酒癖悪い女と思われてない?特徴や行動まとめ

どんなに楽しいお酒の席でも、酒癖の悪さが露見してしまえば険悪なムードになってしまいます。お酒を呑んで、記憶が飛んでいたことはありませんか?周りの人がよそよそしくなっていたり、人間関係が変わっていたりはしていませんか?今回はそんな酒癖の悪い女性の特徴や行動について、詳しく追っていきましょう。

酒癖が悪い女性の特徴

普段の酒量は少なめ

酒癖が悪いのに、自分では全く気付いていない場合、飲み会などで飲みすぎて初めて自分の酒癖を知ったという方も居るかもしれません。普段から家でお酒を呑むことはあっても、一緒に飲む人が居なければそこまで量は飲まないため、ハメを外すような飲み方にはならないでしょう。

しかし、それが返って「自分はお酒に弱くない」と勘違いさせてしまうため、飲み会などの席で「少しくらい飲みすぎても平気」だと思ってしまうのです。

相手によって態度を変える

お酒に酔ってしまうと、人格が変わってしまう人が居ます。それは、お酒の効果で脳が麻痺し、理性や感情を抑える大脳新皮質という部分が麻痺することで、普段から抑えていた本来の人格が出てきてしまうからです。人付き合いの中で、本音だけを露にしていては人間関係は上手くいかないものですから、人はある程度本音を隠し、自分のキャラクターを守っています。

しかし、お酒で麻痺したことによって抑えていたものが外れてしまい、普段から人によって態度を変えていたり、キャラクターを作っていたことが露見してしまう場合があるのです。ですがこれらは誰もが心の奥底に眠らせているものですから、あまり責められないところです。

情緒不安定

普段から多くの悩みを抱えていたり、仕事や人間関係でのストレスなどでお酒に頼ってしまう方も少なくはありません。しかしそういう飲み方をすると、突然のように泣き出してしまったり、イライラしたり、寂しくなったりと情緒不安定になってしまうことがあります。

お酒の量が進むほど感情の沼に陥り、抜け出せなくなり、気づいたら周りにとても心配や迷惑をかけていた、ということもあり得るのです。普段の私生活のストレスをお酒で発散させている状態になってしまうため、そういう時はあまり人と呑まない方が良いのかもしれません。

甘え下手

普段から人に甘える事が苦手な女性は、お酒が入るとそれまでの感情を抑えきれなくなり、子供のようにベタベタと甘えだすことがあります。甘え下手というのは、普段から甘えることを我慢していたり、甘え方がわからなかったりしている場合があるため、お酒を呑んだことで麻痺した理性が爆発し、本来の甘えたがりな一面を見せてしまうのです。

甘え方によってはその姿を可愛いと思えることもあるかもしれませんが、あまりにも幼稚な甘え方やだらしない姿を人に見せてしまうのはマイナスポイントになるでしょう。

豪快なキャラクター

女性は女優だという言葉があるように、本来の自分を隠して理想の自分を作ることが出来ます。普段は女優張りの豪快なキャラクターを演じていても、実は弱かったり、自信がなかったりしているのをただひたすらに隠しているだけだった場合、お酒の席でその素の姿が出てきてしまうことがあります。

いつもと180度違う自分を見て、周りからは「今まで無理していたんだな」と思われてしまうかもしれません。

寂しがり屋

酒癖が悪い女性に多いのが寂しがり屋です。1人で居るのが寂しいと感じやすい女性は、人が集まるお酒の場に行きたがります。また、恋人が居ない場合は出会いを求めていることもあり、出会いが転がりやすい酒場やバーに行きやすいのです。

寂しい時間を埋めるために飲みにいくため、1人になりたくない気持ちがいつまでもお酒を飲ませてしまい、次第に周囲に酒癖の悪さを露にしてしまうケースがあるのです。

自制心がない

お酒は、少量なら楽しく呑めるものです。しかし、あと一杯、やっぱりまた一杯、と自制心が効かない場合、我慢できずにどんどんお酒が進んでしまい醜態をさらす羽目になることもあります。お酒だけではなく、何事も「しすぎ」はよくありません。自分の酒癖を解っているなら尚更のこと、自分が呑んでも平気なお酒の量をしっかり理解し、自制心をもって楽しくお酒を呑みましょう。

お酒の場で周囲から嫌われる行動

元カレの話

お酒に酔うと本音が出てしまうものですが、本当の自分を見せてしまうだけでなく、自分の身に起きた過去まで露見してしまう場合があります。特に元カレの話をしてしまう女性は多く、友達の前ならまだしも、今の彼氏の前で元カレの話を延々とされてしまっては「まだ未練があるのかな」と思われても仕方ありません。

折角の2人の時間なのに過去の男性の話をされてしまうのは、彼氏にとっても不愉快なもので、そのお酒の席が原因で別れてしまうというケースも珍しくはないのです。

不倫の話

お酒が入ると大胆になる女性も多く、不倫の話を持ち掛けてしまう酒癖の方も居ます。よく、浮気や不倫の原因が「お酒に酔った勢い」というのは聞くと思います。当然裏切り行為ですから、浮気も不倫もしてはいけないことですが、お酒によって麻痺された理性や感情を抑えるものがなくなると、そういった危ない橋を渡ろうとしてしまう女性もいるのです。

自慢話

お酒が入ると自慢話をしたくなってしまう女性も居ます。そもそも自慢話は、楽しく聞ける人も居れば、他人の自慢話なんてつまらないし面倒だと思っている男性は多いです。

中でも「すごいね」と褒め言葉をかけてあげるまで延々と自慢話を続ける女性には見苦しさを感じるもので、付き合い方を考えさせられてしまいます。あまりにもしつこく自慢話をしていると、もう飲みに誘いたくないと思われてしまうかもしれません。

説教くさくなる

お酒が入ると説教くさくなってしまう人もよく見ると思います。普段からプライドが高かったり、人を見下してしまうタイプに多く見られ、普段抑えていたそれらの感情がお酒に酔って解き放たれてしまうのが原因です。

普段から我慢していたこと、気になっていたこと、気に食わなかったことなどをべらべらと喋ってしまい、周りからは面倒くさい女性と思われてしまうでしょう。

店員への態度の悪化

楽しいお酒の席で、呑めば呑むほど気分はハイになっていきます。しかし、そういう楽しい時に水を差されると面白くなくなる女性も居ます。たとえば、店員がお酒を持ってくるのが遅かったりすると「早くして」と店員に怒ったり、自分は客だという立場で店員に無理なお願いをしたりと、一緒に飲んでいる人ではなく、店員に酷い態度を見せてしまうケースもあります。

当然、このような女性に好印象を持つ人は居ませんし、あまりにも酷い絡み方をするとお店を出禁になることもあるので注意が必要でしょう。

攻撃的な発言

普段から大人しくて優しい女性であったとしても、お酒が入って攻撃的な一面を見せてしまえば、今までの素敵なイメージもガラガラと崩れ去ってしまいます。酔ってしまった姿は、理性を解き放った本当の姿なわけですから、どれだけ可愛い女性であったとしても、本性はこんなにも攻撃的な人なのだと思われてしまいます。

相手が恋人であったなら別れる原因にもなってしまいますし、仕事仲間や部下相手だった場合は嫌われてしまう原因にもなってしまうでしょう。

べたべた甘える

普段から大人しく、男性経験も少ない女性であったとしても、お酒で理性を抑えつけるものがなくなると、人が変わったように男性にベタベタと甘えてしまう女性も居ます。見方によっては可愛い一面ではありますが、あまりにもしつこく甘えてきたりされるとうんざりしてしまいます。

相手が彼女のいる男性であった場合は非常に困らせてしまうでしょう。また、ガードが緩い女性だと思われてしまい、そのまま遊ばれてしまうケースもあるため、注意が必要です。

床や道に寝転ぶ

お酒が入りすぎると、人格が変わったり、口調が変わったりしますが、体にも変化が起きる事があります。酔っ払いのイメージとして、フラフラ歩いていたりする姿は想像できると思いますが、そもそも立てないほど呑んでしまうと、そのまま床や道に寝転んでしまい、周囲に迷惑をかけてしまう事があります。

これほど呑んでいる場合はその時の記憶がないケースが多く、床や道を家のベッドと勘違いしていたりと、正常な思考はしていないでしょう。

みだらになる

お酒で大胆になってしまうと、ベタベタと甘えてきたり、激しいボディタッチをしたりした後、最終的にみだらな行為を求めてしまう女性も居ます。男性にとって、スキを見せてくれる女性は魅力的だと思う人も居ますが、あまりにもグイグイ求めてくると、誰にでも体を許すだらしのない女性だと思われてしまうでしょう。

また、酔いから覚めたら知らない人と寝ていた、不倫してしまっていた、など大事になってしまう場合もあるのです。

まとめ

お酒は飲んでも呑まれるなと言いますが、全く持ってその通りです。お酒は少量で十分楽しめるものです。自分の酒癖を知っているなら尚更、自制心をしっかりもってお酒を楽しむことが大切でしょう。