彼女の呼び方の定番。呼び方でわかる二人の距離感

彼女の呼び方は男性によってまちまちです。いろいろな呼び方がありますし、人によってはあまり耳慣れないような呼び方をしているケースもあります。彼女の呼び方一つで二人の距離間を測ることもできますから、知識として覚えておくと良いかもしれませんね。ここでは、彼女の呼び方の定番や呼び方で分かる二人の距離間などについてお話したいと思います。

彼女の呼び方の定番


彼女の呼び方もいろいろありますよね。ここでは定番の呼び方をいくつかピックアップしました。

名前を呼び捨てする

名前を呼び捨てにするというのはよくあるパターンですよね。付き合い始める前まではさん付けだったのに、付き合い始めたら彼女を呼び捨てにしだすということもよくあります。

年下の彼女や同い年という場合だとより呼び捨てにするケースが多いのではないでしょうか。また、比較的気が弱い女性、男性にはおとなしく従うタイプの女性だと呼び捨てを容認していることが多いですね。

「名前+ちゃん」で呼ぶ

名前にちゃんづけというのも多いです。親しみが込められているような気がしますし、ちゃん付けで呼んでいるという男性は多いです。男性からすると男らしくない、と思われてしまうこともありますが、女性からすると呼び捨てよりもちゃん付けで呼んでもらったほうがイイという方は多いですね。

あだ名で呼ぶ

あだ名で呼ぶというパターンも多いです。本名に近いあだ名で呼んでいるケースもあれば、いったいどうしてそんなあだ名になったのかと不思議に思えるあだ名で呼ばれているケースもあります。2人にしか分からないことですし、ある意味親密に思えてしまいますよね。

苗字で呼ぶ

苗字で呼ぶというパターンもあります。付き合っているのに苗字で呼ぶのはおかしい、と思った方もおられるでしょうが、実際このようなカップルは少なくありません。周りからすると何となく他人行儀に思えてしまいますね。

「お前」と呼ぶ

お前、と彼女のことをよぶ男性もいます。オラオラ系やSっ気の強い男性だとこの傾向が強いのではないでしょうか。最近ではお前と呼ばれることにイラっとしてしまう女性も多いようですから男性も注意が必要です。

彼女の呼び方で分かる男性心理


彼女をどのように呼んでいるかによって男性の心理が分かると言われています。ここでは彼女の呼び方から見る男性心理を検証してみましょう。

名前を呼び捨ては信頼関係有り

名前を呼び捨てにしているのは強い信頼関係の表れです。信頼していない人から呼び捨てにされるのは嫌悪感しかありませんが、信頼している人から呼び捨てにされるのはあまり気になりませんよね。お互いを名前で呼び合っているような場合だと強い信頼関係が伺えます。

名前+ちゃん・あだ名はもっと親しくなりたい

名前にちゃんづけ、もしくはあだ名で呼んでいるというケースだともっと親しくなりたいという男性心理が働いています。まだそこまで距離が縮まっているわけではありませんから、ここからもっと相手のことを知りたい、もっと仲良くなりたいと考えているのです。

苗字は対等な関係

苗字で呼ぶのは対等な関係だと男性が思っているケースです。自分の上でもなく下でもなく、あくまで対等な関係で付き合っているからこその苗字呼びとなることが多いです。

お前は彼女を下に見ている

お前呼びの男性心理は彼女のことを下に見ているということになります。自分の所有物、とまでは言いませんが、それに似た感情を抱いているからこそこのような横柄な呼び方になってしまいます。そのため最近ではお前と呼ばれることを嫌がる女性も増えていますね。お前呼びがケンカの原因になってしまうこともありますから注意しなくてはなりません。

男性が彼女の呼び方を変えたタイミング


彼女の呼び方を変えるタイミングはいつなのでしょう。それまでずっと苗字で呼んでいたのに突然チャン付けになった、呼び捨てになったというカップルを見たことがある方も多いでしょうが、ここでは呼び方を変えるタイミングについて見てみましょう。

付き合うタイミングで変えた

付き合うタイミングで呼び方を変えるというのはよくあるパターンですね。苗字やちゃん付けで呼んでいたのに、付き合い始めた途端に呼び捨てになるということはよくあります。ただ、必ずしも呼び捨てになるわけではありませんし、苗字呼びからちゃん付け、あだ名呼びになるということも考えられます。

自然と変わっていった

自然と呼び方が変わっていくというパターンもあります。特に意識して呼び方などを考えず、いつの間にか呼び方が変わっていたというのは意外とよくあるようですね。

二人の距離が縮まったと感じた

2人の距離が縮まったと感じたときに呼び方が変わったというのもよく聞く話です。確かにこのタイミングで呼び方を変えるのはいいかもしれません。

女性から呼び方を変えてもらおうとお願いするのはアリ?


女性によっては彼氏からの呼び方があまり気に入らない、と思っている方もいるでしょう。しかし、女性から呼び方を変えてくれとお願いするのはアリなのでしょうか。多くの女性が気になっているこの疑問に迫ってみたいと思います。

女性から呼び名を変えてもらうケースは少なくない

女性から呼び方を変えてもらうケースは意外に多いです。やはり女性としてもこういう呼び方で呼んでほしいという理想形があるでしょうし、それを彼氏にお願いすることは少なくないようです。

特に呼び捨てやお前という呼び方が気になるという女性は多いですし、ほかの呼び方にしてほしい、もっと優しい呼び方がいいと彼氏に言ってしまうことは多いようです。

呼び方が変わると男性心理も変わりやすい

呼び方が変わると男性の心理も変わりやすいと言われています。例えば、お前と彼女のことを呼んでいるような男性だと彼女のことを自分より下に見ている傾向が強いです。そうした心理が働いているからこそお前と所有物のような呼び方をしてしまうのですが、それをさん付け、もしくは苗字呼びにするだけで男性の心理が変わりやすいのです。

それまで下に見ていた彼女を対等に扱うようにもなると言われていますし、これは女性にとってメリットですよね。

呼び方を変えてもらって男性との関係性をコントロールしよう


呼び方を変えてもらうことで男性との関係性を変えることもできますから、これは覚えておくべきだと思います。これを知っていれば男性との関係性をコントロールすることも可能になるということですから、覚えておいて損はありません。お前と呼ばれているのならとりあえず呼び捨て、もしくは苗字呼びなどにしてもらうことで対等な関係になることも考えられるでしょう。

まとめ

たかが呼び方と思っている方もいるかもしれませんが、呼ばれる女性からすると呼び方は大切ですよね。気になる呼び方をされるのも嫌ですし、不快になるような呼び方をされるのもストレスになってしまいます。男性からすると何の気なしにそう呼んでいるのかもしれませんが、毎回そのような不快な呼び方をされる女性としては堪ったものではありません。ここでご紹介したように呼び方から男性心理も読み取れますから、もし彼氏がお前と呼んでくるような場合にはできるだけ早い段階で呼び方を変えてもらったほうがいいかもしれません。

呼び方を変えてもらうのはアリですが、言い方次第ではケンカになってしまうこともありますから注意しましょう。男性としては親しみを込めているつもりでその呼び方をしているかもしれませんから、それを変えてくれと言われるのは男性からすると面白いことではありません。言い方次第ではケンカに発展してしまうこともあるでしょうし、余計に頑なになってしまうかもしれません。ケンカ腰で言ってしまうと十中八九ケンカになるでしょうから、そこはやんわりと言ってみてはいかがでしょうか。もっとお互い仲良くなりたいからこういう呼び方にしてほしい、といった伝え方をするとすんなり承諾してくれるかもしれません。