愛想笑いは損する原因!自分に正直になる4つのメリット

愛想笑ってしちゃうことがありますよね。周りに気を使って愛想笑いをするという方は多いのではないでしょうか。愛想笑いをすることによって、嫌われなくなると考えている方がいるかもしれません。しかし、実は愛想笑いというのは自分が損をしてしまうことが多いです。そのため、無理にする必要はありません。自分に正直になることの良さを教えましょう。

愛想笑いが原因で損する理由


愛想笑いというのは良いことのように思われているのですが、実際にはデメリットもたくさんあります。愛想笑いをすることで損をしてしまう場面はたくさんあるのです。どうして愛想笑いが損をするのか教えましょう。

自分が疲れる

愛想笑いというのは不自然な笑いであり、それを維持するのはとても疲れる行為です。愛想笑いは人前では常にしていることでしょう。愛想笑いをする生活をずっと続けていると自分がどんどん疲れてしまいます。昔から愛想笑いをしている方は、それが当たり前となっていて、自分が疲れていることに気がついていないケースが多いでしょう。なんだか疲れていると感じている方は多いかもしれません。そういう方は、愛想笑いをしているせいかもしれないと考えてみましょう。

相手に合わせているの判断力が鈍る

愛想笑いというのは常に相手に合わせています。自分が面白いと思っていなくても、とりあえず笑っているという方が多いでしょう。そのため、笑うような場面でなくても笑ってしまうことがあるでしょう。愛想笑いを常にしていると、その場面に合わせて笑うというのではなくて、とりあえずずっと笑っているという方が多いでしょう。これではどんどん判断力が鈍ってしまうでしょう。愛想笑いを続けることによって、他人とコミュニケーションをとるための能力が衰えてしまいます。

周囲にバレているから信頼を失う


愛想笑いというのは自分では周りにバレていないと思っている方が多いでしょう。しかし、実際には周囲の方にバレていることが多いです。自分だけはバレていないと思っているため、そのままずっと愛想笑いを続けているという方がいて、その結果周囲の人達から信頼を失ってしまうことになります。愛想笑いをしている方というのは、どんなときも常に笑っており、何を考えているのか分かりません。腹黒いと思われてしまうかもしれません。信頼を失うというデメリットがあるのです。

相手の意見を断れないので大切な時間を失う

愛想笑いをするというのは、相手の意見を断ることができないということです。相手がどのような意見を言ったとしても、常に笑っているということです。そして、相手の意見に賛成できない場合であっても、愛想笑いを続けてしまうことになり、大切な時間を失ってしまうことになるでしょう。無駄な時間を過ごしてしまうことになるでしょう。

愛想笑いをやめるメリット

愛想笑いをやめることによってさまざまなメリットがあります。どのような良いことがあるのかを紹介しましょう。

自分のキャラクターが伝わるから友達が増える


まず、愛想笑いをやめて素の自分をさらけだすことによって、自分がどのようなキャラクターなのかを伝えられるようになるでしょう。そうすればあなたのキャラクターに興味を持ったり、あなたのキャラクターに好感を抱く方が増えるかもしれません。そうなれば、友達がどんどん増えていくでしょう。素の自分を出していない方というのは、なかなか深い付き合いを進めることが難しくなってしまうのです。その点でも愛想笑いというのは損をしています。

正直さが伝わるから恋人ができやすくなる

愛想笑いをしないということは、自分が本当に笑いたいときに笑うということです。自分の感情に素直になって、その感情を表に出すということです。そうすることによって、正直さを伝えることができるでしょう。そうすれば恋人ができやすくなる可能性が高くなります。自分の素直な感情を伝えることが好感をもたれやすい要因となるからです。その人が何を考えているのか分からないというのはやはり怖いものなのです。そのような方に異性は惹かれないでしょう。

ウソをつかないから信用が得られる

愛想笑いをしないということは嘘をつかないということです。それによって、相手から信用を得られる可能性が高くなるでしょう。嘘をつかれることを嫌っている方はたくさんいます。自分も嘘をつかれてしまう可能性があると考えてしまうからです。そのような方は信頼されないでしょう。

自分を出せるようになるから心が穏やかになる

愛想笑いをやめることによって、どんどん自分を出せるようになるでしょう。自分が考えていることを表現できるようになります。何も自分の中に溜め込む必要がなくなるのです。その結果として、心はどんどん穏やかになっていくでしょう。ストレスを抱えなくなるというメリットがあるのです。

愛想笑いをやめる!いい人から卒業する方法


これから生き方を変えるために愛想笑いをやめたいと考えている方はたくさんいるでしょう。愛想笑いをやめることによって、ただいい人と評価されることから卒業することができるのです。それではどのような方法で卒業できるのか紹介しましょう。

愛想笑いをやめても人間関係は壊れないと理解すること

まず愛想笑いをやめてみたとしても、それによって人間関係が崩れてしまうことはありません。そのことはきちんと理解しておきましょう。そもそも愛想笑いというものが不自然なものであると理解しておくべきです。愛想笑いをしないことが怖いと考えている方がいるかもしれません。しかし、実際に愛想笑いをやめてみると案外楽であることが分かるでしょう。

自分に素直になること

愛想笑いをやめるためには自分に素直になることが大切です。そうすれば、笑いたくないときに無理をして笑おうとすることを避けられるでしょう。もっと素直な生き方を求めることをおすすめします。そうすることによって、自然と愛想笑いをすることがなくなっていくでしょう。

相手に媚を売らないこと

愛想笑いをする方の中には相手に媚びを売りたいと考えているケースが多いです。これは嫌われたくないという気持ちがあったり、相手に好かれたいという気持ちが強いために起きてしまうことです。そのような気持ちを持つことは別に悪いことではありません。しかし、相手に媚びを売ることが逆効果となってしまう場合もあることは覚えておくべきでしょう。

嫌われる勇気を持つこと

愛想笑いをする方の多くは他人に嫌われてしまうことを極度に恐れていることが多いです。しかし、嫌われる勇気を持つこともときには大切です。世の中のすべての人に好かれるなんて無理な話なのです。そのことを理解して、嫌われてしまってもしょうがないと思えるようになれば、自然と愛想笑いをやめることができるでしょう。

リラックスした気持ちでいること


常にリラックスをすることも大切です。愛想笑いをしているときには、常に笑顔で他人に接しなければいけないと身構えていた方が多いでしょう。しかし、そのような状態をずっと続けているのはとても疲れることです。もっとリラックスした気分で他人と接することをおすすめします。常に自然体で他人と関わることができるようになれば、自然と愛想笑いをやめることができるようになるはずです。

本当に笑いたいときに笑うこと

愛想笑いをやめる一番の方法は本当に笑いたいときにだけ笑うことです。別に笑いたくないときには笑う必要はないのです。これはとても自然なことです。しかし、これまで愛想笑いを続けてきた方にとっては、難しいことかもしれません。それでも、多くの人は本当に笑いたいときにのみ笑っています。そうすることによって、他人と自然に付き合えるようになるでしょう。

まとめ

愛想笑いというのは本人が考えている以上にストレスになることであり、意外とデメリットがたくさんあることです。そのため、愛想笑いはできるだけやめることをおすすめします。愛想笑いをすることをやめて、もっと自然に笑えるようになれば、とても楽に生きられるようになるでしょう。愛想笑いにこだわる必要はないです。