開脚ストレッチで痩せた健康的な体を手に入れる!

最近、体の硬い方が非常に増えていることをご存知でしょうか。未成年の方であれば、部活等で体をある程度柔らかくしている方が多いと思うのですが、大人になった途端、意識しなけばストレッチを行う機会はほぼ無いものです。定期的にストレッチを行うことで様々な体調改善効果が期待できるのです。女性特有の悩みも解決することができるので、特に女性の方はどんどんストレッチに取り組んでみてはいかがでしょうか。今回は開脚ストレッチで痩せた健康的な体を手に入れる方法をご紹介いたします。

開脚ストレッチとその効果

こちらからは、開脚ストレッチによる主な効果をご紹介いたします。ストレッチをすることには、様々なメリットがあり定期的に続けることで更に効果がを期待・持続することができます。是非、体の硬い方はこれからご紹介する内容を参考にストレッチを始めてみてはいかがでしょうか。

毎日続けることで体の硬い人も開脚できるようになる

ストレッチは毎日続けなければ、なかなか体がやわらかくなりません。毎日コツコツと続けていれば、どんなに体が硬い人でも柔らかくなり、開脚もできるようになります。バレエや新体操の選手がしているような、ほぼ180度まで足を広げられるのも夢ではありません。

しかし、開脚ができるようになるには数か月だけではできません。本当に体が硬い方であれば1年以上かけて、徐々に体を柔らかくしていく必要があります。一長一短では体はやわらかくなりません。毎日コツコツとストレッチを続けることで柔らかい体を手に入れることができるのです。

続けることでダイエット効果が得られる

開脚ストレッチを毎日続けることで、体の硬い方も開脚ができるようになります。そして、開脚ストレッチを続けることで様々なダイエット効果も期待することができます。開脚ストレッチには下半身のむくみを改善する効果があります。

股関節にはリンパ腺があり、そのリンパ腺の流れが悪くなっているとむくみの原因になります。そこで、開脚ストレッチをつづけることで下半身の血流を促進させることができます。また、血流を促進させることで冷え性対策にも効果を発揮します。これも股関節のリンパ腺の流れをよくすることで、血行促進や老廃物の排出を助け、足先の冷え性対策にもなるというダイエットをしている方にはいいことばかりなのです。

リンパの流れが良くなる

股関節にはリンパ腺があります。首のリンパ腺と一緒で股関節のリンパ腺の流れをよくすることで様々なメリットがあります。リンパ腺の流れをよくすることで、下半身のむくみ解消や冷え性改善に効果が期待できます。リンパ腺の流れが悪い状態だと、血流の流れ全体にも影響を及ぼすので、むくみや冷え性以外にも体調不良の温床となってしまいます。健康な体を手に入れるためには、ストレッチ以外のことにも気を配る必要があるのです。

骨盤のゆがみも解消される

開脚ストレッチを続けることで、女性に重要な骨盤のゆがみ解消にも効果を発揮します。骨盤は日常生活でゆがむこともあり、また、出産によっても骨盤が歪んでしまうものです。日常生活であれば、よく足を組むクセのある人は骨盤が歪んでいる可能性があります。骨盤ストレッチを続けることで骨盤のゆがみも改善できるのはうれしいポイントです。

開脚ストレッチの方法

こちらからは、実際にどのようなストレッチ方法があるかご紹介いたします。開脚ストレッチにもいくつかの方法があり、色んな方法を試し効率的にストレッチを行ってください。ストレッチで重要なポイントとして、過度に負荷をかけすぎてはいけません。あくまで痛気持ちいい程度に抑えることです。あまりにも負担をかけすぎるとじん帯を損傷といったケガになってしまいます。

本来、ストレッチはケガを防ぐためにも行うので、そのストレッチで体を痛めてしまっては元も子もありません。力の加減には注意してください。

基本のストレッチと週替わりのストレッチがある

開脚ストレッチには基本のストレッチ・週替わりのストレッチの2種類を基本とします。まず、基本ストレッチとしてシコストレッチ・タオルストレッチをおこないます。

シコストレッチはつま先を外側に向け、足を大きく広げ膝を曲げながら体を低く落とします。シコをふむような形になればOKです。次に、両手を太ももの内側に置き体を上下に小刻みに揺らします。20回程度ゆらし続けてください。内太ももが伸びている感覚があればOKです。これならテレビを見ながらでもできるのでお手軽です。

つぎにタオルストレッチは体を仰向けに寝て、片足の裏にタオルをかけます。そして、タオルの両はしを持ちます。ひざを伸ばしたままグッとタオルを引っ張ってください。すると、膝の裏あたりの筋が伸びている感じがあればOKです。そのまま30秒ほどキープしてください。少しゆすりながら伸ばすと効果的です。

週替わりのストレッチは毎週変わる

次に、基本ストレッチに加えて行う週替わりストレッチをご紹介いたします。主に4種類のストレッチを1週ごとに行います。内容としては内ももストレッチ・壁ストレッチ・ドアストレッチ・カエルストレッチです。

内ももストレッチは、簡単に言えば伸脚です。準備体操でおこなう伸脚をする際に、曲げたほうの足内側に肘を固定し、肘でぐっと引っ張ると効果的です。これで伸びている方の足は裏側の筋が伸び、曲げている足は股関節の筋が伸びます。これを両方行うことで効率よくストレッチをおこなうことが可能です。

壁ストレッチは、まず開脚をした状態で壁に足を引っ付けます。その後、ゆっくりを体制を前方に傾け、徐々に両足を外側に広げます。股関節の筋を効率よく伸ばすことが可能です。壁があることで、自重だけでストレッチをするよりも効果が期待できます。足が閉じようとしても、壁がブレーキ代わりになるためストレッチを続けやすいのがポイントです。

カエルストレッチは、肩幅よりも少し大きく足を開き、膝を外側に向けながらしゃがみます。手は両足のかかと付近に置き、肘で足をグッと引っ張ります。そうすると、股関節が伸びている状態になります。気軽に股関節ストレッチでき、テレビを見ながらでもできるので続けやすいのではないでしょうか。

以上が週替わりのストレッチ一覧です。基本ストレッチと週替わりストレッチを行うことで股関節周辺の筋肉をやわらげて開脚ストレッチができるようになります。同じストレッチを続けていても飽きてしまうので、週替わりでメニューを切り替えれるのは嬉しいポイントです。開脚ができるようになるには股関節を伸ばしているだけではあまり効果がないのです。足の他の筋もストレッチで伸ばしほぐすことで開脚ができるようになります。

ほかにも目の疲れや肩こりを解消するストレッチもある

ストレッチは運動前や運動後だけするものだと思っていませんか。ストレッチには運動時のケガ防止だけでなく、目の疲れや肩こりを解消することができるストレッチもあるのです。特に目の疲れや肩こりは、デスクワークが多い方は疲れを感じているのではないでしょうか。

まず目のストレッチは寝る前に行います。目を閉じてまぶたのくぼみに人差し指・中指・薬指を軽く当て、5秒ほど押します。ジーンとした感覚が現れたら指を離し、このインターバルを数回続けます。これを続けることで翌日に持ち越されていた眼精疲労が解消できるようになるのです。非常にお手軽なのでチャレンジしやすいことも特徴です。他にも似たような目のストレッチが何種類もあるので、自身にあったストレッチを研究するのもいいのではないでしょうか。

次に肩のストレッチに関してですが、まずは肩甲骨を柔らかくするようにストレッチしていきましょう。肩甲骨をやわらかくすることで肩こりだけでなく、猫背など背中や肩以外の部位も改善することが可能です。肩甲骨のストレッチ方法ですが、オフィスでも簡単にできるストレッチをご紹介いたします。

いすに座った状態で背筋を伸ばします。次に、片方の腕を真下から後ろに少しずつ上げていきます。無理のない範囲までで大丈夫なので腕を上げて下さい。そして、限界まで上げた位置で手のひらを内、外と順番に捻ります。特に内側に捻った時に肩甲骨がストレッチされている感覚を実感できます。この動作を数回続けてください。

これであれば仕事中でもサッとストレッチをすることができるのでお手軽です。是非、同僚たちと一緒にストレッチを行ってみてはいかがでしょうか。皆でストレッチを広めていけば気兼ねなくストレッチをすることも可能になるのでいいと思います。

開脚ストレッチを続けることで得られるうれしい効果

こちらからは、開脚ストレッチを日々続けることで得られるメリットをご紹介いたします。ストレッチの効果を得るには毎日少しずつ続けていく必要があります。毎日続けるのはしんどいときもありますが、がんばって続けることでこれからご紹介するメリットが生まれるので、是非根気よく取り組んでみてください。特に女性にとっては非常にうれしいメリットがたくさんあります。

下半身太り解消

開脚ストレッチを続けることで、下半身のむくみ解消に効果が期待できます。むくみを解消できることから、女性の悩みの代表格でもある下半身太り解消にもつながります。下半身太りの原因として、単純に筋力不足でたるんでいるだけでなく、むくみも一因となっているのです。スクワットやランニングである程度、下半身を引き締めることは可能ですが、むくみの解消にはつながりにくいものです。開脚ストレッチを続けることでむくみ解消も行い、理想の体を手に入れましょう。

便秘解消

開脚ストレッチをすることで便秘解消効果も期待することができます。一見、開脚ストレッチと便秘解消は何もつながらないように見えますが、開脚ストレッチで股関節の血流改善を行うことで、腸の血流促進も効果を発揮し、便秘解消を期待することができるのです。女性にとって便秘は天敵ですが、開脚ストレッチで便秘も併せて解消できるのは嬉しいポイントです。

生理不順や生理痛の改善

 

開脚ストレッチで骨盤のゆがみを調整することで、生理不順や生理痛の改善を期待することができます。女性の悩みの一つとして生理不順・生理痛に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。薬である程度痛みや生理不順を改善することも可能ですが、薬を飲まずに改善することができるのです。生理不順を改善することで女性の体調不良を改善し、快適な毎日を過ごしてください。

体のアンチエイジング効果

開脚ストレッチでアンチエイジング効果が期待できるのは、特に女性には嬉しいポイントではないでしょうか。開脚ストレッチで生理不順や生理痛といった女性特有の悩みを改善することでホルモンバランス全体を改善することができます。これにより女性ホルモンの安定化が期待でき、アンチエイジングにつながるのです。開脚ストレッチで若返り効果も得て、男性を魅了してみてはいかがでしょうか。

リラックス効果

開脚ストレッチはなれれば痛みから気持ちいい感覚に変わります。それによりリラックス効果を得ることができます。ストレッチやヨガは昔からリラックス効果を得ることができることも人気の一つです。

実は男性も開脚ストレッチが必要

 

開脚ストレッチは女性だけでなく男性にも効果があるのです。男性に関してはデスクワークでの疲れや腰痛だけでなく、飲酒・ストレス等にもストレッチは効果があるので、そちらで期待することができます。これからご紹介するメリットを得るためにも、男性もがんばって開脚ストレッチにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

デスクワークで使える

デスクワークが続くと、どうしても体が硬くなってしまいます。そして、足を組むクセのある方は骨盤がゆがんでいる可能性が非常に高いのです。開脚ストレッチを行うことで骨盤のゆがみを改善することができます。男性でも骨盤がゆがんでしまうとスポーツ時にケガする一因になってしまう可能性や便秘等の症状が現れるので、是非開脚ストレッチをおこなってください。

腰痛

男性の悩みの一つとして、腰痛を挙げる方は多くいらっしゃいます。開脚ストレッチで骨盤や股関節のゆがみを修正することで、腰痛の改善にも効果が期待できます。しかし、腰痛を改善するには開脚ストレッチだけでは足りません。肩甲骨や背中のストレッチと併せて行うことで、腰痛の悩みを解消することが期待できます。

飲酒や喫煙による血行不良

開脚ストレッチで股関節や骨盤の血流を改善することができ、飲酒や喫煙で生じる血行不良を解消する効果を期待することができます。特に喫煙者は血流が悪くなってしまいます。それらを改善するためにも喫煙者や毎日お酒を飲んでいる方は血流をよくするため、開脚ストレッチをしてはいかがでしょうか。

仕事でのストレス

仕事でのストレッチは血流やホルモンバランスが崩れる一因です。開脚ストレッチをおこなうことで、股関節や太もものリンパ腺、血流を促進しストレスを少しでも解消してくだしあ。

まとめ

いかがでしたか。開脚ストレッチは女性だけでなく、男性にも大きな効果が期待できます。単純に開脚できるようになりたいから、という理由だけでなく健康な体を手に入れるためにも開脚ストレッチは重要な方法の一つです。是非、気軽に開脚ストレッチにチャレンジすることで健康な体を手に入れてはいかがでしょうか。テレビをみながらといった、ながら作業でも続けることで飽きることなく続けることが可能です。