年上の男性に《恋愛対象》として見てもらうための9つのアプローチ

気になる彼は《年上の男性》

芸能界でも歳の差カップルを多く見かけるようなりました。

恋愛に年齢なんて関係ないと思うものの、その壁を感じてしまう女性も多いのではないでしょうか?

年上の男性と良い関係を築けていたとしても「後輩」「部下」「妹のような存在」としてなど、なかなか恋愛へ発展できずに悩んでいる人も多いことでしょう。

今回は、少しでも年上の男性に恋愛対象として見てもらうためのアプローチ方法をまとめました。

あなたの諦めたくない恋を、1歩でも踏み出すきっかけや勇気に繋がれば幸いです。

 

自分自身を《磨くことから》はじめてみる

恋をすると女性は綺麗になるとよく言われます。

今までのあなたとは違った一面を見せることもアプローチポイントのひとつ。

悩んでいる暇があったら、日々小さなことでも構いません。

自分を更に魅力的に見せるための行動をはじめてみましょう。

今すぐあなたができそうな自分磨きを探してみましょう。

 

自分磨きの例

・自分に似合うファッションやメイクの研究

・体を鍛えて健康美を目指す

・新しいことを初めてみる  など

 

ひとりの女性として見てもらえる《言葉使い》

若い年代の女子になると、特有の言葉の使い方があると思います。

そういった言葉使いはより、子供っぽさを感じさせてしまう要因に。

世代感のギャップを感じてしまうかもしれません。

できるだけ対等な関係で居られるように、言葉の使い方にも気を付けてみて。

 

年上の男性が元気がない時がチャンス《励ましや応援をする》

年上の男性にだって立場上の悩みなどもあると思います。

普段と様子が違っていたり、元気がないように感じた時は「励ましや応援の言葉」をかけてみるのもいいでしょう。

あくまでも、普段の姿を尊重してプレッシャーにならない言葉のかけ方が◎

 

励ましの言葉の例

・○○さんの味方ですから

・普段、頑張っている姿見ています

・○○さんなら大丈夫です 信じています など

 

年上の男性に対して《尊敬していることを伝える》

年上の男性に対して「○○さんみたいに仕事ができるようになりたい」など年下の女性から慕われて嫌な気分をする男性はいません。

そういった行動から意識してしまう存在になることも考えられます。

男性は自尊心を尊重してくれる女性に本能的に惚れやすいと巷では言われているのだとか。

 

年上の男性が《恋愛対象であることをやんわり伝える》

ハッキリとあえて本人に、年上の男性が恋愛対象であると伝えるのもひとつの手。

鈍感な年上男性は、恋愛対象として見ていることすら気づかない人も多いです。

その言葉を聞いて「もしかして…」と思わせることができたら恋のスタートが見えてきますね。

 

恋愛対象であることを伝える例

・○○さんみたいな年上の男性が恋愛対象です(ここまで言えたらスゴイ)

・年上の男性って素敵ですよね

・大人の男性がタイプなんです

 

心を開いていることを勘づかせる《悩みごとの相談》

誰かから頼られるのは嬉しいことであり、また信頼されている証です。

それが女性からともなれば、男性は嬉しいことでしょう。

悩みごとを相談していくうちに、「この子は俺が守ってあげなくては」なんて感じてしまう男性も。

悩みごとを相談できる間柄ならば、まだまだチャンスはあるのかも。

 

もっと見たいと思わせる《笑顔》が最大の武器

癒しを感じたり、元気をもらえる笑顔は女性にとって最大の武器。

またその笑顔みたいと思わせることができたら、恋も実る確率は上がります。

年下の女性ならではの、元気溢れる笑顔に惚れる男性も多いハズ。

にこやかな表情は、年齢問わず共通する魅力ポイントです。

 

年下女性の得意分野《上手に甘える》

立場的にも甘えやすい関係でもある年上男性と年下の女性の組み合わせ。

男性も頼られると嬉しいものです。

迷惑が掛からない程度に、程よく甘えられれば◎

またその甘える姿が、年上男性の目にも可愛らしく映る可能性はあります。

 

年上男性のいいところを《褒めてあげる》

人のいい所を褒められる人は、人としても素敵です。

年齢を重ねるほど、褒められることって減っていくと思います。

そんな時の誉め言葉が、今後の活力に繋がる可能性も。

誰かが頑張りを見ていてくれたと思うと嬉しいですよね。

 

後悔したくなければ《素直》になること

恋は始めようと思って始めるものでもなければ、意識して終わらせることもできないものだと思います。

恋をしてしまって、今の関係に悩んでいるのなら相手に意識してもらえるような発言や思い切って好意を伝えるのがいいでしょう。

ただし、独身の年上男性ならいいですが既婚者の男性に手を出すのだけは自分自身の幸せのためにも辞めていた方が◎

年下の女性にしかない魅力である「ピュアさ」「若さ」「愛らしさ」を最大限に活かしてアピールしてみて下さい。

恋愛対象として意識してもらうことから、始めるのがポイントですね。