方言がかわいい!男子に刺さるフレーズをまとめました

方言を話している女性というのは男性からすると可愛いと感じることが多いです。そのため、積極的に方言を使ってみると良いでしょう。男子に上手く刺さる方言のフレーズについて教えます。

男性が方言がかわいいと感じる理由

そもそも、どうして男性は方言をかわいいと感じるのでしょうか。これにはさまざまな理由を考えることができるでしょう。方言を使えるというのは大きな武器となるのです。方言がかわいい理由について考えてみましょう。

言葉の中に温かみを感じるのが方言

方言というのは言葉の中に温かみを感じやすくなっています。標準語の場合は堅苦しくて冷たい印象を与えてしまいます。それよりも方言の方がイントネーションや語尾などが異なっているため、より相手に対して魅力を与えることができるでしょう。

地域の文化の美しさを無意識に感じさせるのが方言


方言というのはそれぞれの地域に固有の文化となっています。日本というのは歴史の長い国です。それぞれの地域において独自の文化が長い時間をかけて熟成されてきました。その結果として、それぞれの地域ごとに方言というものが生まれてきたのです。最近はテレビやラジオなどの影響もあり、若い人の方言が薄れてきているのですが、地域の文化を継承しているという意味でも方言を使った方が好ましいでしょう。

方言を使っている人を見ると、その人は地域の文化を大切にしていると無意識に感じるでしょう。一番分かりやすく地域の文化を伝えてくれるのが方言と言えます。

語尾や言葉の終わりがかわいい方言

方言にもさまざまな種類が存在しているのですが、語尾や言葉の終わりが通常よりも変化しているものが多いです。こちらは簡単に真似することができるため、試しに使ってみるのも良いでしょう。それではどのような方言があるのか紹介しましょう。

福島弁「~だべ?」

~じゃないですか、~でしょうというように相手に対して同意を求めるために使われるのが~だべという語尾です。他にも~だべしたや~だんべといった言葉がよく使われています。これらはベエベエ言葉といわれることがあります。これらはいわゆる東北弁によく見られる方言であり温かみを感じさせることができるでしょう。田舎のおばあちゃんが使っているのを聞いたことがある方も多いでしょう。

関西弁「~やねん」

関西弁では~やねんという語尾がよく使われます。最近は関西弁を使う芸能人が増えており、特にお笑い芸人がこちらの語尾をよく使っていることが多いため耳にする機会は多いでしょう。女子がこの語尾を使うと可愛らしさを強調することができるでしょう。

京都弁「~してはります」


京都弁では~してはります、~してはりますの、~してはるのといった語尾が使われることがあります。こちらも聞いたことがある方は多いでしょう。京都らしい語尾であり、今でも実際に使っている方はいます。京都らしい上品で奥ゆかしさを感じさせる方言となっています。

広島弁「~じゃけ?」

広島弁では語尾にじゃけを用います。こちらは知っている方は多いでしょうが、実際に聞いたことのあるという方は少ないかもしれません。特に東日本に住んでいる方はなかなか耳にする機会はないでしょう。じゃけんやじゃけぇといった言い回しも普通に使われています。

博多弁「~やけん」

博多弁では~やけんという語尾が使われます。こちらは~だからという意味となります。そのため、日常会話ではよくこちらの語尾が使われることがあります。あまり硬苦しい感じがなくてゆるい感じの語尾となっているため、可愛らしさをアピールできるでしょう。特に女子が~やけんというのは可愛いと思う男子は多いでしょう。

博多弁「~っちゃ」

博多弁の場合は語尾に~っちゃとつけることもあります。こちらも女子に使って欲しい博多弁として多くの方が可愛いと思うものでしょう。~しよっちゃ、であれば~してるよや~しようよという意味となります。さまざまな語尾に~っちゃが付けられます。慣れていないとよく意味が分からなくなるため注意しましょう。

「好き」がかわいい方言


女子から好きと言われて喜ばない男子はいません。それをただ好きと言うのではなくて、方言で言うとさらに可愛くなるでしょう。好きという言い方にもそれぞれの地域において方言の違いが存在しています。好きが可愛らしく聞こえる方言をいくつか紹介しましょう。

岩手弁「好きだっちゃ」

岩手弁では好きだっちゃという方言で好きということになります。さらに付き合ってけねがという言葉が付けられることもあります。だっちゃについては、過去に漫画作品のキャラが使っていたこともあり話題となったこともあります。もし彼女から好きと言われるときに好きだっちゃと言われてしまったら、男子はとてもキュンとしてしまかもしれません。

関西弁「好きやねん」

関西弁であれば好きやねんとなります。こちらは聞いたことがある方も多いでしょう。好きなんだ、好きなのよといった意味となります。かつて好きやねんという言葉の入っている歌が話題となったことがあります。関西弁のイントネーションでやっぱ好きやねんといわれるとキュンとしてしまう男子は多いでしょう。好っきゃねんという発音となることもあります。

広島弁「好きじゃけ」

広島弁においては好きじゃけとなります。ぶち好きじゃけと言われることもあります。この場合はすごく好きという意味となります。好きじゃけえと言われることもあるでしょう。可愛い好きの言い方としてトップクラスの人気があるといっても過言ではないでしょう。最近は広島が注目される機会も増えています。こちらの方言で愛の告白をしてみてはどうでしょうか。

博多弁「すいとーよ」

博多弁の場合は好きという言い方まで方言としてなまっています。すいとーよという言い方となるため、こちらはそもそも知らなければ愛の告白をされたことが分からないかもしれません。愛しているの場合はあいしとーよという言い方もあります。人によってはとても可愛らしくてはまってしまうかもしれません。

ネットでウワサ!?「キスして」がかわいい博多弁


いろいろな方言が日本に存在しているのですが、その中でも博多弁のかわいさが注目されていることが多いです。特にキスしての言い方が博多弁だと可愛いと話題になっているのです。どのような言い方があるのか紹介しましょう。

「チューしたいっちゃん!」

博多弁ではキスをしたいときにはチューしたいっちゃんと言います。語尾にちゃんがつくのはとても可愛らしいでしょう。思わず男性はあなたにキスをしてしまうかもしれません。男性をとてもキュンとさせるのに効果的な言い回しとなっています。

「チューしたいけん」

こちらも男性が聞くとかなり可愛らしくて思わず女子を抱きしめたくなってしまうかもしれません。とてもかわいいフレーズとなっています。博多弁だといろいろなバリエーションが存在しているのです。

「チューしていいと?」

チューしていいとと相手に質問する言い方もあります。基本的に福岡の女性というのは最近は標準語であることが多くなっているのですが、親しい相手に対して方言を使う傾向があります。そのため、このような言い方がされるようになったならば、その女性は相手ととても親しくなっていると思っているのです。

「いつチューしてくれると?」

キスをしてほしいけれどもなかなかしてくれない男子相手に尋ねる言い方がこちらの言い回しです。こんな風に女子からキスのことについて言われてしまえば、もう男子はキスをしなければいけなくなるでしょう。

まとめ

いろいろな可愛い方言についてまとめてきました。こちらで紹介したもの以外にも、まだまだ日本には可愛らしい方言がたくさん存在しているのです。ただし、方言というのは基本的にそこに住んでいる人が使うべきでしょう。可愛いからといって、その方言を真似てしまうと失敗してしまうこともあるため、注意してください。