婚約指輪を職場でつけてもOK?判断基準とOKなデザインとは

大切な人と婚約をした証である婚約指輪は、一生大切なものになることでしょう。結婚までの期間に使われることが多く、結婚後はなかなかつける機会が少ない指輪になってしまうことが多いです。大切にしまっておくのもよいですが、やはりせっかくなので職場にしていきたいと思う人もいるでしょう。指輪であるということで考えれば、つけて出勤することは不可能なことではありませんが、場を考えるべきという意見があるのも事実です。

一般的に婚約指輪はいつ身に付けるもの?

婚約中に両家の実家に行くとき

婚約をした時に必ずすることといえば両家両親へのご挨拶。婚約指輪をいただき正式に婚約しましたと報告するこの機会にはぜひともつけていきましょう。

結婚後もつけてOK

結婚後になると、婚約指輪は使わないものと考えている人もいらっしゃるでしょう。しかしそんなことはなく、結婚前・後関係なくつけてもよい指輪です。そのままつけてもよし、相手と相談してさまざまなシーンに使うことができるようデザインやリメイクを施すのもよいでしょう。

結婚式やパーティーにお呼ばれしたとき

ドレスコードがあるようなときにも婚約指輪をつけてもよいでしょう。ホテルやレストランだけではなく、コンサート会場などにもつけていくのもおすすめです。友人の結婚式でも問題はありません。機会があれば、どんどんと使っていくべきでしょう。

彼・旦那さんとデートするとき

結婚する前であれば彼ですし、結婚後であれば旦那さんと一緒にいるときにはつけて歩きたいと思うでしょう。贈った本人からしても、結婚前であれば婚約したという実感が生まれ、結婚後であれば贈ったものを大切につけてくれているという事実はきっと嬉しいものです。

記念日や豪華なディナーに行くとき

記念日には、婚約指輪を活躍させてあげるといいでしょう。豪華なディナーなど、ドレスコードのある華やかな場でも華やかな婚約指輪ぴったりと合うからです。特に記念日には、婚約指輪をつけることで、さまざまな想いでもよみがえってくることでしょう。

職場で婚約指輪をつけるのはあり?判断基準

指輪

職種・仕事内容

職場で婚約指輪をするのはいけないことではありません。しかし、職種によっては指輪をつけることがNGなこともありますし、指輪はOKでも婚約指輪のように石がついているものはNG、など指輪の種類によって禁止されていることもあるでしょう。仕事の内容を考え、TPOをわきまえてつけることが重要となってきます。

服装の規定・マナー

会社には、職務規定が存在する場合があります。服装に対する規定であり、安全性の確保などに関わるために規定として定めているものです。アクセサリーの規定も定められていることがあれば、それに従うべきでしょう。

男女比率

男性が多い中で結婚指輪を身につければ、結婚するのだなと思うだけで終わるかもしれません。しかし、女性が多い中では、嫉妬されることも出てくるでしょう。結婚というだけで騒ぎ立てたりされることもあるかもしれません。女性が多く気になるのであれば、周りの様子などを伺ってつけるがよいでしょう。

年齢層

年齢が高い人には、婚約指輪を職場につけてくることがおかしいと感じる人が多いと言われています。周囲の状況に応じてつけていくのが望ましいかもしれません。

人間関係

人間関係は大きな要因であり、あなたにあまりいい印象を抱いていない人ばかり存在すれば、当然ですがいい顔をされることはありません。中には、婚約指輪をつけているというだけで、人間関係が崩れてしまうようなことも出てきますので要注意です。

職場でもOKな婚約指輪のデザイン

シンプルなもの

シンプルなデザインの婚約指輪は、あまり目立たないようにつけられるでしょう。普段使いを考えた時には、とてもいい選択になっていきますが、差別化ができるほどのデザインにはならないのがデメリットです。

オフィスファッションに馴染むもの

どんなデザインであっても、そのオフィスになじまないようなデザインは、受け入れてもらえなくなるでしょう。逆になじむようなデザインであれば、何か問題になることはありません。違和感が出てこなければ、そもそも問題になってくることもありません。安心して毎日つけることもできるでしょう。

ダイヤモンドの石座が高くないもの

重要なことになってきますが、石をつけるのであれば、高くないものが向いています。どうしてもぶつかってしまうことになりますし、外れてしまうような危険もあるでしょう。意識していなくても引っ掛けてしまうことが出てくるため、石座が低いものを選ぶのも選択肢の1つです。

おすすめはエタニティリング

エタニティリングがおすすめになる理由は、ファッション性が高いというだけではありません。石を単独でとめる方法をとらないことから、石座で石をとめるものよりも引っ掛ける心配が少ないということもポイントです。目立たないようにすることもできるのも嬉しいところ。もう少しシンプルにしたい!という場合はハーフにするのもよいでしょう。

結婚指輪と重ね着けできるセットリング

重ね付けをしてしまうというのも目立たなくできる方法といえるでしょう。初めから重ね付けできるようなデザインのセットリングにしておくことで、よりおしゃれで自然に身につけられるようになります。目立たないようにできるだけではなく、組み合わせを変えていく楽しさも出てくるのもメリットになるでしょう。

まとめ

婚約指輪を職場につけていくことができるかできないかというのは、指輪のデザインや会社の規定や雰囲気によって変わってきます。ぜひ自分自身の職場などに応じて、婚約指輪をつけてみてはいかがでしょうか。