階段

階段=人生!?昇り降りで変わる夢占いの意味

まったく夢を見ることがないという方もいれば頻繁に夢を見るという方もいるでしょう。夢のメカニズムについては未だによく分かっていない部分もありますが、夢占いの通りになったという経験をしたことがある方は意外に多いのではないでしょうか。夢で見た内容をもとに占うのが夢占いですが、夢占いはほかの占いに比べてよく当たると言われています。そこで、ここでは夢占いにおける階段の意味や示唆することなどについてお話したいと思います。

階段の意味するものとは


階段を知らない人はいないと思いますが、一般的に言われる階段とは建物の中を上下に行き来するためのものですよね。住宅や商業ビル、道など至るところに階段は設置されていますし、階段がないとただのスロープ状の坂になってしまうため昇り降りが余計にしんどいものになってしまいます。では、そんな階段が夢に出てくることにはいったいどのような意味があるのでしょう。

階段は人生を表している

階段は人の人生を表しているといわれています。確かに人の一生は昇り降りを繰り返すことが多いですし、イイときもあれば悪いときもあります。そういう意味で考えると確かに人の人生は階段のようですよね。夢占いにおいても階段は人の人生を表しているのです。

昇るのは成功を意味する

とても分かりやすいですが、階段を昇っているのは成功を意味しています。先ほどお話したように階段は人の人生を表していますから、昇っているときは成功を意味することになります。出世への階段を昇る、成功への階段を昇るといった言葉もありますよね。

下るのは失敗を意味する

一方、夢の中で階段を下っているのは失敗を意味しています。これもとても分かりやすいですね。

階段の昇り降りは?


階段の夢でもっとも多いのは昇り降りしている夢ではないでしょうか。昇り降りにもいろいろなパターンがありますしそれによって夢占いの結果も変わってきます。ここでは複数のパターンにおける夢占いの意味を見てみましょう。

階段を昇る:目的へ着実に向かっている

階段を昇る夢は目的へ着実に向かっていることを示唆しています。誰しも人生の中で目標や目的を一つくらい掲げていると思いますし、直近で叶えたい目的などもあると思いますが、こうした夢を見たときにはその目的に向かってしっかりと歩を進めていることを示しています。つまりは物事が良い方向に向かっているということですね。

階段を昇る目的地へ着く:困難を乗り越えていける

階段を昇って目的地へ着いた夢にはどのような意味があるのでしょうか。このような内容の夢だと困難を乗り越えていけることを示唆しています。生きていく中ではさまざまな困難が訪れることがありますし、心が折れそうになってしまうことも多々あるでしょう。もうダメかもしれない、諦めたほうがいいのかもしれないと考えてしまうこともあるでしょうが、このような夢を見たときにはその困難も乗り越えていけると示唆しています。今諦めてしまっては元の木阿弥ですから、今こそ力を振り絞って困難に立ち向かっていきましょう。

階段を降りる:過去の失敗を振り返ることを警告している


階段を降りる夢を見た場合ですが、このケースだと過去の失敗を振り返ることを警告しています。過去に何か大きな失敗をしたことがある方だとそれを振り返ってしまうことを警告しているということです。時には失敗を振り返るということは大切なのですが、振り返ってしまうことで今現在イイ状況にあってもそれが壊れてしまう可能性があります。そのようなことにならないよう注意しなくてはなりません。

階段から落ちる:予期せぬ大チャンスが訪れることを示唆

階段から落ちてしまう夢というのはいかにも不吉な感じがしてしまいますが、実は吉兆の印です。予期せぬ大きなチャンスが訪れることを示唆していますし、運気が上昇していることを示しているのです。それがどのような大チャンスかは分かりませんが、もしかすると今後の人生を左右してしまうような大チャンスかもしれません。思いがけず出世したり、絶対にムリだと諦めていた異性とお付き合いできるチャンスに恵まれる、ということも考えられるでしょう。自分でも思わずびっくりしてしまうような大チャンスに巡り合うかもしれませんね。

階段を降りても目的地が見えない:探し物が見つからないことを示唆


階段を降りたものの目的地が見つからない、見えないという夢だと探し物が見つからないことを示唆しています。ここで言う探しものとは物とは限りません。家族やパートナーとの良い関係を探しているという方もいれば仕事で出世する方法を模索しているような方もいるでしょう。そうした探しものが見つからないということを表しています。ただ、いつまでもそのような状況だとは考えにくいですからいずれチャンスは巡ってくると思います。

階段を踏み外す:恋愛面・性的なものを恐れている

階段を踏み外す夢は恋愛や性的なものを恐れていることを示しています。過去に恋愛で大きな失敗をした、酷い失恋をしたという方だと恋愛に対して臆病になっていることが考えられますし、先に進めず恋が停滞しているということも考えられるでしょう。本気で誰かを好きになることを恐れている、肉体関係を持つことに恐怖を抱いているということも考えられます。いろいろなケースが考えられますから、一度自らの過去を遡って考えてみると進むべき道が見えてくるかもしれません。

どんな階段だったか?

階段の夢といってもいろいろなパターンがあることはすでに分かったと思います。主に階段を昇り降りする夢で、昇り降りした先に何があるかによって夢占いの意味が違ってきます。また、自分が夢の中で昇り降りしている階段がどのような階段だったかでも夢占いの結果は変わってきますから覚えておきましょう。ここでは夢に登場するさまざまな種類の階段における意味を見ていきたいと思います。

螺旋階段:遠回り、または迷っていることを示唆

夢の中で螺旋階段を昇り降りしていた、という場合には遠回りしていることを示唆しています。自分が今やっていることが結果的に遠回りになるということを意味していますから、一度現在の状況をよく考えてみると良いでしょう。仕事だけではなくプライベートなことかもしれません。また、迷っているときにも螺旋階段を昇り降りするような夢を見ることがあります。自分の行くべき道を見誤っている、迷っているという場合にこのような夢を見てしまうことがありますね。

安定していない階段:自分自身の立場が揺れていることを示唆

階段がふわふわしている、なんとなく不安定で壊れそうな階段を昇り降りしているという夢ではどうなのでしょうか。このような夢を見たときには自分自身の立場が揺れていることを示唆しています。職場での立場かもしれませんし、プライベートでの立場かもしれません。家族内での立場ということも考えられるでしょう。不安定な階段を行き来するような夢を見たときにも一度自分の置かれている状況や立場などを再確認することをおススメします。そうすることによってこれから何をすべきかが理解できるかもしれません。現状をしっかり確認してみましょう。

非常階段:人生の岐路を迎えていることを示唆

商業ビルや公共施設などには必ず非常階段が設けられていますよね。マンションなどにも非常階段が設置されていることがありますが、こうした非常階段を夢で行き来していたというケースではどんな意味があるのでしょうか。非常階段を昇り降りしている夢は人生の岐路を迎えていることを示唆しています。しかも、割と大きな人生の岐路であることが多いですし、ここで人生が大きく分かれてしまうことも考えられるでしょう。結婚や離婚、海外への転勤といったことも考えられるかもしれませんね。いろいろなケースが想定できます。

暗くて狭い階段:恋愛や人間関係でストレスを抱えている

暗くて狭い階段を昇り降りするのは現実世界でも怖いものですが、夢で見ると余計に怖いですよね。このような夢にはどのような意味があるのかということですが、これは恋愛や人間関係でストレスを抱えていることを示しています。誰しも少なからずストレスを抱えて生きていると思いますが、こうした夢を見たときには人間関係や恋愛におけるストレスが溜まっているかもしれません。恋人に振り回されている、ワガママに疲れているといったことも考えられるでしょうし、仲の良い友人とうまくいかなくなった、職場の上司や同僚とうまくいっていないということも考えられるでしょう。

明るくて広々とした階段:チャンスを掴めることを示唆

明るくて広々とした階段を昇り降りしている夢はチャンスを掴めることを示唆している吉夢です。人は一生のうちに大きなチャンスが複数回巡ってくると言われていますが、それを掴めるかどうかはその人次第です。チャンスだと気づいた方だと掴めるでしょうし、そのまま目の前でチャンスを逃してしまうような人もいます。こうした夢を見たときにはチャンスを掴めるという意味がありますから、巡ってきた大きなチャンスをしっかりとその手で掴むことができるでしょう。その掴んだチャンスによって大きく羽ばたくことができるのかもしれません。

階段が途切れている:人生の転換期を迎えていることを示唆

階段が途中で途切れているということは実際あり得ないようなことですが、こうした夢を見ることはありますよね。このような夢にはどういった意味があるのかということですが、これは人生の転換期を迎えていることを示唆しています。大きな転換期を迎えていますし、ここで選ぶ道によってこれからの人生に大きく関わってきます。それが良い方向に転ぶのか、それとも悪い方向に転んでしまうのかはまだ分かりません。ただ、人生における大きな転換期ですからどのような選択肢にせよ慎重に考えて行動したいものですね。

まとめ

階段が出てくる夢についてお話してきましたが、いかがだったでしょうか。階段の夢は割と多くの方が見ているようですし、今現在この記事をお読みになられている方の中にも階段の夢を見たことがあるという方はおられるでしょう。ここでは夢に出てくる階段の主だったシチュエーションやパターンについてお話しましたし、もしかするとピッタリとマッチした夢もあったかもしれませんね。

階段の夢はイイ意味を持つものもあればあまり良くない意味を持つ夢もあります。ただ、悪い内容の夢だからといってそこで諦める必要はありませんし、ずっと運気が下がりっぱなしということは考えられません。今は我慢のときかもしれませんし、またすぐに運気が上がることも考えられます。夢占いの内容が悪かったといってそれで腐るようなことがないようにしてくださいね。