キスマークを首に付ける男性心理と対処法7選

キスマークを首に付ける男性心理。キスマークを綺麗に消す方法

首筋などにキスマークを付けられると、恥ずかしくて困りますよね。でも男性の中には、わざと目立つ場所にキスマークを付けたがる人もいます。

キスマークを付けられるのが嫌なら、はっきりと彼に伝えましょう。それでもやめてくれない場合は、どうして彼がキスマークを付けたがるのか分析し、対策を考えることも必要です。

  • キスマークに関する基礎知識
  • 首のキスマークが発見されると困る場所
  • 首のキスマークの消し方

を紹介します。

キスマークに関する基礎知識

キスマークから受ける印象は、セクシーでとても甘い雰囲気。キスマークを付けられても傷みはほとんど感じませんが、キスマークは単なる「あざ」です。まずはキスマークの意味を見ていきましょう。

キスマークは内出血のあざ

肌を強く吸われたり噛まれたりした時に付く内出血の跡が、キスマークです。イチャイチャしていて盛り上がりすぎた時など、知らない間に付いてしまうことも。

しかしお肌の露出した部分にキスマークを付けるのは、あまりいいことではありません。

キスマークは独占欲の証し

わざとキスマークを付ける男性の深層心理には、「彼女を自分だけのものにしたい」という強い欲求があります。キスマークを付けることで、誰にも彼女を奪われないようにしているのでしょう。

首筋やデコルテ、背中などにキスマークを付けることで、彼氏としての自分の存在をアピールしているのです。彼女にも「自分が恋人である」ということを認識させているのかもしれません。

キスマークを付ける男女の心理は?場所ごとの意味は?

キスマークが消えるまでの時間

一度付いたキスマークは、なかなか消えません。とくに色白の女性は皮膚が薄いので、赤くなったキスマークがとても目立ってしまいます。キスマークの程度にもよりますが、綺麗に消えるまでには1週間~10日位かかります。

首筋のキスマークが痛いのは内出血かも!悪化すると危険

皮膚を強く吸い上げることで、まれに血栓を作ってしまう危険性があります。とくに首には脳につながる血管がたくさん通っているので、なおさら注意が必要です。

滅多にないことですが、恐ろしいことにならないためにも、強引にキスマークを付けるのはやめた方がいいですね。

首のキスマークは目立ちやすい!こんな場所で発見されると困る

首筋にキスマークを付けられてしまうと、様々な場面で恥ずかしい思いをします。首筋のキスマークは、自分が思っている以上に目立つもの。

こんな場所では見つからないように注意しましょう。

首のキスマークが発見されると困る場所①職場

長い時間を過ごす場所である職場。首筋は常に表に出ている場所。ちょっとした時にチラリと見えてしまうので、社内全員の人に気付かれてしまう、ということもあります。

首のキスマークが発見されると困る場所②暑い時期

肌を露出させることの多い季節。首筋に付いたキスマークを隠したくても、厚着したりスカーフを巻いたりするわけにはいきません。夏場は薄着なので、どうしてもキスマークがバレやすくなります。

首のキスマークが発見されると困る場所③家族が集まっているとき

長い間生活を共にしてきた親や兄弟は、あなたの小さな変化にもすぐに反応します。もしもあなたの首筋にキスマークが付いていたら、家族の誰かが100%気付くでしょう。でも見付けてしまった方も照れくさいので、指摘することはなかなかできません。

首のキスマークが発見されると困る場所④合コン・同窓会

首筋にキスマークを付けたまま男女の集まる場所に行けば、いつも以上に注目されてしまいます。合コンや同窓会なら、なおさら目立ちますね。

とくに合コンのような異性との出会いの場で、首筋にキスマークが付いた人を見かけたら、誰だって違和感を感じるはずです。

首筋にキスマークがあるということは、深い関係の相手がいるということなので、距離を置かれてしまうのは当然です。

首のキスマークの消し方

大事な予定がある前日に、くっきりとしたキスマークを付けられてしまったら焦りますよね。キスマークを付けたままでは、周囲の人からネガティブな目で見られてしまいます。

どうしてもキスマークを隠したい場合には、きちんとした対処法があるので安心してください。ここで、キスマークを隠す方法を紹介します。

首のキスマークの消し方①メイクで消す

うっすらと軽めのキスマークなら、メイクで消すことが可能です。コンシーラーやリキッドタイプのファンデーションを濃いめに塗れば、キスマークは隠れるでしょう。自分のお肌になじむカラーを選ぶのがポイントです。

しかし、汗をかくとメイクが落ちてしまうのでウォータープルーフタイプを使用すれば安心ですよ。

首のキスマークの消し方②絆創膏を貼る

キスマークの範囲が小さければ、絆創膏で隠すことができます。でも少し不自然に見えてしまいますよね。念のため、誰かに「そこどうしたの?」と聞かてもすぐに答えられるように、理由を用意しておきましょう。

  • 間違ってカミソリで切ってしまった
  • 虫に刺された
  • ニキビができた

などの理由がおすすめです。

首のキスマークの消し方③スカーフを巻く

真夏でない限り、スカーフを巻いてキスマークを隠すのが一番です。キスマークに絆創膏を貼っておくと、さらに安心ですね。キスマークが付いていない時でも、ファッションとしてスカーフをとり入れるようにすれば、怪しまれることはありません。

他におすすめなのが、首筋が隠れるタートルネック。ノースリーブタイプなら夏でも着られるので、あると便利です。

首のキスマークの消し方④冷やす・温める

冷やしたり温めたりするのもいいでしょう。

<やり方>

  1. 保冷材や氷などでキスマークを冷やす。
  2. 蒸したタオルか、電子レンジで温めたタオルなどを使い、キスマークを温める。

首のキスマークの消し方⑤専用の軟膏を塗る

専用の軟膏を皮膚に塗る方法もありますが、力を入れてすり込まないように注意しましょう。必要以上に力を加えると、さらにキスマークが深く広がり、目立ってしまう場合があります。

首のキスマークの消し方⑥髪型で隠す

髪の毛が長い女性なら、首筋のキスマークをカバーすることができます。長時間になると、完璧に隠しきるのは難しいかもしれませんが、少しの間ならこの方法で乗りきれるはずです。

首のキスマークの消し方⑦言い訳でカバー

キスマークを付けられても気にせず、あえてそのままにしておく、という方法もあります。もちろん周りから指摘されることもあるので、それらしい理由を考えておくといいですね。キスマークではない、と言い切る自信がある方は、このやり方でいきましょう。

まとめ

意図せずに付いてしまったキスマークなら問題ありませんが、わざと付けられてしまう場合には注意が必要です。なぜなら、独占欲が強すぎることが原因でキスマークを付けたがる男性は、彼女を束縛する傾向があるからです。意図的にキスマークを付けようとする彼氏には、やめてもらうようにハッキリと伝えましょう。

キスマークが付いてしまっても大丈夫です。あせらずにうまく隠しましょう。

キスマークを上手につけるための4ステップ♡彼にあなただけの愛の印を残してみない?