彼氏いるの?と尋ねる男性心理とモテ回答

彼氏いるの?と尋ねる男性心理とモテ回答

あなたは男性に「彼氏いるの?」と聞かれたことはないでしょうか。そして、なぜそんなことを聞くのだろうと不思議に思ったことはありませんか?今回は、男性に彼氏がいるのかを聞かれた時、どう答えるのがベストか、そしてその時の男性の心理についてをお話していこうと思います。

「彼氏いるの?」と尋ねる男性心理

本当に好き

何気なく女性に質問しているようで、実は相手の事を本当に好きで、自分にチャンスがあるかを確認していることがあります。「彼氏がいるかどうか」の質問は、相手の女性を勘違いさせてしまうことがあるため、本当に好きな人にしか質問はしない、という男性は多いのです。そもそも好きでもない女性に彼氏がいるかどうかなんて興味が湧くことはあまりないため、話の流れだったり、ただ純粋な興味でなかったりするなら、彼氏の有無は本命の人にしか質問しないのです。

彼氏がいる雰囲気の確認

恋愛感情というよりはただただ興味があって聞いている場合もあります。その女性の予定がいつも埋まっていて自分の誘いをよく断ったりされると、「彼氏が居るのかな?」と思い聞いている場合があります。よく遊ぶ男友達に聞かれたなら「彼氏が居るなら邪魔しないようにしないと」と、相手の為を思って確認している事もあるのです。もちろん、そこに恋愛感情が全くないケースだけではなく、相手にあきらかに彼氏がいる雰囲気を感じ取り、不安になって聞いてしまう男性も居るでしょう。

彼氏がいないなら狙う

相手の女性に少なからず好意を持っている場合は、彼氏が居ないと回答されたらチャンスをものにしようとする男性も居ます。この場合は少しでも「付き合えたら良いな」という感情を持っており、まだ完全に恋をしている状態でない事が多いです。そのため、彼氏が居るか居ないかの回答次第で、その女性とこれから恋をしようか諦めようか、まだ迷っている段階であることがあります。ですから、この時点では「あわよくば」という欲ですので、本気で恋しているとは言えないところが注意点です。

反応から脈ありか伺う

彼氏がいるかいないか、その解答の仕方や反応で、相手の気持ちを探ろうとする男性も居ます。普段からよく一緒に遊んだり、一緒にいる時間が多い場合に多い心理で、今の自分たちの立場を友達以上に感じており、相手が自分の事をどう思っているのかを遠回しに聞いてきている可能性もあります。多少のややこしさはありますが、「好きな人は居るよ」や、「付き合ってる人がいたら貴方と遊んでないよ」などと答えると、男性は脈ありと考えて嬉しくなってしまうかもしれません。

話の流れで尋ねた

少し期待外れなところではありますが、話の流れでコミュニケーションのひとつとして彼氏が居るかどうかを聞いた、という事もあります。特に女性は恋愛ネタの話はよく盛り上がる傾向があるため、相手を楽しませようとするために恋愛的な会話を切り出し、その流れで彼氏が居るかどうかを聞いてくることもあります。彼氏のことを聞いてきてもおかしくない話の繋がりであったなら、変に身構えたり期待したりはせず、その質問はただのコミュニケーションの一環だと思って良いでしょう。

モテる回答テクニック

「彼氏が居なかったら口説く?」

とてもあざとい回答ですが、彼氏が居るか居ないかを答えるだけでなく、「居ないけどあなたはどうする?」と二人の距離も縮めることの出来る最強の回答テクニックでしょう。もし、彼女に対して恋愛感情を持っていたなら、その問いかけに口説きたい気持ちが出てきますし、軽い気持ちで聞いた場合でも、誘惑的なその回答に気持ちが揺れてしまう男性も多いでしょう。

遠回しに「口説いても良いんだよ」と誘っている言い回しがとても魅力的で、許可をもらったからには男性もここで男を見せようとしてくるはずです。その時は決してからかったりはせず、しっかり受け止めてあげることがモテるテクニックなのです。

「聞いてどうするの?」

男性がどういった気持ちで彼氏が居るかどうかを聞いてきているのかを、ストレートに聞き返してみるのもいいかもしれません。質問を質問で返すのは正直もやもやさせてしまうかもしれませんが、互いの今の立場をハッキリさせるためには思い切って聞いてみるのも大切な事です。

彼氏が居るかどうか聞いてこれからどうするのかは、これからの二人の未来をどうするのかを創造させることができます。彼氏が居なかったら口説きたいのか、付き合いたいのかを考えてもらうことが出来、たった一言の切り返しで二人の距離を縮めることが出来るかもしれません。

「いないからデートしない?」

カップル

この回答もまたあざとい所があり、男性からの質問で、女性側が主導権を握ることが出来ます。彼氏が居ないという回答とセットで、「あなたと一緒に遊びに行きたい」と伝える事で、積極的に「あなたに好意を持ってるよ」とアプローチが出来るのです。それが友人的な意味であれ、恋愛的な意味であれ、男性側からすればどちらの意味でも、誘ってもらえた事実に嬉しい気持ちになるでしょう。

「付き合いたい人はいるよ」

意味ありげでどこかミステリアスな回答としては、「恋はしているけど彼氏はいないよ」と伝えてみるのも、相手をドキドキさせることが出来るかもしれません。つまりは片想いしている状態ですから、その相手は誰なのか、もしかしたら自分かもしれない、と男性は期待に胸を膨らませるかもしれません。一度「自分かもしれない」と思い始めると、相手を女性として意識してしまうため、はっきりしない回答もまた、モテる回答テクニックのひとつと言えるでしょう。

「彼氏がいたら連絡できないよ」

この回答は、ようするには「今はあなたと一緒にいたいんだよ」と遠回しに言っている事になります。彼氏が居たら今の自分たちの立場や関係は崩れてしまうし、そのことを寂しいと伝えていることになり、今もっとも好意を寄せているのはあなたである、と濁らせているのがポイントです。はっきりと「彼氏はいない」と答えるのではなく、今一緒に居たい人はあなただ、と匂わせることで、それがどういうことなのかと男性に考えさせるところがポイントなのです。

聞くのが不安ならそれとなく確認

休みの日の過ごし方を聞く

誰もが簡単に彼氏がいるかどうかを聞き出せるわけではなく、はっきりとした回答が怖くて聞けなかったり、どう切り出せばいいか分からない男性も居ます。その場合、探りを入れるようにして遠回しに彼氏の有無を確認したがることがあり、特に休みの日はどうやって過ごすのかを聞いてくることがあります。彼氏のいる女性は、休みの日にデートへ出かけたり、一緒にいる可能性が高いです。ですから、行き先や一緒に行く人の人数などの回答で彼氏の有無を確認しようとしていることもあるのです。

恋人がいる前提で聞く

どこか出かけた話をされたら「彼氏と行ったの?」と聞いてみたり、身に着けたアクセサリーを指さして「それ彼氏からのプレゼント?」など、一言も彼氏が居るとも言っていないのに質問してくる場合もあります。彼氏が居るかどうかを聞くことで、男性の恋愛的な心理を見抜かれるのを回避するための確認方法で、質問された女性はイエスかノーで自然と彼氏の有無を答えることになります。自然と彼氏の有無を聞き出せるので、ある意味匠な質問方法ともいえるかもしれません。

SNSを調べてみる

SNSをやっている女性であるなら、そのアカウントも男性はチェックしているかもしれません。こちらから聞き出しにくい話も、SNSで自分から呟いてくれていたり、アップされた写真に何かヒントを残してくれることがあるからです。普段会えない時は何をしているのか、休日はどう過ごしているのか、遊びに行くときに男性は一緒にいるのかなど、SNSにハマっている女性であればあるほどその情報は確認しやすく、それとなく彼氏の有無をチェックされているかもしれません。

クリスマスやバレンタインの予定をチェック

クリスマスやバレンタインなど、彼氏と一緒に過ごす事の多いイベントに予定が埋まっているかどうかで彼氏の有無を確認することも出来ます。仕事が忙しいとかなら別かもしれませんが、クリスマスやバレンタインに何も予定が無かったり、女友達とクリスマス会をする話を聞いたりすると、ほぼ彼氏は居ないと断定することが出来ます。その場合彼氏が居ないとわかれば、せっかくのイベントですから、男性から誘ってくることもあるのです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。彼氏がいるかどうかを聞いてくる男性の心理はさまざまですが、話の流れやコミュニケーションの一環でない限りは、ほとんどの場合が恋愛感情を持っていたり、好意を向けて「彼氏が居ないなら付き合いたい」という気持ちを持っています。そんな男性の気持ちをしっかり理解しつつ、男性のハートをグっとつかむような回答をすることで、二人の距離は一気に縮まるかもしれません。