女に生まれて良かった…!そんな喜びを感じる瞬間と言えば?

「女に生まれてきて本当に良かった!」

「これが女だからこそ感じられた喜びなのかな」

皆さんは、このように思ったことはありますか?

女性と男性では、まるで別の社会を生きているようで、そのライフスタイルも全く異なります。それゆえ、「女性にしかない苦悩」や「女性だからこそ乗り越えなければいけないステージ」があるのも事実。そしてその逆も然り、女性だからこそ感じられる喜びや感性も、考えてみればたくさんあるものです。

この記事を読み終わる頃には、あなたはもっともっと「女の子に生まれて良かった」と感じられるかも?

女に生まれてよかった…そんな実感が溢れる瞬間!

女の子のほうがオシャレの幅が広い!

やはり、ファッションやコーディネート、メイクなどを含む全てのオシャレは、男性よりも圧倒的に女性のほうがジャンルが広いですよね!

もちろん、男性にも様々な着こなしはありますが、基本的にはパンツスタイルのみ。一方で女性には、スカートやワンピースなど、たくさんのジャンルの中から自分を表現することが出来ます。これは女性に生まれたからこその特権とも言えるでしょう。

女の子の友達同士で自慢し合うのも、気になる彼に「この格好ならいける!」と意気込んで着飾ってみせるのも楽しいものです。

メイクでいくらでも変われる!

女性に生まれる喜びを語る上で欠かせないもの「メイク」。

生まれつきが一重まぶたでも二重なれるアイテープ・アイプチや、ニキビをなかったことにするコンシーラー。今では「メイク一つでここまで変われるのか」と驚くほどに、様々な化粧品が販売されていますよね!

デート前にちょっとアレンジしたメイクを楽しんでみたり、流行りのスタイルに乗ってみたり。千差万別の楽しみが体験できるこの喜びは、代えがたいですよね!

可愛いものを女の子同士で共有できる!

ちょっとオシャレなカフェ、気になるコスメ、テーマパーク。

可愛いものに溢れた世界で、その感動を女の子同士で共有し、喜びを分かち合える。これも素晴らしいことですよね!

男性にもそういったものに興味を示す方はいますが、男性同士でそれを分かち合うことは結構大変な模様。なかなか趣味の合う人はいませんものね。

そしてそんな感性の共有は、いくつになっても楽しめるもの♡

「女の子」に生まれるという至上の幸福

ちょっと考えてみるだけでも、女の子の私生活には身近なところにたくさんのロマンチックが溢れていますよね!女の子に生まれたがゆえの特権を好きなだけ享受し、オシャレにメイクにとにかく楽しんで、楽しみ抜きましょ!