毎日のジョギングで痩せる!ジョギングの効果とおすすめの走り方

ジョギングは誰でも気軽にチャレンジできる運動の代名詞として挙がってくる項目です。しかし、ジョギングは自分との闘いになってしまうので長続きする人と続かない人が極端に分かれてしまいます。他には天気によって左右されるものなので、雨を機に続けなくなってしまった、という方も多いのではないでしょうか。

ジョギングを続けることで様々な効果があります。走り続けるため脂肪燃焼を期待できることは当然ですが、他にも様々なメリットがあるのです。これからご紹介する内容を基に、是非チャレンジしてみてはいかがでしょうか。今回は毎日のジョギングによる効果とおすすめの走り方をご紹介いたします。

毎日のジョギングで得られる効果

ジョギングを毎日続けていると、少なからずいくつかのメリットが発生します。ジョギングであれば一人で続けることが可能なので、天気以外には何も影響を受けないのがポイントです。条件としては、なるべく毎日走ることです。続けることでより一層、体のコンディション改善につながります。

ダイエット効果

 

ジョギングをする方に多い理由の一つに、ダイエット効果があります。ジョギングを続けることで脂肪を燃焼しやすい体づくりができます。ジョギングは全身運動になるので、まず全身の血行を促進することができます。そして、全身の血行を促進することで新陳代謝を活性化することができるのです。

新陳代謝が上がらないとダイエットの効率があがりません。ジョギングや水泳等、全身運動をすることがダイエットの一番の近道なのです。筋トレだけではあまり痩せられないことと、全身運動の違いがこの新陳代謝に関する条件なのです。自主トレやジムでがむしゃらにトレーニングをしても、自身の欲しい効果が得られなければ意味がありません。目的が「ダイエット」と明確化されているのであれば、まずはいかにして効率よくジョギングでダイエットができるかを研究する必要があります。

トレーニング効果

ジョギングは全身運動の一つです。全身運動の一つなので当然、筋トレと同様の効果も期待することができます。腕をある程度振るため、上半身の筋肉もある程度はつくのですが、特に下半身全体の筋トレとして効果が現れます。女性の悩みの一つに下半身太りが挙げられますが、ジョギングがまさに有効な手段の一つなのです。

スクワットをするのも一つなのですが、それだけでは太ももの筋肉を中心に引き締めることしかできません。ジョギングをする前にウォーミングアップとして筋トレをすることは非常に効果的です。しかし、スクワットしかしていない方はそれだけでは下半身全体を引き締めることができません。筋トレ+ジョギングが非常に効果的です。

ジョギングにより下半身の筋肉を有効的に活用し、理想の体に近づけるようチャレンジしてみてください。

規則正しい生活習慣が送れる

ジョギングを続けていると、帰宅後の動作が自然とジョギングを軸に考えるようになります。「〇〇時にいつも走ってるから、それまでに〇〇を済ませよう。ジョギング後は○○をしよう」といった考え方になっていきます。これにより、自然と規則正しい生活を送れるようになるのです。特にジョギングが楽しくなれば尚更、タイムスケジュールの基準がジョギングを基準に考えるようになります。

毎日続けたことによる達成感が得られる

ジョギングを根気強く続けていると、何かしらの効果が目に見えるようになります。体重が気になる方は少し体重が減ったり、下半身やウエストを引き締めたい方は、対象部位がしまって見えるようになったり、と効果が表れてきます。しかし、そのような効果を得るためには毎日続けなければなりません。数日続けただけではなかなか効果がでないのです。

必死に毎日続けていると、目に見えて達成感を味わえるようになります。これにより、更に努力しようという気持ちが生まれてきます。皆さん、がんばってランニングを続けてください。

毎日ジョギングをするのが難しい場合どうすればいい?

ジョギングは毎日続けることがベストなのですが、でもなかなか毎日続けることは難しいものです。確かに毎日続けるのは難しいものですが、無理して続かなくなるよりは、適度に感覚を空けて続けるというのも一つです。何よりも無理は禁物。無理をして心身ともにしんどい感覚を味わってしまうと、どうしても続かなくなってしまいます。こちらからは、毎日ジョギングを続けることが難しい場合の対応法をご紹介いたします。

一日おきにしてみる

毎日続けることがしんどい場合は、一日おきにしてみてはいかがでしょうか。まず毎日同じコースや時間帯を走っていると、どうしても飽きてしまいます。一日おきにすることで、ジョギングに対する苦痛をリフレッシュし、長期的に続けることが可能です。

可能であれば、ジョギングの日・筋トレの日と交互に設けると脂肪燃焼・筋力アップどちらも適度に取り入れることも可能です。自身にあったタイミングをキープすることが何よりも重要なのです。

平日のみにしてみる

「定期的にジョギングをがんばりたいが、土日は家でゆっくりのんびりと過ごしたい」という方は多くいらっしゃるのではないでしょうか。そんな方は平日だけジョギングをがんばり、土日は休養日としてバランス調整をしてはいかがでしょうか。平日だけ続けて土日はのんびり、とメリハリをつけることで長期的に続けることも可能です。

無理をすると体調を崩すこともあるので自分に合ったペースを見つける

いち早くダイエット効果やスリム化を実現したいからと言って、ハードなトレーニングを続けて体調を崩しては元も子もありません。あくまで自分のペースを把握し、無理のない範囲でジョギングやトレーニングを続けてください。無理をするとケガの一因にもなってしまうので、まずは自身の最適なペース配分を把握することです。

毎日のジョギングで痩せる効果を出すためのポイント

こちらからは、毎日のジョギングでより一層、痩せる効果を出すためのポイントをご紹介いたします。どうせジョギングをするのですから、ダイエットや筋トレ効果を効率よく得たいものです。

脂肪が燃焼するのは20分以降

体脂肪が燃焼するのは、運動を始めて20分以後と言われています。トレーニング内容にもよるのですが、ジョギングで脂肪燃焼を促進したい方はまず、ジョギングを20分以上続けて走るよう努力してください。20分以上経たないと効率よく脂肪が燃焼されないのです。20分走り続けることは非常に根気が必要ですが、何よりもダイエット効果を優先する方はタイマー等を活用してジョギングの時間を調整してください。

ジョギング前にスクワットなど筋トレをする

ジョギング前に効率UPを図る方法の一つとして、ジョギング前に筋トレをするという方法があります。特にスクワットといった下半身トレーニングを行うことで一層、効率のいいジョギングを行うことができます。ジョギング前に筋トレをすることで、対象部位に刺激を入れ、新陳代謝を促進することができます。新陳代謝が促進されれば脂肪燃焼率を高めることが可能で、結果的にダイエット効果をUPさせることが可能なのです。

続けるのが無理そうな場合にはスピードを落とす

毎日ジョギングを続けるのはさすがに厳しい…という方は、まず無理をせずスピードを落としてみてはいかがでしょうか。ジョギングで重要なことは、何よりも定期的に続けることです。何もハイペースで走り続ける必要はないのです。自身の体力や筋力に合わせてペース配分を調整してください。

朝でも夜でも毎日取り入れやすい時間に行う

ジョギングのメリットの一つとして、朝や夜といった時間帯を気にしなくていいことが挙げられます。夜に時間を作りにくい方は朝にジョギングをするのも一つです。

ジョギング後のアイシングでケガ予防

ジョギング後は必ずアイシングをしてください。ジョギング後すぐにアイシングをすることで、筋肉疲労の解消を促進することができます。ジョギングだけでなく、運動後は極力、アイシングを行うことで翌日以後の筋肉痛がグッと和らぎます。アイシングの方法としては、保冷剤で筋肉を冷やすのが一番簡単な方法です。

まとめ

いかがでしたか。ジョギングは根気強く毎日続けることがなによりも需要なポイントです。しかし、決して無理のない範囲で続けてください。どうしても続けにくい場合は自身のペースに合わせて調整し、続けることを優先してください。がんばって続けていれば、必ずダイエットや筋力アップ効果を期待することができます。ジョギング中に飽きない方法の一つとして、音楽を聴きながらジョギングをするという方法もいいのではないでしょうか。黙々と走り続けるよりは、音楽等で気分を紛らわすこともいい方法です。