幸薄女子ってどんな意味?顔立ち・性格の共通点

「なんだかいつも楽しくなさそう」「どうしてそんな自信がないの?」友人や家族からそんな風に言われてしまったことはありませんか?そんな言葉を言われると、開き直ってしまい「どうせ私なんか…」と自暴自棄になってしまっている方は少なくありません。しかしそれは、生まれ持った見た目や顔立ちだけで決めつけられている印象ではないのです。そんなあなたは自ら、幸薄女子になろうとしてしまっている可能性があるのです。今回はそんなあなたが自分から幸薄女子になってしまっているのかどうか、チェックできる詳しいポイントをご紹介していきます。ぜひチェックしてみてくださいね。

幸薄女子のイメージ

幸薄いの意味って?

具体的に、周りから「幸薄い」と判断されてしまう人には何点か共通点があると言えます。しかし、「幸薄い」の意味がわからなければ、どこを改善したらいいのかわからないですよね。一般的には初対面の人がその人がどんな人が判断する基準として顔立ちや見た目、服装から判断してしまうのは事実なのでそういったトータル的な部分を見て「幸運じゃなさそう」と思わせてしまったり「愛想がない」と感じさせてしまうことを幸薄いというのではないでしょうか。

幸薄女子は可愛くない?

しかし、幸薄い印象であるからといってその人が可愛くないという意味ではありません。顔立ちが整った、いわゆる「美人」にカテゴライズされる人であってもその人と会話した時の印象や、真顔でいる時の雰囲気などから「幸薄そう」と判断されることもしばしばあるのです。反対に、顔立ちが整っていない個性的な顔立ちをしている人であってもその人が持ち合わせているハッピーなオーラやおおらかで誰とでも気兼ねなく会話できるような人懐っこさがある人であれば、容姿に関係なく幸運そうだと思わせることもできるのです。

幸薄女子の顔立ちや見た目

不健康そうな色白

具体的に、周りから「幸薄い」と印象づけられる見た目的な部分があります。それは、少し不健康そうな色白肌の場合です。健康的な肉付きの良い色白と違い、たとえ体質であったとしても痩せて骨ばった印象の色白は見た目だけでは、不健康そうと思われてしまう場合が多く幸せそうであるとは見えないのかもしれません。

一つ一つの顔のパーツが小さい

外国人のように存在感のある顔のパーツを持っていたなら、こんな悩みは無縁なのかもしれませんがアジア人は特に顔のパーツが小さく構成されているのでそれだけでも「幸薄い」と思われてしまう場合が少なくありません。小さく小ぶりな顔立ちは目立ちにくいので、特に強く印象づけられる機会が少ないのも要因と言えるでしょう。かといって生まれ持った顔のパーツを変えることは整形手術でもしない限りはかないませんので、それをカバーできる対策を練る方がいいと言えます。

ノーメイクまたは薄いメイク

特に顔のパーツが小ぶりな人ほど、ノーメイクや薄いメイクでいることは禁物です。かといってゴテゴテで派手なメイクがいいのかと言われると一概には言えませんが、うまくメイクをすることで「幸薄い」顔立ちをカバーすることができるからです。例えば、血色をよく見せるためにチークを使用したり、パッと明るい印象を持たせるためにアイメイクを少しだけ濃くしてみたりするだけでも随分と周りの目は変わってくるでしょう。いずれもノーメイクの場合は、血色が悪く見えがちですので言葉選びや仕草にも注意が必要かもしれません。

猫背ぎみな姿勢

猫背気味な姿勢でいるだけでも「幸薄い」という印象はついてしまいます。なぜなら、猫背気味であるとどことなく疲れていて自信がないように見えてしまったり、落ち込んでいるような雰囲気を相手に植え付けてしまうからです。もし幸薄いという印象を周りから取り除きたいのであれば、歩くときは背を伸ばして胸を張って歩きましょう。誰かと一緒にいる時や外出先などでは特に姿勢に注意を払うことです。こうするだけでも、あなたの印象はガラリと変わります。

幸薄女子の性格

あまり笑わない

これは容姿端麗な方にも言えることですが、「あまり笑わない」ということは幸薄いとイコールになってしまうことが多々あります。特に、誰かと一緒にいる時に笑うことはその場が楽しいことを相手に印象付けると共に、一緒にいた相手に対してあなたが明るく朗らかな人であると印象づけることになります。あまり笑顔を見せないことは反対に、たとえ思っていなかったとしてもこの場が楽しくないことや機嫌が悪いことを相手に伝えてしまい悪い印象へとつながりかねないのです。

ネガティブな発言が目立つ

友人の何か嬉しい知らせや、楽しい出来事があった時など誰かと話題を共有する際にネガティブな発言をすることは、周りの空気を害すだけでなくあなたが「幸薄い」人間であると自ら公言しているようなものです。それは、ささいなことかもしれませんが聞いた相手にあなたが「心の余裕のない人間である」と印象づけてしまいます。何事もポジティブに受け止めることが何より大切ですが、あまり大人数な場で相手を中傷するような発言や自虐をするような発言を控えるようにすると良いでしょう。もし何かを発言する時は口角を上げるとともに、妬むような言葉ではなくポジティブな言葉選びをするように心がけましょう。

自分の考えを言わない

特に自分の意志を持たず、誰かから何か相談を持ちかけられたような場合であっても自分の考えを言わない人も「幸薄い」と認定されてしまいがちです。相談した人は頼っているにもかかわらず、ポジティブな考えを受け取れずあなたを頼りない人だったと後悔してしまうでしょう。また、大勢で個人の意見を聞く場合なども同様です。自分の意見をはっきりと主張できない人は誰かに流されていると思われてしまうかもしれません。決して強い自己主張でなくても構わないので、ふとした時に自分の考えをしっかりと言えるようにしておくことが大切かもしれませんね。

よく悩む

悩みがあることは、誰にでもあることです。しかし、もう既に結論が出ていることに対していつまでもネガティブな考えを巡らせていたり、くよくよ悩んでいることはよくありません。そういった考えは物事を悪循環へ導いてしまうだけではなく、顔や雰囲気にもその悩みが露出してきてしまいます。たとえ悩みがあったとしても、それが既に解決できていた場合などは「もう終わったこと!」と、ポジティブな考え方でいるようにしましょう。もしどうしても解決することができない悩みを抱えてしまった場合には、早めに家族や友人に相談して解決するなどしてなるべく自分の内側にネガティブな考えを巡らせぬように気を配るといいでしょう。

すぐに謝る

日本人は特に当てはまることかもしれませんが、何事に対しても謝るというのはあまり良くないことです。もちろん大事な友人に迷惑をかけた場合などは別ですが、本来ならば「どうもありがとう」というポジティブな言葉で済ませるべきシーンでも「ごめんなさい」というネガティブな言葉を使うことは相手に「幸薄い」と思わせてしまうだけではなく「自信がない人」という印象も植え付けてしまう場合があります。すぐに謝るのが癖になっているような人は、知らず知らずのうちに幸薄い人になってしまっているかもしれません。もう一度、自分が普段よく使う口癖なども見直してみるといいかもしれませんね。

まとめ

いかがだったでしょうか。なぜ自分が周りから「幸薄い」と思われてしまうのか、解決の糸口になっていたら幸いです。もしくは、直接誰かから言われたことはないものの読んでいるうちに、「私って幸薄女子かも?」と思ってしまった人は要注意です。もしかしたら知らず知らずのうちに誰かから「幸薄い」認定をされてしまっているかもしれません。