顔合わせ食事会の費用は誰が支払いする?相場もチェック!

結婚が決まると、さまざまことをしていかなければいけません。時間は刻々と過ぎていきます。余裕があると思っていたら、実は全然なかったということも出てくるでしょう。早期におこなっておきたいのが、両家の顔合わせの食事会ですが、その費用をだれが負担するのかといったことも考えておかなければいけないことです。

顔合わせ食事会の費用ってどのくらい?

顔合わせ食事会の費用相場は7.1万円

費用負担をだれがおこなうのかにもよりますが、費用の相場となってくるのは、人数によっても異なるものの7.1万円程度と考えられています。実際に食事会だけではなく、記念品を作ったり、しおりの作成費用を見込んだりしているところも重要です。場所も取っておかなければいけませんし、事前にある程度調査もする必要があるのですから、このぐらいの予算は必要でしょう。

食事代の相場は1人1~1.5万円

食事代を考えていくと、一人当たり1万円はかかるでしょう。これも場所によって異なりますし、食事の内容によっても違います。ホテルのレストランや料亭となれば、この程度の予算を組んでおかなければ足りなくなってしまうことも出てくるでしょう。地域によっても相場は異なってくるため、一口には言えませんが、どのように見せたいのかによっても違いがあるといえます。

食事代以外に飲み物代や個室料金がかかることも

食事代は決めたとしても、場所によっては個室料金がかかることも珍しくありません。良く見落としてしまうのが飲み物代で、これは別途清算になっていることが基本です。特にお酒をつける場合には、かなりの金額差が生まれてきますので、事前に打ち合わせをしておくのも必要でしょう。飲み物込みのプランを作ってもらうというのも方法です。

会場別!顔合わせ食事会の費用相場

レストラン:6.4万円

レストランでおこなうことを考えると、両家の両親と新郎新婦の6人で考えれば、6.4万円というのは基本的な金額になってきます。食事の費用だけでほとんど費やされていますが、良心的なところといってもいいでしょう。飲み物代が別と考えれば、だいたい予算通りにいく方法といえるでしょう。

料亭:8.1万円

料亭の場合、食事代もかなりの費用になってくるでしょう。個室代が別に取られることもありますが、それだけ静かな場所で細かなサービスを受けられるようになっていきます。普段とは違った雰囲気の中で食事ができるようになるのを考えると、そこまで高いとは言えない料金設定になってくるでしょう。

結婚式場:8.2万円

意外とかかっていくのが、結婚式場でおこなう方法でしょう。場所の下見といったこともできるようになりますが、料金的に考えるとかなりの負担になっていきます。料理を見るということもできるようになるため、料金以上のメリットも生まれてくる方法です。専用の場所という意味では、結婚式場以上の場所はないといってもいいでしょう。

ホテル:8.2万円

ホテルでおこなうと、思っている以上に費用は掛かります。ですが、遠方からご招待することを考えると、ホテルはかなり便利な方法です。そのまま宿泊していただくといった選択肢も生まれてくるため、食事とともにお酒を飲んでいただいても心配がいりません。曜日によっても費用が変わってくるため、参考程度に考えておくことが必要でしょう。

顔合わせ食事会の支払いは誰がする?

明確な決まりはない

料金を一体だれが払うのか、大きな問題点になってきます。ですが、顔合わせの食事会は、結納のような形式を持っているわけではなく、なにも決まりがあるわけではありません。食事のかたちにしても、決められているようなことはないため、ある程度自由に決められるでしょう。それだけに、負担する人をだれに設定するのか、かなり重要な問題を持っているともいえます。

新郎新婦のふたりが支払うことが多くなっている

招待するという意味を考えると、新郎新婦がもつというのは一般的なことになってくるでしょう。二人が支払うことによって、両家が負担するという意味合いもあるからです。どちらかに偏らせてしまうと、角が立つこともあるため、自分たちが招待するといった考えを持つことがベストな方法となってくるでしょう。

顔合わせ食事会の支払いを新郎新婦のふたりがする場合の理由

婚約したことを両親に報告する会だから

婚約したという事実があり、これから結婚を考えるうえで、お互いの両親にも報告したいと考えた時に、顔合わせの食事会は便利な方法といってもいいでしょう。そうなると、自分たちが支払いを負担するというのは、合理的な考え方になってきます。自然な流れともいえますので、事前に用意しておくカップルも多いでしょう。

両親に感謝を込めて食事のプレゼント

これまでのことを感謝する場として考えれば、顔合わせの食事会は大きな役割を持ってきます。せっかくの機会だからこそ、食事のプレゼントとして考え、さらにお互いを知ってもらえるような場になればという流れを考えれば、自分たちで負担するのは自然なことになるはずです。お互いの両親に同時にできることを考えると、有効な機会ともなるでしょう。

遠方から両家を招くから

地方から都市部に出てきて結婚をする場合、両家の顔合わせの食事会といっても、かなりの手間も時間もかかるようになっていきます。それだけの負担を強いることになりますが、この負担を考えれば、ご招待した自分たちが費用を負担するのは当然のことといってもいいでしょう。ホテル代なども考慮する必要がありますが、感謝の意を込めて準備をしておくといいでしょう。

すでにふたりの家計費・貯金があるから

ない袖が降れないのは、だれでも同じことです。ですが、社会に出て、収入ができてくると、結婚に向けて貯金も増やしているでしょう。その中から顔合わせの食事会の費用を支払ってあげるというのは、不可能なことではなくなっていきます。現実的な問題を考えて負担できるのであれば、負担するのも流れのひとつになるでしょう。

顔合わせ食事会の支払いを新郎の家側がする場合の理由

嫁をもらう立場だから

新郎の家からすれば、嫁をもらうということは大きな意味があります。家に入ってもらうということで、新婦側を招待するという意味合いが出てくるのであれば、新郎側が負担するというのは、考え方として出てくることでしょう。

会場が新郎の地元だから

会場のセッティングはとても重要な意味を持っています。一体どこでおこなうのかによっても費用の負担が大きく異なってくるでしょう。本来は中間的なところでおこなうべきですが、新郎側の地元に招待するというのも方法です。この場合には、食事会の費用だけではなく、宿泊費や交通費の負担もして招待するというのも筋となってくるでしょう。いろいろな事情がありますが、考え方のひとつです。

顔合わせ食事会の支払いを新婦の家側がする場合の理由

結納に近いものとして招いた側だから

現在では結納はおこなわれなくなってきたのは確かです。日本にしかない仕組みであるというところもありますが、仲人も立てなくなってきている状況でもあり、結納という形式を顔合わせの食事会に含めてしまうことが珍しくありません。この場合、新郎側をご招待するというかたちをとることが多く、新婦側で負担をするというのは自然の流れとなってくるでしょう。

会場が新婦の地元だから

ご招待するという意味では、新郎側で地元にいらしていただくという流れと同じです。新婦側がご招待するということであれば、すべて負担するのは自然なことになるでしょう。これも結納代わりとして考えれば、そこまで難しい話でもありません。

顔合わせ食事会の支払いを両家で折半する場合の理由

お互いに気持ち良く公平にしたいから

一番角も立たずに自然と行っていけるのが折半です。できるだけ中間の位置で食事会をおこなうようにするとともに、負担の少ないところを選ぶのもいいでしょう。気持ちよくどちらの負担にもしないというのは、どちらが上化したかといった優劣をつけないという意味も持っているからです。

顔合わせ食事会は家と家の結びつきの場と考えているから

これからのことを考えると、新郎新婦の本人たちだけではなく、家と家の結びつきにもなってくるでしょう。本来の意味に立ち返っていくことになりますが、大きな意味を持つ会であることは確かです。そこで、折半にしてしまうというのは、必然的なことといえるでしょう。

まとめ

顔合わせの食事会は、とても重要な意味を持ってきます。費用的な負担は大切なことではありますが、早めに決めておくことによって、負担も軽減できるようになっていくはずです。人数的に考えても、結構な金額になっていくのですから、ある程度相談しながら決めていくことも必要になります。