嫌われたかも!?避けられてると感じる瞬間と対処法

相手に嫌われているかもしれないと感じたことのある方は多いでしょう。避けられていると思ってしまうこともあります。どのような瞬間に相手から嫌われていると感じるものでしょうか。また、このような状況でどんな対処法があるのでしょうか。嫌われたときの対処を教えましょう。

嫌われる人の特徴は?

相手のことを詮索しすぎる


ひょっとしたら相手のことを詮索しすぎている方がいるかもしれません。相手のことが気になるのは悪いことではありません。しかし、何でもかんでも質問をしたり、聞き出そうとするのはあまり良いことではありません。そうすることによって、相手から鬱陶しいと思われてしまったり、あまり話をしたくないと思われてしまうかもしれません。詮索しすぎる方というのは基本的に嫌われることが多いでしょう。

人により態度を変える

相手によって態度を変えてしまう方がいます。このような態度というのは嫌われてしまう原因となってしまうでしょう。人によって態度を変えるということは、相手が偉い人や自分の好きな人の場合には相手に好かれるような態度を取り、それ以外の人に対しては冷たい態度やそっけない態度を取るということです。このような露骨な態度の変え方というのは周りから嫌われる原因となってしまいます。

相手のことを否定する

不倫をする男性の心の中【なぜ不倫をしてしまうのか?】
話をしていてすぐに相手のことを否定してしまう方がいます。相手のことを何でもかんでも否定する方というのは嫌われる原因となってしまうため注意しましょう。相手を否定ばかりしていて、それで相手から好かれるということはありません。否定をする方というのは、それがくせになっていて自分では気がついていないケースが多いです。しかし、実際にはそれは嫌われる原因となってしまっているのです。

悪口やうわさ話をする


すぐに他人の悪口ばかり言ってしまう方がいます。いわゆる陰口というものが好きな方です。これは嫌われる原因となるでしょう。自分がいないところでもひょっとして悪口を言っているのではないかと思ってしまうからです。また、すぐに他人の噂話ばかりをしている方も注意しましょう。自分も噂をされているのかもしれないと不安になってしまい、あなたの周りに誰も近寄らなくなってしまうかもしれません。

他人から嫌われたと感じる瞬間

相手の態度が冷たく感じる


相手が自分に対して冷たい態度を取っていると感じたならば、それは気のせいではないことの方が多いでしょう。実際に冷たい態度をとっている可能性が高く、それはあなたのことを嫌っている証拠といえます。露骨な態度はとらなかったとしても、どことなく態度が冷たいと感じてしまうならば、それは気のせいではなく本当に冷たい態度を取ろうとしている可能性が高いのです。

会話が弾まない

相手と話をしていて何だか会話が弾まないと感じたことのある方は多いでしょう。1回だけであれば気のせいかもしれません。しかし、何度も会っていても毎回会話が弾まないということは相手があなたのことを嫌っている証拠といえるでしょう。あなたとの会話を早く打ち切りたいと考えており、その結果として会話が全然弾まなくなってしまうのです。

言葉遣いから相手の嫌悪感を感じる

相手の自分に対する言葉遣いによって、どこか嫌悪感を感じてしまうことがあるかもしれません。どことなく自分のことを毛嫌いしているような刺々しい言葉遣いをしているならば、注意しましょう。あなたのこれまでの行動や言動によって嫌われてしまっている可能性があるからです。

目を合わせてくれない


女性というのは基本的に会話をする際には相手と目を合わすことが多いでしょう。それなのに、相手が目をこちらに合わせてくれないならば、それはかなり嫌っている可能性があります。目を合わすのさえ避けたいほどあなたのことを嫌っていたり、憎んでいる可能性があるのです。偶然ではなく明らかに目を合わすことを避けられてしまうならば気をつけましょう。

あいさつしても無視される

これまで普通に挨拶をしていた相手に無視されてしまうことがあります。挨拶をして無視されるということが何度も続いたならば、明らかに相手はあなたと話をしたくないことが分かるでしょう。

SNSなどでフォローが解除される

最近はSNSをしている方が多いです。こちらによって自分が嫌われているかどうか判断することができます。たとえばSNSの自分のフォローが解除されてしまったならば、明らかにあなたは嫌われている証拠となるでしょう。普通、よほどのことがない限りはフォローを解除したりしないからです。今でも頻繁に会うことが多い方があなたをフォローしなくなったならば、それはかなり嫌われているといえます。

LINEやメールの返信が一言など短すぎる

LINEやメールなどでやり取りをしている相手が自分を嫌っていることが分かる場合もあります。たとえば返信が一言だけでとても短い場合です。このような素っ気ない返信をされてしまったならば、それはあなたとはもうやり取りをしたくないことを示しているのです。

LINEやメールで連絡してもスルーされる

LINEやメールの返信をされるならばまだましでしょう。中には連絡をしてもスルーされてしまうことがあります。どれだけ待っても一向に返信がこないのです。このような状態が続いてしまうならば、あなたはかなり嫌われているといえるでしょう。1日程度ならばうっかり返信を忘れてしまっていた可能性もあるのですが、それが数日や1週間以上続くようならば、意図的にスルーしている可能性が高いでしょう。

LINEやメールのスタートがいつも自分から

自分が仲が良いと思っている相手がいたとしても、その人へのLINEやメールはいつも自分から送っていることに気がつくことがあります。毎回、必ずスタートが自分からであり、相手からスタートしたことが一度もない場合には、それは嫌われている可能性があります。あなたとはできればLINEやメールをしたくないと思われているのです。このようにして自分が嫌われていることが分かる場合があります。

LINEやメールをしてもやりとりをすぐに切られる


LINEやメールを自分では楽しくしているつもりでも、すぐに途中で切られてしまうことがあります。何か事情があって切るのではなくて、突然何の前触れもなく切られることがあるならば、それはあなたとはもうメールやLINEをしたくないということが伝わってきます。好きな相手に対してはそのようなことをしないからです。

嫌われたときの対処法

自分に落ち度がないか考える

もし自分が嫌われているのではないかと不安になったならば、自分には何か落ち度がないのか考えてみましょう。ひょっとしたらあなたの普段の言動や行動が原因となって嫌われている可能性があります。もちろん、まったくの誤解であったり、自分に何の非もないこともあるのですが、自分に原因があるならば、そのことについて反省するべきです。その相手とのこれまでの会話について振り返ってみたり、何か嫌われる原因となる瞬間があったのではないかと振り返ってみましょう。

嫌われても相手の悪口を言わない

たとえ相手から嫌われてしまったとしても、そのことで相手の悪口を言うことは避けましょう。相手の悪口を言ってしまうと関係を修復することが難しくなってしまいます。どこからか、あなたが相手の悪口を言っていたことが伝わってしまうかもしれないからです。また、他人の悪口を言うという言動そのものがあなたが嫌われてしまう原因を作ってしまうことになるため気をつけましょう。

原因がわかる場合は相手に説明や謝罪をする

もし自分が嫌われている原因が分かったならば、しっかりとそのことについて誤解を解いたり、相手に謝罪をしておきましょう。原因が分かったのに何も対処しないと、さらに関係が悪化してしまいます。自然に修復するのを待つのではなくて、自分から積極的に行動しましょう。

まとめ

他人に嫌われたり避けられるのは嫌なものです。もしこれからも付き合っていきたいと思っている相手から嫌われてしまったならば、しっかりと対処しておきましょう。また、普段から自分が嫌われないように行動や言動に注意しましょう。