人として好きって何?見極め方や恋愛感情に発展させる方法

好きな人に「人として好き」と言われたことはありませんか?好意であることには変わりありませんが、これでは遠回しに「恋愛相手としては見ていない」と振られた気持ちになってしまいますよね。

しかし、友達としてはとても好意を持ってもらえている証拠ですので、諦めるのはまだ早いのです。今回は「人として好き」という心理と、「恋愛感情で好き」に発展させる方法をご紹介していこうと思います。

人として好きって?

友達以上だけど恋人ではない

友達としては最高に良い関係を築いているけれど、恋人にしたいかと聞かれればしっくりこなかったり、友達以外は考えられないという時に「人として好き」という感情は出てきます。友達としての付き合い方が長ければ長いほど、それ以上の感情に違和感を持ってしまうことがあり、もし、恋人になった時のことを想像しようとしても、付き合い方が変わらない、解らない、といった壁にぶつかることもあるのです。

だからといって今の関係を壊したいわけではなく、「人として好き」と伝える理由は、恋愛ではないけど「好意は持っている」ということをアピールしたいからなのです。今は恋人未満の関係ではありますが、友達以上という立ち位置は、あと一歩で恋愛感情にもなりえます。「人と好き」の感情は、ちょっとしたキッカケで恋愛関係に発展する事もあるかもしれないのです。

楽な付き合いをしたい

恋愛は言ってしまえばとても面倒なものです。恋愛は一人でするものではなく、相手の気持ちに寄り添ったり、支えたり、意識したり。デートでエスコートしたり、誕生日などの記念日にはプレゼントをしたり、異性の友達と遊ぶのを控えなくてはいけなかったりなど、「恋人」という役割が与えられることによって、やらなくてはいけないこと、我慢しなくてはいけないことが山ほど出てきます。

そういったものを面倒だと思う方も多く、特に男性はそういった恋愛の面で努力しなくてはいけないシーンが多い為、好きな時に連絡し、好きな時に気軽に遊べるような、そんな友達関係で居た方が楽だという考えを持つ人も居り、あえて付き合うのではなく友達でいたがる場合もあるのです。

同性のような意識

友達としての関係や絆を深めすぎると、男性や女性といった性別の壁を越えてしまい、異性として見られなくなってしまう場合もあります。特に普段から男性と同等の立場で話す女性や、ボーイッシュな女性に多く見られ、同性と一緒に居るような感覚を持たれているかもしれません。

当然そのままでは恋愛に発展する事は難しく、「良い友達」止まりになってしまうため、時には自分の女性らしさを見せて、相手の男性をドキドキさせる事も意識すると良いでしょう。

遠回しな断り方

「人として好き」と伝えるということは、一種の好意である事がほとんどですが、中には遠回しに恋愛関係を断っている場合があります。振られる方もとても辛いですが、振る方もとても複雑な気持ちがあり、今の友達としての関係すら壊れてしまう可能性を考え、相手を傷つけない断り方をしようとすることがあります。

特によく遊ぶ相手であったり、職場でよく会う相手だったり、これからも付き合っていく予定がある相手ならば、この先気まずくならないように「人としては好きだけど」と断る事もあるのです。

人として好きを見極めることはできる?

相手からキスしたいと言われたか

キスをする時、人は無意識に相手のDNAの遺伝子を調べています。キスでお互いの遺伝子を確認し、相手と子孫を残せるかどうかを判断しているのです。つまり、「キスしたい」という場合はDNAレベルで相手を異性として好きだということであり、その場合は「恋愛感情として好き」であることになります。

しかし、逆に「キスはしたくない」という場合は、好意は持たれているものの、残念ながらその言葉の通り「人として好き」であるということになります。

相手から触れられることはあるか

さりげないボディタッチにも、相手の感情が見え隠れする時があります。そもそもなぜ人に触れたくなるのか、それは相手に下心があったり、自分を意識してほしかったりする感情からくるもので、つまりは恋愛的な好意を持っているということになります。

さりげなく肩を叩かれるとかではなく、頭を撫でられたり、手を繋いだりといったボディタッチをされたことがあるのなら、それは恋愛感情で好きである可能性が高いでしょう。

頻繁に連絡が来るか

好意を持っていれば、いつでもどこかで繋がっていたいものです。友達であるならば、好きな時に連絡し、好きな時に遊び、自由な関係を続けられますが、恋愛相手として意識している場合は、その頻度も多くなり、頻繁に連絡が来ることもあるでしょう。

好意を持っていない人にわざわざ頻繁に連絡することはほとんどなく、自分の貴重な時間を相手に割いているわけですから、ここは脈ありと見ても良いかもしれません。

恋愛感情に変えるには

急がず距離を置く

今は恋愛関係でなくとも、「人として好き」であるというなら、2人の関係は少なからずとも好意を持ちあっている良い関係です。ですから今は焦って結論を急がずに、一度距離を置いて相手のことと、自分の気持ちを見つめ直してみましょう。

距離を置いたことで自分自身の好きという気持ちが「人として」か「恋愛対象として」かをしっかり理解する事も出来ますし、相手も距離を置かれてしまうと距離を詰めようとしてきてくれるかもしれません。

食事に誘ってみる

たまには、他の友達や仲間から離れ、2人きりで食事に行くのも良いでしょう。デートでも食事というものは王道で、最初こそ恋愛感情はなくとも好意を持った相手であるなら、一緒に美味しいものを好意を持った相手と食べることによって、幸福度がグンとあがります。

そうすることによって「この人と一緒に居ると幸せだ」と感じさせることが出来るのです。食事に誘ってみて相手が楽しそうにしていたのであれば、また次も誘い合い、2人の関係を発展させていくと良いでしょう。

共通の趣味を探す

趣味の合う人とは自然と仲良くできるものです。共通の趣味があると話題も広がりますし、趣味によっては一緒に過ごす時間も増やすことが出来ます。相手とは「気が合う」と思い合う事も出来、二人の距離を縮める方法としてはとても効果が期待できるでしょう。

特に、ゲームや映画鑑賞など、一緒に遊んだり見たりできる趣味や、天体観測などの趣味はロマンチックなデートが出来る為、2人の関係が恋愛関係に発展しやすくなるかもしれません。

自分磨き

相手にとって自分が「人として好き」で止まっているならば、自分磨きをして素敵な女性だと思わせることも大切なポイントです。特に異性として見られていない女性であるならば、内面の女性らしさや、外見の美しさを磨くことで、そのギャップで相手をドキドキさせることも出来るでしょう。

また、自分磨きの結果ももちろん大事ですが、自分磨きをしている「努力」に対して「頑張り屋さんなんだな」と好感をもってもらえる事もあります。

まとめ

「人として好き」という感情は、決して恋愛対象としての脈がないというわけではありません。どういう意味があろうとも「好き」という気持ちは好意なわけですから、そこから進展するための道はきちんと用意されています。しかし今のままではいつまでたっても大切な友達どまりである可能性は高い為、時に距離を置き、時に積極的にデートに誘い、そして女性としての自分を磨いて振り向いてもらえるよう行動してみると良いでしょう。案外、相手が自分の気持ちに気づいていないだけで、心の奥底ではあなたを意識しているかもしれません。ですから、人として好きと言われても諦めず、前向きになることが大切です。