夜ウォーキングの効果と注意点

ウォーキングは健康にも美容にも非常に効果的な運動です。特別なマシーンなども必要ないので、手軽に始めることができます。ウォーキングは、しっかりと毎日続けることで、効果を高めることができます。さらに、効果をアップさせたい場合には、夜にウォーキングを行うのが良いでしょう。夜ウォーキングの効果や、注意したいポイントなどをご紹介していくので、ウォーキングを始めたい人や、ウォーキングでさらに効果をアップさせたいという人はチェックしてみると良いでしょう。

夜にウォーキングする際の効果

働いている人や、子育て中の人は、夜に定期的に時間を作りやすいものです。夜のある程度決まった時間にウォーキングを毎日行うことで、より良い効果を感じることができます。夜ウォーキングによる効果を知ることで、ウォーキングをする時間にも意識することができるでしょう。

血流が良くなり疲れが取れる

夜ウォーキングを行うことで、血流が良くなります。血流が良くなると疲れも取れるので、一日の仕事の疲れなども癒すことができます。また、ウォーキングをすることで、気分転換にもなるので、仕事モードから自宅でのリラックスモードへの切り替えのタイミングにもなります。

肩こり解消

夜ウォーキングをすることで、血行が良くなるので肩こりの解消にも効果的です。肩こりで悩んでいる人の多くは、血行が悪く老廃物がたまってしまっている状態になっています。ウォーキングでは、腕を大きく振りながら歩くので、足だけでなく、腕やお腹への負担もかかる運動になります。

腕や背中の筋肉を使うことによって、肩の筋肉にも刺激をすることができるので、血行を良くすることができます。肩の筋肉を鍛えていくことによって、肩こりの解消にもつながります。

自律神経が整って快眠ができる

夜ウォーキングをすることで、自律神経が整って、快眠につながる効果があります。自律神経は、ストレスや疲労によって乱れてしまいます。ウォーキングは有酸素運動なので、しっかりと酸素を身体の中に取り込むことができます。しっかりとした呼吸をおこなうことで、自律神経を整えていくことができます。

寝る前の夜ウォーキングでは、睡眠前に自律神経を整えることができるので、そのまま快眠へとつながります。寝つきが悪いと感じている人や、眠りが浅いと感じている人は、一日30分でも良いので、ウォーキングを行ってみると良いでしょう。

夜ウォーキングと時間

夜ウォーキングは、効果的な面もありますが、適した時間があることも知っておきましょう。夜ウォーキングといっても、何時でも良いという訳ではないので注意が必要です。夜ウォーキングに適した時間を知ることで、よりウォーキングの効果を得ることができるでしょう。

夕食後1時間以上後に始める

夜ウォーキングをするタイミングの一つとして、夕食後1時間以上経過した後に始めるということです。夕食後1時間を過ぎたあたりでウォーキングをスタートすることで、夕食に摂取したカロリーを燃焼することができます。効果的にダイエット効果を得ることができるポイントでもあります。

寝る2時間前までに終わらせる

夜ウォーキングをすることで、夕食の摂取したカロリーを燃焼することができるだけでなく、血行を良くすることができるので、快眠につながっていきます。快眠効果を実感したい場合には、就寝時間の2時間前までにウォーキングを終わらせるようにしましょう。ウォーキング直後の身体は、脂肪が燃焼していたり、血流が良くなっていたりするので、興奮状態になっています。2時間程度のクールダウンタイムをとることで、快眠へつながります。

歩く時間は30分から1時間ほど

ダイエット効果を高めたいと思っていても、夜ウォーキングでは歩く時間を30分から1時間ほどにしておくほうが良いでしょう。夜ウォーキングは、長時間歩いていても、それに伴った高い効果を期待することはできません。短時間で集中して行うことで、効率よく高い効果を得ることができます。

また、夜に長時間のウォーキングを行ってしまうと、その分睡眠時間が短くなってしまいます。夜遅くまでウォーキングのために起きていると、生活リズムが乱れてしまうので、寝不足になってしまったり、疲れが取れにくくなってしまったりもします。無理をせずに短時間で毎日続けていくことが大切です。

朝でも夜でもダイエット効果は同じ

夜ウォーキングをスタートするときに、勘違いしている人が多いのが、夜ウォーキングの方がダイエット効果が高いと思っているということです。夜ウォーキングでは、夕食の摂取カロリーをウォーキングによって燃焼しているので、その分朝ウォーキングよりもダイエット効果が高くなります。しかし、実際には、朝でも夜でもダイエット効果に違いはほとんどありません。

ウォーキングは行う時間よりも、歩く時間やスピード、継続が効果を高めるポイントです。朝でも夜でもきちんと毎日続けることができる時間を選び、生活の負担にならないようにすることが大切です。ストレスを感じずに、生活リズムを乱すことなく続けることが、ウォーキングをきちんと続けることができるポイントです。

夜ウォーキングの注意点

夜ウォーキングにはメリットも沢山ありますが、注意したい点もいくつかあります。夜ウォーキングならではの危険な面もあるので、きちんと理解してトラブルを回避することができるように、対策をして行うようにしましょう。

防犯対策をする

夜ウォーキングで必要不可欠なことが、防犯対策です。特に女性の場合、夜に一人でウォーキングする時には、ウォーキングコースにも十分注意しましょう。交通量の少ない道や、人目に付きにくい場所では、トラブルに巻き込まれる可能性が高くなります。夜でも交通量がある道や、明るい場所を選んでおきましょう。

また、防犯ブザーやライトなども身を守るためのアイテムとして便利です。防犯対策をしていることが見てわかると、それだけで、トラブルに巻き込まれにくくなります。防犯ブザーは数千円で購入することが出来るものです。自分の身を守るアイテムとして、夜のウォーキングの際には身につけて行うようにしましょう。

交通事故予防のための対策をする

夜ウォーキングでは、周りが暗くなると車から歩行者が見えにくくなっていることもあります。夜ウォーキング中の交通事故は、意外と多いものです。大人だから大丈夫だと思っていたら大間違いです。大人でも、夜間の暗い道では車からは見えにくく、交通事故に巻き込まれてしまいます。

交通事故予防のために、夜ウォーキングには明るめの目立つカラーの洋服を着て行いましょう。黒やダークカラーの周りから見えにくいカラーは避けるようにしましょう。他にも反射テープや光るシューズなどを選んでおくのも良いでしょう。イヤホンなどもできるだけしないで、周囲の音に敏感に反応できるようにしておくことも大切です。

毎日続けるためのスケジュール管理をする

夜ウォーキングだけでなく、ウォーキングは毎日続けることで効果を得ることができます。夜ウォーキングでは、毎日続けるためのスケジュール管理をきちんとすることも大切です。仕事や学校などの予定を考えながら、自分がウォーキングに使える時間をきちんと考えることが、毎日続けていくためのコツです。

ライフスタイルにあわせて、ウォーキングの長さを調節したり、毎日続けられる時間を考えたりすることが大切です。ウォーキングのスケジュールを立てることで、自分のライフワークや無駄にしてしまっている時間を把握することができます。

まとめ

ライフスタイルをあまり変えずに、毎日続けやすい夜ウォーキングは、魅力的な効果を期待することができます。しかし、夜ウォーキングには、危険も伴います。トラブルに巻き込まれないように、注意することが大切です。トラブル予防の対策もきちんと理解して、安心してウォーキングをすることができるように、ウェアや持ち物などを揃えていくと良いでしょう。毎日、少しの時間ずつでも続けていくことで、健康面や美容面でも効果を発揮することができるので、自分のスケジュール管理もしっかりと行いましょう。