カップル

36歳男性と付き合う前に確認したいことと注意点

36歳の男性と付き合う前にどんなことを確認すればいいのでしょうか。36歳というと結婚の適齢期は過ぎていますし、仕事でもプライベートでも地盤はできていると考えられます。ここでは、これから36歳の男性と付き合うつもりという女性のために確認したいことや注意点などについてお伝えしたいと思います。

36歳の男性に対して女性が考えるべきこと


36歳というと社会的にも年齢的にも上になってくる年齢でしょう。付き合うとなると最初から結婚についても考える必要があると思います。若い者同士が気軽に付き合うのとはまたわけが違いますからそこはきちんと理解しておきましょう。

36歳男性が結婚できなかった原因

36歳くらいの年齢だと結婚していることが多く、独身というのは少数派に思えてしまいますよね。自分の意志で結婚しなかったという方もいるでしょうが、結婚したくてもできなかったという男性もいるでしょう。36歳男性とお付き合いするなら結婚も視野に入れる必要があるでしょうし、その前にどうしてその男性が結婚していないのかは気になるポイントですよね。

年齢の割に年収が低く自信がない

年齢の割に年収が低い男性だと自分に自信がありません。これが結婚できなかった理由になっていることもあります。36歳だと世間的には立派ないい大人ですし、会社でもそれなりのポストに就いていることも多いです。年収もそれなりにあるでしょうし、安定した生活を送っている方がほとんどではないでしょうか。しかし、年齢の割に年収が低くそれがコンプレックスになり、結果的に結婚できなかったという男性がいるのも事実です。

仕事が多くて忙しかった

仕事
仕事が忙しくて婚期を逃したという男性もいます。このケースだと本当にただただ仕事が忙しくて結婚どころではなかった、女性と出会うきっかけもなかったということが多いです。今までタイミング的に結婚ができなかったというだけですから大した問題ではないでしょう。

浪費癖を持っており彼女にフられた

浪費癖があり彼女にフラれたのかもしれません。男性でも女性でも浪費癖が激しい人はいますが、独身だと特に自分で稼いだお金を湯水のように使ってしまうことが多いです。おそらく自分で稼いだお金を好きなように使えることを幸せだと考えている人でしょう。浪費癖を何とかすることができずにフラれてしまい、今に至るというケースもあるのではないでしょうか。このような男性だと正直結婚しても先が心配ですね。

ファッションセンスが悪くモテなかった

ファッションセンスが悪くモテなかったという男性だとそれが原因であることもあります。あまりにも酷いファッションセンスだと、女性からしたら確かに辛い部分もあるかもしれません。これはお付き合いしているときに改善してあげることもできますから、こうしたケースで結婚できなかった男性ならそこまで心配ないと思います。

相手の話を聞かないためモテなかった

人の話を聞かない人は腹が立ちますよね。それが原因でモテずに婚期を逃したのかもしれません。たまたま相性が悪くて話を聞かなかったのかもしれませんが、誰に対してもこのような感じだと問題です。アナタとお付き合いしたとしても話を聞いてくれずにストレスが溜まってしまうかもしれません。

出会いの場に行かずチャンスがなかった


単純に出会いの場所に行くことがなくチャンスがなかったということも考えられます。結婚するには出会いが必要ですが、その出会いの場に行ったことがなく結婚するチャンスに恵まれなかったというケースですね。こうした原因で結婚できなかったのならある意味仕方がないのかもしれません。

フられるのが怖いと思いモテなかった

恋愛に対して臆病なケースですね。フラれるのが怖くて恋愛に積極的になれず、結果的に結婚することなく今の年齢になったというパターンです。実際にこうした男性は少なくありませんが、このようなケースで結婚できなかった男性だとお付き合いしても問題ないと考えられます。

プライドが高すぎてモテなかった

プライドが高過ぎる男性はモテません。ほかにどんなに魅力的な部分があってもそこで台無しにしてしまいます。このような男性と付き合ってしまうとこっちが疲れてしまいますし、プライドを傷つけないように気遣いする必要もあるためしんどいです。こうした理由で結婚できなかった男性とのお付き合いは少々考えものですね。

単に結婚する気がなかった

結婚する気がなくて結婚しなかったという方もいます。こうした方の場合だとこれから先も結婚する気がないということも考えられますから、アナタが結婚を考えているのなら事前に確認しておきましょう。アナタは結婚を望んでいるのに男性は望んでいないとなると平行線ですし、付き合っても意味がありません。

36歳男性が女性に求めていること


36歳の男性は女性にいったいどんなことを求めているのでしょうか。人によって違いはあると思いますが、考えられることをまとめてみました。

結婚を意識している

結婚に対して焦りを持っている方も多いですから、結婚を意識している男性が多いです。そのため、同じように結婚を意識している女性と付き合いたいと考えています。

生活・精神の安定を求めている

生活と精神の安定を求めている方も多いです。結婚して共働きなら家賃や光熱費、食費などは折半できますし、経済的な安定を求めているケースもあります。

女性の内面を重視する


若い頃はルックスを気にすることも多かったでしょうが、この年になると内面を重視する傾向にあります。そのため、外見ばかりを気にしている女性にはあまり興味がないこともあります。

女性には癒しを求める

会社でもそれなりの立場になっていることが多く日ごろからストレスも溜め込んでいるケースが多いため女性に癒しを求めています。付き合うなら自分を癒してくれる女性がいいと考えている方が多いですね。

自分を理解してくれる女性を求める

自分を理解してくれる人と付き合いたいと考えています。36歳だと結婚も多少意識しているでしょうし、それを考えると自分を理解してくれる人が一番だと考えているのです。

付き合うときの注意点

キスマークを首に付ける男性心理と対処法7選
36歳の男性と付き合うときにはいろいろと注意点もあります。ここでは代表的な注意点をいくつかご紹介しますからきちんと覚えておきましょう。

誠実で相手を思いやれる男性か判断しよう

36歳だと当然結婚についても考えているでしょうし、交際を検討している女性としても結婚は考えているでしょう。そのため、誠実な人かどうか、人を思いやることができる人かどうかを判断しなくてはなりません。結婚となると毎日一緒にいるわけですし、簡単に別れることもできないのですから最低限これくらいは確認しておくべきでしょう。

男性の年収に対する妥協も必要

結婚相手に求める年収は1000万円!と公言する女性も少なくありませんが、今の時代年収1000万円稼ぐような男性はそういません。かなり高嶺の花になってしまいますから年収に対する妥協も必要です。今は40代でも年収400万円という方がザラにいる時代ですから現実的に考えましょう。

まとめ

36歳の男性と付き合う前に確認したいこと、注意点などについてまとめてみました。一般的にはすでに結婚して家庭を築いているような年齢ですし、結婚していないというだけでもいろいろ勘繰りたくなるとは思います。人によって結婚しなかった理由、独身を貫いている理由はまちまちですから事前に確認しておきたいですね。また、何度も言うように36歳だと結婚を視野に入れてのお付き合いになると思いますから、女性側もじっくりと検討しなくてはなりません。経済的な部分はもちろんですが、毎日一緒に居て安心できる人、頼れる人を選ぶことが大切です。