食事会

顔合わせ食事会の席順の決め方とは?基本的な席順のマナー

会食の場など、人が集まるようなときには、マナーが生まれてきます。だれがどこに座ってもいいというわけではなく、主役を決めていくことになるからです。一体だれのために開かれている会食なのかも考えていかなければいけません。当日にもたもたしてしまうのも問題が多くなってしまい、スムーズに進められなくなるのですから、しっかりと決めておく必要があります。

顔合わせでの席順の基本的なマナーとは

目上の人が座る上座は入り口から最も遠い席

席順には基本的なマナーがあることを知ると、一体だれがどこに座るのか、座ってはいけない場所、座るべき場所が見えてきます。席順にはそれぞれの性格が出てくるためです。上座といわれるのは目上の人が座るべき場所であり、上座といわれています。一体どこが上座になるのか迷うこともありますが、基本となるのは入り口から最も遠い場所となるでしょう。

目下の人が座る下座は入り口から最も近い席

会の中で、もっとも立場が低いことになる人が座るのが下座です。立場とは、社会的なものではなく、あくまでもだれのためにおこなわれており、おこなったのはだれかといったところから考えていくことになります。顔合わせの食事会となれば、新郎新婦になる二人がご招待したわけですから、自分たちが入り口近くの下座に座ることになるでしょう。いろいろと動くことを考えれば、ベストな席次といえます。

席順を気にするのは日本独特の習慣

席順は、そもそも日本独特の文化であることは確かです。なぜこんな面倒なことをと思うかもしれませんが、快適に会が進むように配慮されている習慣といっていいでしょう。下座が主催者からすると便利な位置になることを考えてもわかりますが、機能的に考えてもメリットが生まれてきます。日本独特のものではありますが、日が昇る方向も考慮に入れておくと、失敗はなくなるでしょう。これも日本独特です。

顔合わせ食事会の席順マナー

最も上座は新郎の父親が座る

立場的に考え、もっとも上に当たる人が上座になってきますが、この場合には新郎側の父が座ることになるでしょう。これが基本ですが、入り口から最も遠いところに自然と案内してしまうことがポイントです。問題は和室のような作りでしょう。基本として床の間が作られているはずですので、その方向が上座であると考えれば問題はありません。ただし、主催が新郎側になっているようなときには、新婦の父親が上座にまわることになるでしょう。

最も下座は新婦本人が座る

下座は主催した新郎新婦となりますが、新婦が座るのが自然の流れになっていきます。下座に座ることで、すぐに外に出られるようになり、会のコントロールがしやすくなることを忘れてはいけません。新郎は会の中で進行もする必要がありますし、接待役としての立ち回りも増えていくことになるため、新婦が一番入り口側の下座に座るのがいいでしょう。

母親は父親の隣に

両家の母親の座る位置は、必ず父親の隣にします。どうしても下座に座るといったことも言い始めるケースがありますが、この場は父親の隣に座ってもらうことが問題を大きくしません。両家のバランスという部分も出てくるのですから、狂わせないようにするというのが重要です。

兄弟姉妹は母親と新婦(新郎)本人の間に

父親と母親以外はどうするべき、立場を考えていくと難しい問題です。いうことになってくるでしょう。特に兄弟といった身近な立場になっていくとどこに座らせるべきかを考えなければいけません。基本となるのは、自分たちより下に座らせず、両親よりも高い位置にしないというところがポイントです。自分たちより下に座らせると、身動きがしにくくなることを考えておいた方がいいでしょう。

祖父母が参加する場合は新郎新婦より下座でも可

祖父母が出席するといったケースもあるでしょう。どこまで招待するのかという話になってきますが、微妙な位置が出てきます。本来であれば、兄弟と同じ扱いで問題はありませんが、車いすであったり、どうしてもトイレが近くなってしまうなど、さまざまな条件が出てきます。そんな時には、利便性の高い場所を優先で考えてあげれば、妨げになってしまうようなこともないでしょう。大変な思いをさせてしまう方が問題です。

四角卓は新郎新婦が下座で向き合って座る

四角いテーブルの場合には、わかりやすい座り方になっていきます。両家を対面するような形にすれば、簡単に席順が決まっていくでしょう。新郎新婦に関しても下座で対面になるようにしておけば、間違いはありません。

円卓は新郎新婦が下座で隣に並んで座る

わかりにくいのが円卓になってくるでしょう。どこが上座になるのかも判断しにくくなりますが、新郎新婦は入り口に近い側で隣同士に座るようにすれば問題がありません。とにかく外にも出やすく、連絡もしやすい場所を決めてしまうことによって、その反対側が上座となっていくのですから、そこまで難しいことはないでしょう。

知らないと恥ずかしい!顔合わせの席順の注意点

主賓は両親!新郎新婦はおもてなし役

顔合わせの食事会ということでは、一体だれが主賓となる主役なのかを考えていく必要があります。自分たちが招待したのだからと考える人がいますが、だからこそ主賓は両親であるといえるでしょう。自分たちは招待した両親をもてなす立場にあるということです。これを間違わなければ、席順は間違っていくことはありません。

基本的に入り口に近い下座に新婦側の親族が座る

入り口側が下座になっていくことから、新郎新婦側のどちらが上座になるのかも考えて配置をする必要があります。基本は新婦側が下座になってくることを意識していくといいでしょう。ただし、遠方から新婦の両親をご招待したといったことにもなれば、新郎側が下座にまわることもあります。これもご招待したからです。

同席する親族によって席順が変わることも

親族をどこまで招待するのか、非常に迷うところになってくるでしょう。人数が増えてくると、一体だれが上座になるのか、立場を考えていかなければいけません。そのため、招待する人によっては席順が変わってくることもあります。事前に考慮しておくとともに、新郎新婦の両家でバランスがとれるようにしておく必要があるでしょう。

席順のマナーは必ずしも守らなければいけないわけではない

席順はマナーとしての決まり事であり、絶対に守らなければいけないといったわけではありません。特に健康的な問題で、上座にいくのが大変だとしたら、楽しんでもらうためにも下座でいいでしょう。こうした問題を押しのけてまで突き通すようなものではなく、両家を知ってもらい、関係を深める場であると考えるべきです。

事前にお店に確認しておくのがベター

どんな席順になるのか、どんな配置にできるのかを知るためには、その場がわからなければ絶対にできません。お店の予約を取っていくことになるのですから、お店に確認しておくことがベターです。一度見せてもらえれば、イメージもわくようになるのですから、段取りは大切といえるでしょう。

まとめ

席順に関するマナーは、基本を守っていくと、だいたい見えてくるようになります。こうしたマナーにうるさい人もいますので、守るところは守るといった姿勢も必要です。ですが、臨機応変な対応も必要ですし、考えておくべき要素はいろいろとあるのですから、柔軟な思考も必要でしょう。森を見て木を見ずといったことにはならないように、細心の注意が必要になってきます。

顔合わせの場は一体何のためにおこなうのか、マナーの確認の場ではありません。お互いを知ってもらい、結婚する事実をはっきりと確認してもらう場です。その中で、楽しく食事もしてもらうというのが趣旨になってくるでしょう。結納を同時におこなう場合もあります。簡略化してしまうことも珍しくなくなりました。それだけ重要な意味を持つようになってきているのですから、せっかくの機会をうまく利用していかなければいけません。