マネしたい!?男性がキュンとしてしまう《小悪魔女子》のワガママテクニックとは?

意図的にやっているのか、それともいわゆる ”天然たらし” なのか。そんな、「どこかずるい…でもそこが可愛くて悩ましい」、《小悪魔女子》。いずれにしろ、周りの男性ととても器用に駆け引きをする女性たちのテクニック、少し気になりますよね。

一見すればうっとおしいだけの「ワガママ」も使いこなし、立派な武器に変えてしまう彼女たち。

そんな小悪魔女子のテクニックをのぞき見してみましょう。

小悪魔女子の ”可愛くてズルい” ワガママテクニック

お店を通り掛かった時の「ねぇ、あれ食べたい♡」

ワガママにも、「ポジティブなワガママ」と「ネガティブなワガママ」が存在します。簡単に言えば、前者は「甘える攻撃」、後者は「愚痴」などが具体的なものでしょう。

特に、露店を一緒に歩き回っている時の「あれ食べたいなー」は最強です。上目遣いで言えばさらに強力。買ってもらえた後に、満面の笑顔で「おいしい!」と彼の目を見つめるところまでいけば、「三連コンボ」は大成功でしょう。

男性の「彼女が欲しがった食べ物を、俺が食べさせた!」という本能的な欲求を満たすことにもつながり、それが男心をくすぐることにもなります。あざといっ!

デートの終わりに最強の常套句「もっと一緒にいたい…」

デートおわりの男性への「最後の一撃」としてオススメしたいのがこのセリフ。これを言われて「おっ…」と内心で喜ばない男性なんてこの世にいるのでしょうか。

また、1日の間しっかりエスコートをしてくれて、楽しませてくれた男性への「感謝を示す言葉の代わり」としても、とてもロマンチックですよね!

男性側があなたをもう一度デートに誘う時は、間違いなく誘いやすくなるはずです。

LINEで「もう寝ちゃうの?」

「そんなこと言われたらカフェイン飲んででも寝ないわ!」

そんな男性の心の声が聞こえてきそうなこのフレーズ。

女性にとって睡眠の時間というのは、美肌作りに直結するため、意地でもコントロールするべき場面です。しかし、敢えてそんな場面での「もう寝ちゃうの?」「私が寝るまで寝ちゃいやだ」という甘いワガママには、真に迫るものがあります。

男性はあなたに対して、何か特別な感情を抱くようになるかも…?

わがままは「つい言っちゃうもの」ではなく「狙って言うもの」♡

ここぞという場面で男性をきゅんとさせてしまう小悪魔なわがまま。さりげない談笑ややり取りの間に、時々取り入れていくことで、男性を「恋愛モード」に変えてしまうテクニックかもしれません。

好きになった男性がいるのなら、誰かに取られちゃう前に落としちゃいましょう!上手に使いこなせるようになれると面白いかもしれませんね!