【絶対成功!口説く方法】どんな言葉で女性を落とす?口説く前の注意事項も

口説きたいと思っていても、どうやって口説いたらいいのでしょう。口説くことが上手と言われている人はどうやって口説いているのか、今回はどんな言葉で女性を口説いて落としているのか紹介していきたいと思います。

口説く前の準備は?

清潔感のある身なりをする

口説くためには清潔感のある身なりをすることが大事です。女性は不潔な人が嫌いなので、不潔な印象を与えてしまうと、それだけで警戒されてしまいます。キレイな恰好をする必要があるわけではなく、汚れてない服を着用することやシワシワになってない服を着用することが大事です。ヒゲをきちんと処理しているのも清潔感を出していく上で重要になってきます。

笑顔で話しやすい雰囲気を出す

女性は警戒心が強い生き物です。いきなり話しかけても、女性はすぐに心を開こうとしません。信頼できる相手であることが分かってから、ようやく心を開くことができるのです。そのため、口説くことが上手な男性は笑顔で警戒心を解いていきます。最初から警戒心を解くことができないことは分かっているので、笑顔で相手が話しやすい雰囲気を作っていきます。

メールやLINEより電話がおすすめ!

女性を口説くことが上手な男性は、メールやラインを使って口説こうとするのではなく電話をして口説くことをします。メールやラインだと相手に考える時間を作ってしまいますが、電話だとそのときに返答しなければなりません。考える余地を与えないことによって、自分のペースに引きずり込んでいくことができるのです。

男として自分を意識させる!

口説くことが上手な男性は、自分を男として意識させる能力に長けています。最初から男アピールをするのではなく、少しずつ男の部分を出していくのが特徴です。男全開で最初から行ってしまうと女性は警戒します。警戒心が解かれた頃から、少しずつ男の部分を出していくのが特徴です。プレイボーイと言われるような男性は、落としどころで上手に男の部分を使ってきます。

女性はみんなおしゃべり!聞き上手に徹する

口説くことが上手な男性は、総じて聞き上手という特徴があります。女性はおしゃべりが好きなので、話しを始めると止まらなくなります。ただし、最初から心を開いて話しをするわけではないので、少しずつ話しをして慣れていきます。聞き上手な人は、それだけでいい人という印象を与えることができます。話しをするうちに警戒心も少しずつ無くなって、いつの間にか惚れてしまうケースも少なくありません。

気遣いできる男になれ!

口説くことができる男性というのは、気遣いができるのも特徴です。相手のことを思いやる気持ちを持っているので、一緒にいて居心地がいいと感じます。気遣いできる男はとにかくモテます。気遣いができる男性というのは、レディーファストが基本になっているので、女性を一番に考えています。あからさまな気遣いをするのではなく、さりげない気遣いができるのも特徴です。

女性の話に共感しよう

口説くことが上手な男性は、女性の話しに共感することが上手です。女性は話しが好きですが、話しを聞いてもらうだけでなく、そこに共有意識を持ってもらいたい気持ちがあります。当然、話していることを否定されることを嫌うので、女性の話しに共感することが大事です。言われたことに自分の意見を返すのではなく、同調してうなずくだけの方が共感してもらっている気持ちを持ちます。

自慢話と下ネタは禁止

口説く男は、能ある鷹は爪を隠すように自分のことを自慢することがありません。自分から言うと自慢できるようなことでも価値が下がってしまうことを分かっているからです。聞かれたときに答えるというスタンスが一般的になります。また、下ネタを自分からぶっこむようなこともありません。関係が浅い女性に対して下ネタを言うのは失礼です。ただし、関係が深まってくるとアクセントとして下ネタを入れてくる上級者もいます。

自身がある態度で口説かないと、挙動不審になるので注意

女性を口説くためには、自信がある態度をつらぬくことが大事です。挙動不審な状態で口説くと、相手に見透かされてしまいます。口説かれる女性はある程度の自信がある男性ではないと相手にしません。キレイな女性ほど緊張してしまうのが男性の性でもありますが、そこはしっかりこらえて自信を持ってアタックすることが重要になってきます。挙動不審な態度を取らないためにも、気持ちを落ち着かせることに意識を向けましょう。

具体的な口説き方

カップル

とにかく褒めまくる!

女性は褒められることにとにかく弱いです。褒められているときに、それがお世辞と分かっていながらも褒められると素直に喜びます。口説く上で、褒めて褒めて褒めまくるというスタンスは重要な意味を持ってきます。褒めているうちに相手も少しずつ心を開いてくるようになるので、そうなると男性のペースになります。

適度に名前を呼んでみる

女性との距離を詰める有効な方法が名前で呼ぶことです。下の名前で呼ぶと、それだけで距離感が縮みます。どのタイミングで名前を呼んでみるのかというのもポイントになってきます。最初から名前を聞いて呼ぶのは抵抗があります。話しが弾んできた頃に、さりげなく名前で呼んでみるとよいでしょう。

押してダメならたまに引いてみる

口説く男性はメリハリをつけるのが上手です。たとえば、押してばかりではなく、ときに引いてみることで心を掌握していきます。女性はギャップに弱い特性があり、ずっと押していたのにそれが止まると不安になることがあります。このような心の変化を上手に掴むことができるのも口説いて成功させる男性の特徴です。

無言になったときは、そのまま相手の目を見つめる

口説くことが上手な男性は話しがとても上手です。しかし、話しが弾んでもずっと続くわけではなく、話しが途切れるようなときがあります。そのときを待っていたかのように、男性は相手の女性の目をしっかり見つめます。急に真面目になって見つめられると、女性もドキドキしてしまうものです。

口説くにはこの言葉!おすすめフレーズ

カップル

一緒にいると癒される

女性は思いもよらぬ男性の言葉にキュンと来ます。その言葉の一つとしてあるのが一緒にいると癒されるという言葉です。この言葉には、一緒にいたいという気持ちが含まれており、遠回しに好きと伝えています。自分が相手の癒しになっていると言われると、それだけで嬉しいものですよね。

無言の時間も楽しい

会話が急に途切れたとき、気まずいと感じる人も多いのではないでしょうか。しかし、口説くことが上手な男性はそんな逆境の状況でもポジティブな発言をします。無言の時間も楽しいという言葉もそんな言葉の一つです。空気が明るくなるだけでなく、気まずいと相手が思ってないことにホッとします。

会いたい

好きな人に言われて嬉しい言葉としてもお馴染みの「会いたい」です。男性は、ここぞというタイミングを狙ってこの言葉を使います。会いたいという言葉に好きと言う言葉は含まれていませんが、好きと言っているようなものです。遠回しに好きであることを伝える上でも有効な言葉になります。

遊びに行こうよ

口説くことに慣れている男性は、わりとストレートに遊びに誘うことができます。断れても気にしないので、自信を持って誘うことができます。そんな自信にあふれている男性の言葉にキュンとしてしまうものです。口説くことに長けている男性は、遊びに行こうと誘うことができます。遊びに行こうと誘ってくる男性には、少年のようなかわいらしさも感じます。

一緒に飲みに行こう

カップル

一緒に飲みに行こうという言葉も、男性が口説く文句で使う言葉です。一緒にお酒を飲むということは深い話しをすることや、盛り上がったときは関係が進むかもしれません。一緒にお酒を飲むことを誘うのは勇気がいることですが、女性からオッケーの返事が来たら脈ありの可能性もあります。ただし、下心丸出しで誘ってしまうと警戒されるので、直接的に誘うのではなく、「美味しいお酒の店があるので一緒に行こう」などの言葉がおすすめです。

笑顔がかわいいね

女性は褒められたら嬉しいものですが、褒められて嬉しい部分に笑顔があります。笑顔がかわいいと言われたら、それだけで心を許してしまう気持ちになるものです。笑顔がかわいいと言われた女性は照れることを分かっているので、さらに褒めることを続けて警戒心を解いていきます。女性を口説くことが上手な男性は、言葉を言った後のことまで考えているのが特徴です。

どんな人がタイプ?

口説くことが上手な男はデリケートなことを上手に聞き出すことができます。たとえば、どんなタイプ?と聞くのも女性が思わずドキッとする言葉です。目の前にいる男性のことが好きになってしまっていると、どんなタイプか言いにくくなります。そんな慌てぶりや恥ずかしい感じを見て、自分が脈ありかどうかを判断しています。好きではなかった男性でも、好きなタイプを聞かれると妙に意識してしまうものです。

もっと君の話を聞きたい

思わず女性がキュンとしてしまうフレーズに、君の話しを聞きたいがあります。もっと聞きたいということは興味を持っていることを伝えていることになります。いろんな面を知りたいという言葉には大人の雰囲気もあり、ドキドキしてしまうものです。急に真顔になってそんな言葉を言われるとコロッとなってしまいます。

まとめ

いかがでしたか?口説くことが上手な男性は、女性の立場になって物事を考える能力に長けています。メリハリをつけることも上手で、一方的に口説いていくだけでなく、ときにはクッションを入れることもできます。自分に自信を持って、肝心なときにはストレートに気持ちを伝えることもできます。勘違い男は嫌われるので、そうならないように気をつけましょう。