彼氏がハイスペック過ぎて辛い!?フツーの私は、どう付き合えばいい?

「彼氏が完璧すぎてどう接すればいいか分からなくなる」

「打ち解けているはずなのになんか緊張してしまう」

「他の女の子に取られないように力んでしまう」

彼氏がイケメン過ぎたりハイスペック過ぎるのも、逆にこそばゆいような苦悩があったり、言いようのない緊張感があるものです。そんな時、世の中の女性たちはどのような心構えで上手にお付き合いをしているのでしょうか。

スペックばかりに目がいかないようにする

顔や身長などのルックス、お金持ち、お家柄…そんなスペックを兼ね備えた彼の心情はどんなものなのでしょうか?

実は彼氏さん自身も、そういった外見的な部分ばかり愛されることも多く、どことなく「いつ飽きられるのか」という不安があるものです。

彼の内面に目を向けて、「自分だけが気付いている彼の魅力」にたどり着ければ、お互いにもっと安心してお付き合いができるでしょう。

ありのままの自分を見せる

相手となる彼があまりにもハイスペック過ぎると、「自分もそれに釣り合う存在にならなきゃ」と力んでしまうもの。

しかし、そんな焦りからくる「必要以上の背伸び」は、かえって彼にとっても「まだ信頼してくれていないのかな…」と不安にさせてしまうことでしょう。

ありのままの自分を見せることで、相手にとってもあなたに対してもっと自分を見せることに積極的になってくれるはずです。そんな中で、お互いがもっとパートナーとして信じ合える仲になっていくこと良いですね!

自分磨きが「停滞」しないようにする

「ありのままの自分を貫く」ということは大切。しかし、「自分の望んだ自分の在り方」とはまた違ったものです。

自分が打ち込んでいるもの、一生懸命に取り組んでいること、誰にでもあるでしょう。彼にとって素敵に映る自分を演じるのではなく、「こういう自分でいたい」というこだわりを捨てず、彼女というポジションにあぐらをかかず。そうしたバランス感が、あなたを今よりも魅力的にしてくれることでしょう。

彼もそんな健気なあなたと一緒にいれることが、もっともっと誇らしく思うようになるかもしれませんよ。

お互いの不完全さも含めて認め合えるとGood◎

ハイスペックな男性にも、プライドが高かったり、何かしらのコンプレックスを抱えていることだってあります。そんな時には、器用に立ててあげることも彼の居心地の良さに繋がることでしょう。

あなたと一緒にいる時だけは、自分自身のもやもやとした劣等感も「まあいっか」と思える。そんな、”女性側の包容力” も時には必要かもしれません。

自分自身を理解してもらうことと、相手を理解しようとすることは表裏一体です。時間はかかることもあるかもしれませんが、きっと少しずつ「どう付き合っていけばいいか」「どうすればふさわしい彼女になれるか」といった正解の無い問題も、クリアできることでしょう!