顔のたるみに効果的!顔ストレッチの効果と方法

顔のたるみは、加齢などの原因による筋力の低下によっておこります。顔のたるみは老けて見えるだけでなく、疲れて見えてしまったり、薄幸そうに見えてしまったり、デメリットがたくさんあります。少しでも若々しく、明るく元気な印象にするためにも、顔のたるみを解消するエクササイズをしてみると良いでしょう。少しの努力で、若々しい明るいお顔になれるでしょう。

顔ストレッチの効果

表情が明るくなる

お顔のストレッチをすることで、得られる効果で最も注目したいのが、表情が明るくなるということです。これは、顔のたるみがコンプレックスで、気持ちまで暗くなってしまっていたり、感情を表現することが苦手になってしまっていたりすることがあります。

また、顔のたるみの原因は、お顔にある表情筋の衰えからも起こります。表情筋が衰えてしまうことで、表情を作ることが難しくなってしまうので、喜怒哀楽を表情で表現しにくくなってしまいます。顔ストレッチを行うことで、表情筋を鍛えて、正しい表情を作ることができるようになると、表情が明るく豊かになってきます。

肌のツヤが良くなる

お肌のツヤは気になるものです。なかなか食事を変えたり、スキンケア用品を変えたりしてもツヤを出すことが難しいものです。お肌のツヤは血行を良くすることで、改善することもできます。お顔の血行を良くするためには、ストレッチを行うのが効果的です。お顔のストレッチをすることで、血行を良くすることができるので、お肌のツヤもアップします。

たるみが解消できる

お顔のストレッチで期待している効果として、たるみの解消があります。お顔のたるみは老けて見えてしまったり、苦労して見えてしまったりするので、できるだけ解消したいものです。お顔のたるみの原因は、お顔の筋肉の衰えにあります。ストレッチをすることで、お顔の筋肉を鍛えることで、たるみの解消につながります。

自律神経が整う

あまり知られていない効果の一つが、自律神経を整えることができるということです。理由はわからないけれど、イライラしてしまったり、不安になってしまったりしている場合には、自律神経が乱れている可能性があります。ストレスのたまった状態が続いていたり、生活リズムが崩れていたりすると、自律神経のバランスが崩れてしまいがちです。

自律神経を整えるためには、ストレスを解消したり、楽しい気持ちや嬉しい気持ちをアップさせたりすることが大切です。意識して笑顔になるようにすると、副交感神経が刺激されて自律神経を整える働きがあります。笑顔になるように、口角をアップさせる運動を行ったり、表情筋を鍛えたりするストレッチが大切です。

顔のたるみに効果のあるストレッチ

目の下のたるみに効果のあるストレッチ

目の下のたるみがあると、クマができてしまったり、暗く見えてしまったりします。クマがあったり、目の下が黒ずんでしまうと、疲れた印象を与えてしまったり、実年齢よりも老けて見えてしまったりします。

目の下のたるみに効果的なストレッチの方法は、まず、鏡を見ながらまぶしそうな感じで目を細めて、下まぶたを引き上げます。このとき目を閉じてはいけません。下まぶたに力を入れたまま10秒程度キープします。10秒キープしたら、力を抜いてリラックスします。これを5回程度繰り返し行います。毎日気が付いたときに続けていくことで、目の下の筋肉のストレッチになるので、たるみの解消に効果が出てきます。

ほほのたるみに効果のあるストレッチ

ほほがたるんでいると、ブルドックのようなフェイスラインになってしまいます。また口角が下がりがちになってしまうので、怒って見えてしまったり、不愛想な印象になってしまったりもします。

ほほのたるみに効果的なストレッチのやり方は、とても簡単です。まず「あいうえお」を一文字ずつ発音するようなイメージで、口を大きくしっかりと動かします。「あ」のときには口を大きく開いて5秒キープします。「い」のときには横に大きく開いて5秒キープします。このように「うえお」もそれぞれの口の形に大きく開いて5秒キープします。

他にも舌の上下左右運動も効果的です。目をしっかりと開いて舌を、上下、左右に20回ずつ動かします。慣れてきたら、舌を上から時計回り、反時計回りと、口の周りを回すようなイメージで動かしていきます。1分程度を目安にして行うことで、ほほのたるみやほうれい線の予防にもつながります。

口元のたるみに効果のあるストレッチ

口角が常に下がってしまっている状態は、口元のたるみが原因の場合が多いです。口元のたるみは、ほほのたるみにもつながっていくので、できるだけ早めに改善していきたいものです。口元のたるみの原因は、加齢による筋力の低下だけでなく、食事のときにあまり噛まない人や、口をよく閉じている人、への字口をする癖がある人などに多くみられます。

口元のたるみに効果のあるストレッチは、まず口を閉じて、右ほほに空気をめいっぱいためて膨らませます。お肌がしっかりと張っている状態で5秒キープします。左ほほも同じようにおこないます。唇には力を入れ過ぎないように意識して行いましょう。左右のほほが終わったら、上唇の裏にも空気を入れて5秒キープします。唇を巻き込んでしまうと、鼻の下にしっかりと空気が入らないので注意しましょう。下唇の下にも同じように空気を入れて5秒キープします。これを3セット繰り返し行います。

3セット完了したら、唇を閉じて5秒かけて小さく縮めていきます。このとき唇がつきださないように注意しましょう。自分の限界まで縮めたら5秒キープします。さらに唇を閉じた状態で、5秒かけてゆっくりと口角をあげていきます。口角が完全に上がった状態で5秒キープします。この2つのストレッチを5回繰り返し行います。5秒かけてストレッチを行い、5秒かけて普通の顔に戻していきます。ゆっくりと変化させていくことが、より効果的な方法になります。

顔ストレッチの注意点

効果が出るように毎日続ける

お顔のストレッチの効果をしっかりと出したいという場合には、毎日きちんと続けることが大切です。ストレッチは、とても面倒くさい場合もあります。しかし、自信をもってきちんと継続して行うことで、効果を感じることができます。

お顔のストレッチは、どれもコツをつかむと簡単なものばかりです。テレビを見ているタイミングなど、気が付いたときに繰り返し行うようにしましょう。毎日きちんと続けていくことが、お顔のストレッチで効果を得られる、とても大切な方法です。

数回に分けて一日に何回も行う

お顔のストレッチは、一気に行わなくても大丈夫なストレッチです。一日数回に分けて行いましょう。一気に行おうと思うと、ストレッチにかかる時間も長くなってしまうので、飽きてしまったり、ストレスを感じてしまったりもします。手が空いたタイミングや、気が付いたタイミングなど、自分のペースで良いので、一日に数回に分けて何回も行うことが大切です。こまめにしっかりと行うことで、よりお顔のストレッチ効果を高めることができるでしょう。

ゆっくりじんわりと行うようにする


お顔のストレッチのポイントは、ゆっくりじんわりと行うことです。お顔のたるみの原因でもある筋力の衰えを改善するためには、しっかりとお顔のストレッチ効果を出すことが大切です。まず、最も大切なのが、ゆっくりじんわりと行うということです。これは、決められたストレッチの方法を、一つ一つしっかりとカウントして、少し痛いと感じる位置でキープしておくことが大切です。

まとめ

お顔のたるみは、老けて見えたり、苦労してみえてしまったりなど、いろいろな印象を与えてしまいます。お顔のたるみの解消のためにも、空き時間を上手に使ったり、テレビを見ている時間などの時間を上手に使ったりして、お顔のストレッチを行うようにしましょう。お顔のストレッチをすることで、若々しく明るい雰囲気のお顔の雰囲気にすることもできので、気になっている人は試してみると良いでしょう。