ズルい男の特徴10個と効果的な対処法

ズルい男の特徴10個と効果的な対処法

あなたはどのような人物像を思い浮かべて、その人をズルい男と感じますか?悪賢くて、無責任で、女泣かせ。無責任で自分が得をすることなら、人を出し抜く手段も問わない、と、あまり良い印象は持たないでしょう。今回はそんなズルい男の特徴や、付き合っていく上の対処方法をご紹介しましょう。

ズルい男と付き合うと損する理由

振り回される期間が長い

人間関係とは、良くも悪くも生きていくうえでは避けられないもので、時には振り回されたりすることもあるでしょう。それがズルい男と恋愛関係であるならば尚更の事です。ズルい男は自分の利益を中心に行動するので、それがどんなに大切な彼女相手であったとしても、付き合えば付き合うほど、一緒の居る時間の多くを振り回されることになるかもしれません。

傷つく結果が待っている

相手がどんなにズルい男でも、一度好きという気持ちが芽生えてしまったら、そんな彼でも大切にしようと思うでしょう。しかし、その恋愛は果たしていつまでも幸せでいられる恋愛となるでしょうか。もちろん、ズルい男相手でも上手に関係を保つことの出来るカップルは居るでしょう。ですが、関係を続けていくことで、彼のズルさに呆れたり、傷ついたりするなどの覚悟も持ち合わせないと難しいかもしれません。

ズルい男の特徴

話し上手

ズルい男はとにかく自己中心的な傾向があります。自分の利益や自分の幸せを一番に考えているので、ある意味芯のある性格をしています。なので、自己主張に関してはとても口が達者なため、喧嘩などであきらかに自分が悪い状況であっても、相手を言い負かせることが出来るほど話し上手な特徴があります。特に女性の扱いを心得ている場合が多く、そのトーク力に惹かれる女性も居れば、そのトーク力で上手く丸め込まれる女性も居るかもしれません。

人間観察が得意

ズルい男は勘が良く、人の性格を見抜く能力に長けています。特に、ズルいのにモテる男というものは頭が良い為、上手に女性を扱う事が出来るのです。ですから、女性と恋愛関係に持ち込むのもお手の物ですし、喧嘩になった場合は相手を落ち着かせる方法も心得ており、相手が別れたがっている雰囲気もしっかりキャッチすることが出来る為、それらを上手に回避することが出来ます。

下心で女性に優しくする

ズルさというものも、元々は下心から来ているものです。特に相手が女性であったなら恋愛関係での見返りを求めていることが多く、本心は隠し通して、逆にとても丁寧な対応をします。積極的に助けてくれたり、時にはプレゼントを贈られたりと、女性からすると悪い気もしませんし、その優しさに身をゆだねてしまいたくなる人も居るかもしれません。ですが、それは彼の下心というズルさである場合があるのです。

関係をあいまいにしたがる

ズルい男は彼女との関係をはっきりさせない傾向があります。それは何故かと言いますと、恋愛の面倒臭さを知っているからです。彼女にとっての彼氏という役割はどうしても縛られがちなもので、自分の幸せを一番に考えがちな彼にとっては、彼氏という役割をきっちりこなしたいとは思いません。自分のしたい恋愛だけを楽しみたいのがズルい男の本音ですので、そんな彼と付き合う事になると、曖昧な関係が続いてしまうかもしれません。

特定の彼女を作らない

彼女を作れば曖昧な関係で恋愛のおいしいところだけを楽しみますが、そもそも、もっと自由な恋愛を楽しむために敢えて特定の彼女を作らないといった男性も居るでしょう。特定の彼女を作ってしまうと、自分が彼氏という役割を担う事になり、自由な恋愛は出来なくなります。本来はそれが当たり前で、大切な人がひとり居れば幸せであるはずですが、欲張りなズルい男はもっと多くの女性と遊びたい願望があるため、特定の一人というものを作りたがらないケースがあります。

母性本能をくすぐるのがうまい

ズルい男はとにかく女性の心を操る事が得意です。そのずる賢さで簡単に女性を丸め込むことも出来ますし、そのズルさが露見した場合も、女性の母性本能をくすぐることによって上手に女性の心を揺さぶります。「駄目な男」は「私が彼をなんとかしなければならない」と女性に思わせる事が出来、その母性本能を操って、自分に都合よく依存させる事が出来るのです。

自分に甘い

そもそも自分に厳しい男性がずる賢くなるわけもなく、そのズルさは自分への甘さから来ていることもあります。自己中心的で、自分の利益や幸せをメインに行動しているため、自分を変えようとはしません。逆に相手を操ったり、利用したりする傾向もあり、その自分への甘さは日に日に増してしまう場合があるのです。

自分都合で考える

自分の利益になるのであれば、相手に優しくしたり尽くしたりも出来ますが、それは下心あっての話です。ズルい男の行動源は「自分」ですので、相手の為や思いやりで行動する事はほとんどありません。その行動はどれだけ自分に得をするのか、いい結果につながるのかを想定して行動していることがあるのです。

自分の間違いを認めない

基本的にズルい男は、どんな時でも自分が正しいと思っています。たとえ自分が浮気をしたとしても、自分に浮気をさせる彼女が悪いのだと思いますし、自分の失敗に対してもとにかくもっともな言い訳をします。ズルい男は口がとても達者なため、言い訳された側も「こっちが悪かったのかな」と思わされてしまうこともあり、彼のズルさに踊らされることもあるでしょう。

無責任

ズルい男は責任感がありません。仕事も恋愛も責任など重いものを背負う気はさらさらなく、やりたいことだけをやり、おいしいところだけを頂く、といった無責任な人物であることが多いのです。ある意味、とても自由な生き方で、一般の人よりもストレスを感じない日々を送っており羨ましく感じますが、その無責任な生き方をするには、周りの人が利用されるという事は覚えておいた方が良いでしょう。

ズルい男に隠された恋愛心理

男性

自由でいたい

恋愛は、少なからず彼女、彼氏、という関係で縛られます。他の異性と関係を持てば浮気となり、裏切り行為に値しますし、恋人という立場や役割も考えなくてはなりません。しかし、ズルい男はそうやって束縛される事を嫌がります。とても自分勝手ですが、恋愛も縛られる事なく自由に楽しみたいのです。そのため、好きな人が居ても特定の彼女とする気はなく、色んな女性と色んな恋愛を楽しもうとします。

承認欲求が強い

人に認められたい、注目を浴びたい、といった承認欲求は少なからず誰しも持っている欲求ですが、ズルい男はこの欲求が特に強いとされています。ズルい男の自己中心的な性格は、自分の揺るがない正しさに自信を持っており、そのことについて同意を求めがちです。自分の意見に同意されたり、称賛を浴びたり、好意を持たれたりする事を強く願っています。なのでそんな彼と付き合う女性は、自分の話を聞いてもらえなかったり、自分のせいにされたりと苦労が多いかもしれません。

下心を満たしたい

ズルい男の恋愛は下心から出来ていることが多いです。特定の彼女を作りたがらず、恋愛のおいしいところだけを楽しもうとしているため、とても自分勝手な恋愛をする傾向があります。そのため、誰かを愛したり、大切に想うような恋愛をするわけではなく、自分の利益を考えた恋愛をする為、ただ自分の下心を満たしたいだけのケースがあるのです。

ズルい男に騙されないための対処法

関係を明確にする

ズルい男の恋愛は「自由恋愛」です。そのため特定の彼女を作らなかったり、曖昧な関係を続けようとします。ですが、それを受け入れてしまうと相手の思うがままですから、ここはしっかりと自分たちの関係について話し合い、自分たちの立場を明確にすることが大切です。彼氏という立場を選んでくれたなら、他の女性と遊ばせないこと、そして彼氏という役割すら曖昧にしようとしたのであれば、その恋愛ごっこを終わらせる決断も必要でしょう。

必要に応じて反論する

話し上手で、喧嘩でさえも相手を言い負かせることの出来るズルい男であっても、簡単に言いなりにならないことが、ズルい男と付き合っていくうえでは重要な事でしょう。なんでも彼の言う事を肯定しつづけてしまうと、いつの間にか良いように利用されてしまう場合があります。時には必要に応じて反論することも大事です。受け入れられるところはそのままで、どうしても納得いかない場合は、反論されたとしてもきちんと相手に伝えるようにしましょう。

逆に翻弄する

ズルい男相手だと普段から振り回されることが多いかもしれませんが、それならば時にはこちら側から振り回してあげるのも良いでしょう。自分の思い通りにいかない想定外の行動で、彼の行動パターンを崩してあげるのも刺激となります。上手く利用しようたってそうはいかない、と時には逆に翻弄して、振り回される側の気持ちを教えてあげるのもいいでしょう。

距離を置く

どんなに愛している相手であっても、時間や距離を置く事で我に返ることが出来ます。冷静に考えればただ利用されていただけだった、騙されていたなど、今まで見えてこなかったものが見えるようにもなりますし、振り回されて疲れてしまった心も落ち着きを取り戻せるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。ズルい男と付き合っていくには、多少の忍耐と寛容さが必要です。苦労しやすい恋愛になりがちですが、女性の扱いがとても上手なため、どんなにズルい男でも心惹かれてしまう女性も多いでしょう。しかしズルい人が全て悪い人というわけではありません。そのずる賢さが彼の魅力である場合もあります。騙されてしまうような恋愛をしないためにも、相手がどんなタイプのズルさを持っているかをしっかり見極める事は大切です。