プロポーズ前?後?婚約指輪を買うタイミング

婚約指輪は大切な人からプロポーズされたという思い出が詰まった、一生の記念の指輪になっていくでしょう。そんな婚約指輪は購入する際は、あとで後悔しないようにするためにも考えていかなければいけないことがたくさん出てきます。今回はその中でも重要なポイントとなってくる婚約指輪を購入するタイミングについてみていきます。

婚約指輪を買うタイミング!みんなはどうしてる?

プロポーズ前に婚約指輪を購入する人は30%ほどしかいない

テレビのドラマなどを見ていると、プロポーズするときに婚約指輪をすっと取り出しているシーンが多く、それを夢見る女性も少なくないことでしょう。ですが、実はプロポーズ前に婚約指輪を購入する人は30%程度しかいないというデータがあります。

婚約指輪を2人で選んで購入するパターンが最も多い

婚約指輪を事前に購入するということは、男性が一人で購入していかなければいけません。指輪を一人で購入するにはリスクがあり、例えばサイズが合わない、あまり好きなデザインではないなどの問題が起こりやすいことがあげられます。女性にはっきりと聞くことができない部分も多く、失敗したくないという理由から、2人で揃って購入するという選択肢を選ぶという方が多いです。

婚約指輪を買うタイミング:プロポーズ前派

サプライズで指輪をもらいたい

人生の中で、本当に大きな転機となるサプライズはそうそうあるわけではありません。プロポーズを受けるいうのは、大きな転機になってくることでしょうし、せっかくだから思い出に残るようにサプライズでほしい!と思う方もいることでしょう。

プロポーズと同時にもらいたい

いろいろなタイミングがありますが、プロポーズと同時にもらえる婚約指輪は、大きな思い出となっていくはず。婚約指輪を見るたびにそのシーンが思い出されるようにもなるのですから、同時にもらいたいと思うのも必然でしょう。

婚約指輪をもらうでプロポーズの真剣さを感じられる

婚約指輪は決して安いものではありません。月給の3倍などというのは作られたものであるとしても、購入するというのは、プロポーズに本気で臨んでいると感じることができるでしょう。真剣にどんなものがいいのかを悩み選んでくることになるのですから、本気の度合いを測ることができるはずです。簡単にできないほどの決断をしたと感じられるのは、嬉しいことでもありますよね。

婚約指輪を買うタイミング:プロポーズ後派

自分の好みのものを選びたい

婚約指輪を長く使っていくことを考えると、自分の好みのものにしたいと思うのは必然でしょう。シンプルで普段からつけられるようなデザインが好きな人、ゴージャスで華やか、キラキラのダイヤモンドがついたものが好きな人。好みは千差万別です。納得のいくデザインのものを選び、大切につけていきたいと思う人は少なくないでしょう。

サイズが合わなかったら大変……

事前に婚約指輪を用紙する場合、もっとも問題になるのがサイズです。サプライズにするとなれば、サイズを聞くこともできません。その中で、ぴったりのサイズを選ぶのは至難の業。何気なく話しておくといった方法もありますが、あとから一緒に購入すればそんな心配もいりません。

一緒に買いに行く楽しみがほしい

一緒に買いに行くというのは、大きな思い出の1つになってくるでしょう。婚約指輪を購入するときに二人で購入しに行くことができれば、確実ですし楽しみにもなっていきます。どんなところで購入するのか、デザインはどうしたらいいか、二人で考えていけばそれだけで大切な時間になっていくでしょう。こうしたチャンスがいろいろとあるわけではないのですから、大事な時間として考えてみるのもポイントです。

婚約指輪はいつまでに用意すればいい?

プロポーズまでに

事前に購入するのであれば、渡すチャンスはひとつしかありません。プロポーズの時に渡すことになるのですから、ここから逆算すれば問題ありません。フルオーダーにするのであれば、2〜3ヶ月の余裕を持つ必要があります。時間にはできるだけの余裕を持って用意しておくとよいでしょう。

結納・両家顔合わせまでに

結納や顔合わせの時に婚約指輪をしているかどうかは、大きなポイントになってくるでしょう。今では結納はおこなわれないことも多くなりましたが、顔合わせをしないということはあまりありません。顔合わせ日にちがわかり次第用意しておく必要があるでしょう。

婚約指輪が手元に届くまでの期間

フルオーダーなら2カ月ほど

フルオーダーで作る婚約指輪は、自分たちの好みで世界に1つだけの指輪に仕上げることができます。サイズもぴったりで、こだわりデザインの指輪を作ることができるのが嬉しいところです。その代わりに1から作り上げていくことになるため、どうしても時間がかかることになります。最低でも2カ月前後の余裕を持っておくのがよいでしょう。

セミオーダーなら1カ月ほど

フルオーダーほどの自由はなくても、かなり自分たちの希望を盛り込んでいけるのがセミオーダーです。デザインなどは自分たちで決めることができない部分となっていきますが、サイズはあわせられますし、刻印や石の数の調整など、ショップによっては様々なオプションがあります。基礎となるデザインがあっても1カ月程度の余裕を見てオーダーしておくとよいでしょう。

どんなに急ぎでも1週間は見て

既製品を購入するとしても、余裕を持って1週間はみておきましょう。イニシャルを入れたりすれば、それだけでも時間がかかります。サイズを用意したりする必要がありますので、1週間は最低ラインとして考えておくべきです。

まとめ

婚約指輪には、いろいろなタイミングがあります。例えばサプライズで婚約指輪を用意するというのは、失敗してしまうことも出てくることもあります。しかし確実に思い出には残り喜ばれることでしょう。そのためには下調べや、さり気なく女性から意見を聞いておくのも大切です。サイズに関しては、あとから修正ができないことがよくあります。リサイズができるのか、その辺りも注目してからオーダーを掛けるなども重要なポイントになってくるでしょう。