婚約指輪はゴールド派!ゴールドの種類と指輪の選び方

婚約指輪というとプラチナのイメージがあるでしょう。ですが、世界的にみてみると、婚約指輪に使われている金属は圧倒的にゴールドが主流になっています。プラチナを好むのは日本人ぐらいと言い換えることもできますが、肌の色ということを考えてみると違った側面が表れてくるようになるでしょう。

今回は

  • ゴールドの婚約指輪の魅力
  • ゴールドの婚約指輪の選び方:カラーバリエーション・テイスト・デザインで選ぶ

について紹介します。ゴールドの婚約指輪に興味を持っている方はぜひチェックしてみてくださいね。

ゴールドの婚約指輪の魅力

輝きを長く保てる

ゴールドの長所は、傷が付きにくいところです。細かな傷がつけばどんどん輝きを失っていってしまうのが貴金属です。そのためゴールドは輝きを長く保つことができると言えるでしょう。

プラチナよりもリーズナブル

価格という点を考えてみると、これまではプラチナとゴールドはかなりの差がついていました。埋蔵量を考えた場合、プラチナのほうが圧倒的に少ないことが価格に影響していきたからです。価格のねじれ現象も起きていますが、指輪にしたときには使っている量によっても違いが出るため、2つの価格差が数万円になることも珍しくありません。

丈夫で普段使いしやすい

傷に強いゴールドは、普段使いを考えてみるとプラチナよりもおすすめな貴金属になってきます。指輪に使う素材として考えた時には、丈夫であるということが大きなメリットになるでしょう。せっかくの婚約指輪を普段から使うことができないのは、あまりにもったいなくデメリットばかり目立ちます。日常的に使えるようにして行きたいところですが、壊れてしまうと思えば、身につけていくことができなくなってしまいます。日々身につけられる安心感を考えてみても、傷にも強くなるゴールドのほうが上です。

ファッション性がある

さまざまなデザインの婚約指輪がありますが、デザインの豊富さはゴールドのほうが圧倒的に豊富です。丈夫というところが多くのデザインを生み出してきたポイントで、カジュアルなものも多く作れる特徴を持っています。ファッション性の高さを考えた時にも、ゴールドには色のバリエーションも多いところも重要になってくるでしょう。普段の服装にあいやすいデザインも見つけることができるようになっていくのですから、ファッション性の高さは結婚指輪として大きな魅力につながっていきます。

肌なじみがいい

色合いを考えてみると日本人の肌の色には、その名の通り白く輝いてしまうプラチナは、どうしても浮いて見えます。輝きが優しいと表現するようなこともありますが、日本人の肌は欧米人と比較してプラチナほど白い輝きを持つ指輪が似合いません。肌に合ったゴールドであれば、自分にあった指輪を見つけることができるでしょう。普段使いにぴったりの素材です。銅の割合によって硬さが変わってきますが、その分強度が落ちてくることがあるため注意が必要です。どうしても太くすると、指との接地面積が大きくなることから着け心地が落ちます。

S字(ウェーブ)

デザインリングに近いかたちになってくるのが、複雑なラインをもつ8字のウェーブでしょう。華奢な感じに見せることも、もっとはっきりした存在感を出すこともデザイン次第で可能です。さまざまなデザインを作ることができ、ダイヤをちりばめるといったことも難しくないため、豪華さも発揮させることが可能なデザインです。

まとめ

婚約指輪をゴールドにするというのは、なにも珍しいことではありません。それどころか加工しやすくデザインを考えれば、選択肢はどんどんと広くできる貴金属です。普段使いに優れた性能も持っているのですから、婚約指輪を作る際には、素材としてプラチナとともに考慮しておくといいでしょう。