男性にモテるんです!あなたの知らない《オタク女子》の魅力を徹底解明

日本でも《オタク》のイメージに変化

自分が興味のある分野に関して、徹底的にハマり込む人たちのことを主に《オタク》と日本では呼ばれています。

好きなものに対する姿勢は、普通の人とは比べ物にならいほど。

一昔前は《オタク》というと男女共に、偏見などもありマイナスイメージが強い印象が強くありましたが、最近では変わりつつあります。

オタクであることを悩んでいる女性にも伝えたい、実は男にモテる要素が詰まっている《オタク女子》の魅力に迫ります。

脱オタクして恋愛しようと思ってるアナタ!

オタクしながら恋も可能な時代到来ですよ。

 

オタク女子は《男性と同じ趣味を楽しめる》

オタク女子の魅力のひとつとして、男性との共通点が挙げられます。

女性に比べて男性は、年齢を重ねても漫画やアニメにゲームなど好きな男性が多い印象を受けますね。

一部の女性は、それが嫌だと感じる人も少なくはありません。

ですがオタク女子は、自分自身も夢中になるくらい好きなモノを持っていることもあり男性のそういった部分に理解があります。

また、一緒に共通の趣味を楽しめる可能性が大いにありますね。

好きなモノをお互いに教えあえることもできちゃいます。

 

好きなモノがあるからこそ《程よい距離感》

彼氏いるの?と尋ねる男性心理とモテ回答

恋愛をすると彼に依存してしまったり、恋愛中心の生活になってしまう女性も少なくはありませんね。

しかしオタク女子は、既に自分が夢中になれるモノを持っているため恋愛に依存もしにくく、また程よい距離感での恋愛関係を築けるのだとか。

束縛などを嫌う男性にもオタク女子のそういった姿に、大人の女性の余裕すら感じられるかもしれませんね。

 

浮気などは考えられない《一途さ》

現実と二次元は別物です。

現実でオタク女子の1番になることができれば、とことん愛するのがオタク女子。

今まで女性に振り回されるような恋愛をしてきた男性には、オタク女子のような存在は安心感を得られる関係性になる可能性も。

1度惚れると、どんどんハマり込んでいくのがオタク女子のいいところ。

 

好きなモノがあるっていい《イキイキとした表情》

オタク女子の好きなモノへ対する姿勢などのスタイルは、イキイキとしており充実感を感じさせます。

オタク愛からくる充実感がよりその人の魅力をアップさせるようにも感じますね。

そんな彼女の姿に元気をもらう男性も多いのではないかと思います。

上手にストレス発散することができるオタク女子は、男性からも輝いて見えます。

 

アイドル好きの男性必見《アイドルを一緒に楽しめる》

アイドルが好きというと何だか嫌な顔をする女性もいるかもしれません。

ですがオタク女子はアイドル好きな女性が多いと言われています。

もしかしたら、押しのメンバーの話をしたりなどアイドル話で盛り上がることができるのもオタク女子くらいかも。

一緒にアイドルで盛り上がれる彼女なら、オタク女子は最高のパートナー。

 

コロコロ変わる表情《ギャップ感》が男を引き付ける

普段の生活では見せない、好きなモノのことになると顔を「パっ」と明るくして話す表情など、見ていて飽きないのがオタク女子。

「好きなモノのことを話している姿」「熱狂してアツくなる姿」場合によっては「コスプレをしたり」など、さまざまな一面を見ることができるでしょう。

その普段とのギャップ感が男心をくすぐります。

 

好きなモノのために《経済的に自立している》

オタク女子は真面目な人が多いと言われています。

楽しみのあるプライベートと仕事をきちんと切り分けメリハリをつけています。

好きなモノにお金をかけるためにも、仕事に一生懸命取り組むのも特徴。

そういった真面目さが、職場で評価され経済的自立に繋がるのでしょう。

 

現実での《恋愛経験が少ない》傾向にあり

オタク女子は、一般的な女性に比べて恋愛経験が少ないと言われています。

それは彼女たちが今まで恋愛よりも自分の好きなモノに時間を使ってきたから。

今までの女性とは違った「ピュア」さを感じさせる恋愛ができるかも。

男慣れをあなりしていない姿に、また愛らしさを感じるのかもしれませんね。

恋のライバルは意外と《オタク女子》かも

今まで恋のライバルとして意識されることが少なかったオタク女子。

ですが男性との共通の趣味があり、男心が分かる面も持つオタク女子は意外と手強いライバルと言えそうです。

少しずつ男性もそんなオタク女子の魅力に気づいてきているかも。

彼女でもあり最高の親友のような関係も築けそうな気がするオタク女子。

可愛いオタク女子も増え注目度も高まりつつありますね。

一度ハマるとことんな性格の彼女たちがコスメやファッションに目覚めた時には、どの女子にも負けない気がしてます。