます。筋力アップ・ダイエットを効率よく行うには、ある程度の糖質が必要なのです。特に、エネルギーと持久力は密接にかかわっているので、糖質・たんぱく質をバランス良く摂取できるように食事内容を調整するようにしましょう。

筋肉を作るたんぱく質

たんぱく質は筋肉の疲労回復・筋力アップに欠かせない栄養素です。たんぱく質が不足していると新陳代謝が悪くなり、効率よくダイエットをすることができません。ダイエットを効率よくするにはたんぱく質・炭水化物をある程度摂取する必要があります。

特に、たんぱく質は筋肉を生成するうえで必須栄養素です。ある程度の筋肉量がないと、新陳代謝が促進されません。新陳代謝を促進するためにも筋トレ等で筋肉量はある程度キープする必要があります。ダイエットをするのに筋肉は必要ないと思ってる方がいるのですが、ある程度の筋肉がないと新陳代謝を促進することができません。栄養のバランスを意識しつつ、適度に筋トレも実施すると効果が期待できます。

疲労回復効果のあるクエン酸やビタミンC

レモンやお酢に多く含まれているクエン酸やビタミンCを積極的に摂取してください。クエン酸には疲労回復効果があるので、ランニング後の筋肉疲労に有効的です。ランニングで筋肉疲労が蓄積した後のケアも重要なのです。クエン酸とビタミンCを併せて摂取することで吸収率が上がります。

疲労が蓄積されていると、せっかくダイエットをがんばっていても続きにくいものです。クエン酸やビタミンCを積極的に摂取し、疲れにくい体を作ってどんどんランニングダイエットを行いましょう。

ランニングダイエット中の食事で気を付けること

こちらからは、ランニングダイエットを行う中で、食事に関しても気をつかう必要があります。食事のタイミングや栄養素、食事量をコントロールすることもダイエットには欠かせないポイントです。効率よくダイエットを行うためにも、食事内容にも気を配ってください。

一度の摂取カロリーは少し控えめに

脂肪燃焼に効く食べ物と飲み物とは?

いくら定期的にランニング続けたとしても、暴飲暴食をしては元も子もありません。そして、1日3食は維持してください。1日2食や1食になってしまうと、その1食毎に過剰に栄養を吸収しようと体が働いてしまいます。その中には本来、そこまで吸収する必要のないカロリーも過剰に摂取してしまう可能性があります。日々、規則的な食生活をキープし続けることが、ダイエットを成功する近道です。

そして、1食毎に摂取するカロリーも計算する必要があります。カレーや揚げ物に関しては糖質・カロリーを多く含んでいる可能性が非常にたかく、カロリーオーバーになる危険性があります。食事に含まれている糖質やカロリー・たんぱく質の量を計算しながら選ぶことにより、ダイエット効果を促進させやすい体づくりをすることが重要なのです。

食事の量は腹八分で

1食毎の食事量は満腹になるまで食べ続けるのではなく、腹八分目程度で抑えたほうがダイエットに関しては効果があります。そもそも、現代食で満腹まで食べ続けてしまうとカロリーオーバーになる可能性が高いのです。食事量はあくまで腹八分目に抑えることで、効率よくダイエットをできるように調整する必要があります。

栄養バランスを考えて食事をする

糖質・脂質等、栄養バランスを考えながら食事をすることも重要なポイントです。栄養が偏ってしまうと脂肪が効率よく燃焼されず、痩せにくい体になってしまいます。また、脂肪を効率よく燃焼するには各ビタミン・ミネラルが必要となるので、食事内容も考慮して食べることで、体の内側からダイエットしやすい体づくりをすることが大事なのです。

必要以上に脂肪を抜こうとしない

糖質制限中のおすすめ朝食レシピ

 

ダイエットを効率よくしたいからといって、過度に糖質・脂肪分を抜く必要はありません。脂肪を抜きすぎると、筋肉を燃焼してエネルギー生成を行ってしまう可能性があります。体内の糖質が不足していると、次は筋肉を燃焼してエネルギーを生成してしまうのです。せっかく鍛えた筋肉を燃焼材料に変換してしまっていては、いつまでたっても新陳代謝が上がらずダイエット効果を促進することが困難になります。

少し糖質を制限する

糖質を摂りすぎてしまうとカロリーオーバーとなり、ぜい肉に変換されてしまいます。運動をした後はご飯等、炭水化物をたべたくなるものですが、そこはグッとこらえましょう。

まとめ

いかがでしたか。ランニングダイエットを効率よくするには上記のポイントに気をつければ、スイスイとダイエット効果が来たいできる可能性があります。簡単にダイエットができるよう、がんばってください。