別れた彼氏と未練を断ち切る方法と復縁のテクニック

元カレと別れてから時間が経っているのに未練があったり、新しい彼氏が出来ても元カレが忘れられない、そんな悩みを持っている女性も少なくはないでしょう。悩みを解決するには、新しい恋の為に未練を断ち切るか、復縁を目指して頑張っていくかの2択です。前に進むか、元通りにするか、どちらに進んでも上手くいくように、それぞれの方法をご紹介していきたいと思います。

別れた彼氏は未練を断ち切るのが一番

思い出の品はすべて処分

未練を断ち切るには、まずは思い出から捨ててしまうのが良いでしょう。元カレからもらったプレゼントや、一緒に撮った写真、一緒に選んだ家具、はじめてのデートに着た服、など、元カレを連想させてしまうものを思い切って全て処分してしまうと良いでしょう。

視界に入る度に元彼を思い出してしまっては、いつまでたっても未練を断ち切ることは出来ません。新しい恋をすると決めたなら、元カレに関する思い出は必要ありません。勿体ない気持ちもあるかもしれませんが、前に進むために元カレとの思い出の品を処分してしまいましょう。

相手の連絡先は消す

元カレに未練があると、連絡先すらも消せずにいる女性も多いでしょう。ワンプッシュすればいつでも元カレに連絡できる状態に、まだ繋がっている安心感を感じてしまっていては前には進めないでしょう。

もう元カレを断ち切るんだと決めたなら、もう二度と連絡しない、と心に決める意味を込めて連絡先を消してしまいましょう。連絡手段さえなくなってしまえば、どれだけ未練があってももう連絡をとる事すら出来なくなるため、思い切って決断をするには大きな一手となるでしょう。

新たな出会いを見つける

恋人同士の時間が楽しいものであればあるほど、別れた時の喪失感は大きく、1人の時間がとても寂しく感じるものです。元カレにまだ未練があるならば尚の事、1人の時間をずっと元カレのことでいっぱいになってしまいがちです。そうならないためには、新しい恋をはじめるのが良いでしょう。

元カレの事を忘れさせてくれるような、元カレよりももっと良い人、というのは理想になりますが、元カレと比べてしまうのではなく、純粋に新しい出会いを見つけて寂しい気持ちを埋めることの出来る恋愛をしましょう。

別のことを頑張る

元カレに未練を持ってしまうと、四六時中元カレの事を考えてしまいがちです。そうなってしまってはいつまでも未練がましく苦しい日々が続いてしまうでしょう。

そんな時は、一度元カレではなく恋愛事から離れてしまうのが良いでしょう。人生は恋愛がすべてではありません。自分の得意な事や趣味に没頭して、元カレの事を頭から遠ざけることが大切です。仕事を頑張っても良いですし、やってみたかったことに挑戦してみたり、今まで元カレに費やしてきた時間を趣味に使ってあげても気分転換になるでしょう。

彼氏の嫌なところを書き出す

元カレに未練を感じてしまうのは、2人での思い出が優しいものであったり、愛しいものであったりするためです。ですが、そんな思い出の中にも嫌な事があったり、喧嘩したり、どこかに美談では済まされないエピソードがあった筈です。思い出だけではなく彼氏自身の嫌な所などを思い浮かべ、一度それらを書き出してみましょう。

そして書き出したものを読んで「別れることが出来て良かった」「こんな人と付き合ってたんだ」と楽観的に考えると良いでしょう。

別れた彼氏とどうしても復縁したいなら

復縁の可能性がある別れ方かを判断する

新しい恋をするよりも、やっぱり元カレと復縁したいと思ったのであれば、まずは復縁が可能かどうかを考えてみましょう。元カレとはどういう別れ方をしたのか、なぜ別れる事になってしまったのか、自分に非があった場合は何をどう直せばいいかをじっくり考え、復縁の可能性が少しでもあると感じたのであれば、もう二度と別れる事のないように努力する必要があるでしょう。

復縁のタイミングは半年後

復縁したいと思ったのであれば、すぐ行動したくなる人も居るかもしれませんが、少し待ってください。すぐに復縁出来るものであるならそもそも別れる事はなかったでしょう。別れた直後は「別れていたい」時期です。距離を置く時間は必要で、互いに冷静になって気持ちの整理が出来るよう、半年くらいは待ちましょう。

待っている間に相手に彼女が出来たらどうしようと焦る気持ちもあるかもしれません。しかし、だからといってすぐに連絡してしまえばかえってマイナスのイメージを抱かれてしまうかもしれないのです。

待ってる間は連絡しない

元カレと復縁したい、また楽しかったころに戻りたい、という気持ちがあるかもしれませんが、相手も同じことを思っていない限りは半年ほどの時間、距離を置く必要があります。もちろん会わないというだけではなく、電話もメールもLINEやSNSを使って連絡することもしてはいけません。

別れたいという気持ちがあったからこそ別れたのですから、相手の気持ちを無視してしまうのは逆効果です。寂しい気持ちがあるかもしれませんが、いつか連絡する時が来た時の為に自分磨きに時間を割くと良いでしょう。

相手の誕生日に連絡

復縁を狙って距離を置いていても、誕生日のような相手にとっての記念日に連絡をしてみるのもポイントです。別れた後もまだ誕生日を覚えていてくれた事を嬉しく思ってくれるかもしれません。

そこから友達として再びやり直すきっかけにもなりますし、プレゼントを渡したい、と会う口実にもなるかもしれません。別れた後なのであまりグイグイ行くことはお勧めできませんが、誕生日などの特別な日は、元カレ元カノとしてではなく、友人として祝ってあげると好印象が持てるでしょう。

きっかけを作って会う

復縁をするには黙っていても何も起きません。互いに復縁したいという気持ちがあるなら別ですが、連絡を待ったって意味もありませんし、外を歩いたって偶然会う可能性も少ないでしょう。ですから、ここはきっかけを作って会う必要がある状況を作りましょう。まずは元カレが嫌がらずに会ってくれるきっかけを考えてみてください。

「誕生日にプレゼントを渡したい」など特別感のあるきっかけも良いですし、「たまたま近くまで来たからお茶でもどう?」など軽い気持ちで誘ってみても良いかもしれません。

電話する

まだ会うのに時間が必要だと感じているなら、電話してみるのも良いかもしれません。「久々に声が聴きたくなって」と切り出して相手をドキっとさせるのも恋愛テクニックのひとつです。

それまでに連絡を一切とっていなかったなら互いに積もる話もあるでしょうし、その電話がやり直せるきっかけとなるかもしれません。

彼氏が見ているSNSで自分の写真をアップ

元カレと繋がっているSNSがあるなら、TLに自分の写真をアップして自分の存在をアピールしましょう。別れた後も自分磨きをし、ますます綺麗になっていく元カノを見て、ヤキモキさせることが出来れば脈ありです。

写真だけではなく実際に会いたいと思わせる事が出来れば復縁の可能性は大きいでしょう。

連絡先を変更して伝える

普段からあまり絡まない人でも、連絡先が変わればそれを伝えると思いますが、そのことを利用すれば、元カレと話をするきっかけにもなります。連絡したいけどきっかけがなくて困っているなら、メールアドレスやSNSのアカウントなどを敢えて変更し、それを伝えることでひとつの話題作りにもなるでしょう。

別れた彼氏を合コンに誘う

ただ遊びに誘うとなるとデートととらえられがちで、元カレに警戒されてしまうこともあるかもしれませんが、合コンなど複数人が集まるイベントを誘うなら、元カレも提案に乗りやすくなります。

元恋人と会う、となると本来ギクシャクしてしまう状態でも、みんなでわいわい楽しめるようなものであるなら、互いに楽しむことが出来ますし、久しぶりに会った相手に対しても笑顔で居れるためおすすめです。

まとめ

一緒に居た時間が幸せなものであればあるほど、別れた時の寂しさは辛いものであり、元カレに未練を抱くことも当たり前の感情でしょう。そのまま未練を乗り越えて新しい恋を探すのも前向きで良いですし、やっぱり忘れられないと言うのであれば、再び一緒に居られるように復縁に向けて努力していく必要があります。

どちらの道を選んでも、あなたが決して不幸にならないように、そして決して後悔のない未来を歩めるように、自分にとっての正しい選択をしてみてください。