大人の女性の分岐点!20代後半から考えたい見た目と中身

大人の女性は素敵ね、といった会話を耳にすることもあると思いますが、そもそも大人の女性とはいったいどのような女性のことを指しているのでしょうか。年齢が大人だと言っているのか、それとも雰囲気なのか、ファッションやいでたちなのか。気になり出したら止まりませんよね。ここでは、大人の女性の分岐点や20代後半から考えたい見た目や中身などについてお話しますから、少しでも気になった方はぜひ最後まで目を通してくださいね。

20代後半からは大人の女性の分岐点


「オトナの女っていったいいくつからなんだろう?」という些細な疑問を抱いたことがある方は少なくないと思います。女性なら誰しも一度はこうした疑問を抱えてしまうものですし、答えが見つからないまま悶々としているという方もおられるでしょう。一般的には20代後半からは大人の女性の分岐点と言われていますから、だいたいこれくらいの年齢からオトナの女性だと考えて問題ないと思います。

容姿より立ち振る舞い

大人の女性をイメージするときにまず容姿をイメージしてしまう方もおられるでしょう。ファッションなども含めた容姿、ビジュアルが大人な感じなのをオトナの女性と呼ぶんだと思っている方も少なくありませんが、容姿よりも大切なのは立ち居振る舞いです。どんなにオトナな女性の恰好をしていたとしても、その恰好で10代女子のような立ち居振る舞いだと周りからは引かれてしまいますよね。ちょっと想像するとわかると思いますが、やはりオトナの女性としてのそれなりの立ち居振る舞いが求められるようになります。

容姿より身だしなみ

身だしなみも大切です。若いうちは露出が激しい恰好や個性的なファッションに身を包みたくなるものですし、とにかくルックスを磨こうと躍起になってしまいがちです。それはそれで意識が高いわけですから良いのですが、オトナの女性は容姿よりも身だしなみに気を遣っています。実際、オトナな女性と呼ばれる方をよく見てみると身だしなみには相当気を遣っていることが理解できるでしょう。見た目云々ではなく身だしなみがピシッとしているからこそオトナな雰囲気漂う女性でいられるのです。

大人の女性のファッション

大人の女性のファッションにチャレンジしたい、と考えている方もおられるでしょうが、いったいどのようなファッションが大人のファッションなのか疑問という方もおられるでしょう。明確な定義やルールなどがあるわけではありませんが、ここでは一般的に大人の女性のファッションと言われる服装についてご紹介したいと思います。大人の女性を目指しているという方はまずファッションから取り入れてみるといいかもしれませんね。

控えめな露出なのにセクシー

若いうちはとにかく露出が多い=セクシーだと勘違いしてしまいます。肌をたくさん露出すればそれが色気だと勘違いしていますし、やたらと胸の谷間を強調した服装をチョイスしたり超がつくほどのミニスカートを穿くような方もいます。しかし、こうした露出が激しい服装は見ようによってはただただ下品に見えてしまいますし、大人な女性の恰好とは言えないでしょう。大人の女性はTPOも考えますし、いたずらに露出が激しい恰好をすることはありません。露出は控えめなのになぜかセクシー、それが大人の女性です。

露出が少ないのはセクシーとは言えないのでは?と思った方もおられるでしょうが、それはまだまだ感性が子供な証拠です。露出が多ければセクシー、少なければセクシーじゃないと考えるのは大人の女性とは言えませんし、まずはその考えを何とかしたほうがいいかもしれませんね。控え目の露出でも色気、セクシーさを演出することは十分可能ですし、アダルティな女性ほど上手に着こなしています。ぜひ参考にしてください。

清潔感のあるファッション

大人の女性は清潔感のあるファッションを心がけています。清潔感のあるファッションを心がけるとそれだけでルックスも爽やかで清らかになりますし、女性らしさもアピールできるでしょう。特にここでご紹介しているワンピースはシルエットもかなり女性らしいですし、清潔感を演出すると同時にアダルティでありながら少女っぽさも演出できています。落ち着きのある装いですし、一着はこのような服を持っておくとどこに行くにも重宝できますよ。

ネイルは上品に

最近ではけばけばしいネイルを好む女性も増えていますし、かなり凝ったネイルに仕上げている方もいます。人によって好みがありますからあまり言えませんが、ネイルは上品に仕上げたほうが大人っぽい女性にはみられるでしょう。特に、大人の女性を目指しているのならあまり派手派手しいネイルはおススメできません。あくまで上品に仕上げるのが大人の女性になるポイントです。また、ネイルだけに着目するのではなく全体のコーディネートに合わせることが大切ですからそこも覚えておきましょう。

清潔感のある香り

清潔感のある香で大人の女性を演出することも可能です。すれ違ったときにフワリと香る程度の香水は男女問わず好印象を与えることができるでしょうし、大人女性に一歩近づくポイントでもあります。人によってはたくさん香水をつけすぎてしまうこともありますが、これは逆効果になりますから注意しましょう。香水のつけすぎは周りに嫌悪感を抱かせてしまいます。また、香水の種類にも注意したほうが良いかもしれません。あまりスパイシーな香よりは若干甘さの残るような香のほうがおススメです。

ケアされた髪の毛

大人の女性で髪の毛をケアしていないという人はまずいません。大人の女性ならきちんと髪の毛はケアしていますから、普段から気を付けてしっかりケアしましょう。定期的に美容室でカットやカラーをするのはもちろん、日常的なヘアケアも怠らないでください。

大人の女性の立ち振る舞い

見た目をいくら繕っても大人の女性になることはできません。最初にもお伝えしたようにやはり立ち居振る舞いが大切です。そこで、ここでは大人の女性の立ち居振る舞いについてご紹介しますから、大人の女性に近づくためにぜひ参考にしてください。

マナーがある

大人の女性はマナーがあります。わきまえるときはきちんとわきまえていますし、マナー知らずなことをすることはありません。ビジネスにおいても最低限のマナーを理解していますし、これは大人の女性になるために絶対的に必要なことです。

落ち着いた話し方ができる

これも大人の女性になるには必須条件かもしれません。落ち着いた話し方ができるのは大人の女性と言えます。早口で一気にまくしたてるような話し方はたとえ子どもであっても敬遠されてしまいますから注意しましょう。伝えるべきことをきちんと落ち着いて伝えることができる女性が大人の女性というものです。一度自分の話し方を振り返ってみるといいかもしれません。

中身のある会話ができる


中身のない話を延々と繰り返してしまうのは子どもです。10代の女の子なら中身のない会話でもいいかもしれませんが、大人の女性ともなるとそうはいきません。中身のない会話をするような女性は到底大人とは言えないでしょうし、周りからも白い目で見られてしまうかもしれません。きちんと中身のある会話ができるように普段から心がける必要がありますし、頭の中で会話を組み立てて話せる訓練もしたほうが良いでしょう。

聞き上手

大人の女性は聞き上手です。自分からペラペラと話すのではなく、相手の話をじっくりと聞いて上手に相槌も打ってくれます。これができるようになるとかなり上級の大人の女性ですね。

気遣い上手

気遣いが上手な女性も大人です。周りをしっかり見ることができるということですし、きちんと気遣いしてくれる女性には大人っぽさを感じますよね。

相手のミスに寛容

相手がミスをしたときに声を荒らげて怒るようではまだまだ子どもです。大人の女性はそのようなことでは怒ったりしませんし、相手のミスにも寛容な姿勢を見せます。また、相手のミスを上手にフォローしてあげることもありますし、こうした姿が本当の大人の女性というものです。

読書を嗜む


大人の女性は読書も嗜みます。いつもスマホ片手に弄っているような女性ではなく、時にはゆっくり時間を作って読書でもしてみてはいかがでしょうか。本を読むことで心も落ち着きますしいろいろなことも学べます。

お酒に飲まれない

大人の女性はお酒に飲まれることはありません。飲んで乱れるようなことはありませんし、自分がどれくらい飲めるかもしっかり把握しています。これも大人の女性になるための条件かもしれませんね。

知的好奇心がある

知的好奇心が旺盛なのも大人の女性らしさではないでしょうか。あくまで知的好奇心という部分がポイントです。自分の知的な欲求を満たすために好奇心が旺盛で、いろいろなことを吸収しようとします。

自立している

大人の女性は自立しています。実家を離れて一人暮らししている方もいますし、実家で暮らしているとしても生活は自立していることがほとんどでしょう。大人の女性になるためには自立も絶対的に必要ですね。

家事ができる


大人の女性は自立していますから当然家事もできます。基本的な家事はあらかたできてしまいますし、いつでもお嫁にいけるくらいの女子力は保持しているでしょう。

まとめ

大人の女性についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。ここでご紹介した女性像のみが大人の女性ということではありませんが、一般的によく言われる大人の女性についてご紹介しました。20代も後半になると大人の女性になることを周りから求められることもあるでしょうから、これを機会に大人の女性を目指してみるというのも良いかもしれません。周りからもきっと違った目で見られるようになりますよ。