感情線の手相占い!あなたの性格がわかる11パターンの手相

手相としては感情線というものがあります。こちらを調べることによって、あなたの性格を知ることができるでしょう。感情線のパターンや見方について教えましょう。

感情線とは

そもそも感情線とは一体どのようなものなのでしょうか。こちらでは感情線の意味について教えましょう。感情線を正しく理解して手相を読み取りましょう。

小指の下から親指や人差し指へ伸びる線


感情線というのは小指の下の方から親指や人差し指の方へ向かって伸びている線のことです。手相の中でも4大基本線の1つとされています。この感情線というのは気軽に確認することができて、手相を占う際にはとても重要であり、まず注目される点となっています。これにはいろいろなパターンが存在しており、ここからさまざまなことを読み取れるのです。

喜怒哀楽の豊かさがわかる線


感情線というのはその名の通り喜怒哀楽といった感情の豊かさが分かる手相となっています。こちらを確認することによって、その人の喜怒哀楽の傾向を知ることができるでしょう。熱しやすいのか冷めやすいのか、クールなのか、情熱的なのかといったいろいろな傾向を読み取ることができるのです。そのため、感情線をチェックすることによって、その人の性格を知ることができるでしょう。たとえば好きな人の感情線をチェックすれば、その人の本来の性格を見極めることができるでしょう。

基本的な性格がわかる線

感情線というのはその人の基本的な性格を知ることができる線です。性格というのは表面的に装うこともできるのですが、その人の本来の内面的な性格というのは生まれ持ったものといえるでしょう。そのため、手相を見ることによって、その人の性格の真実を知ることができるのです。感情線から分かることはたくさんあります。ちょっとした感情線の違いが、その人の性格の異なる傾向としてあらわれているのです。

感情線が複雑な人は複雑な性格


感情線が複雑になっている人がいます。これはその人の精神構造がとても複雑になっていることを示しています。したがって、このような人は複雑な性格をしていることが分かるでしょう。感情線が入り乱れているような方というのは、それを読み取るのに一苦労でしょう。さまざまなパターンの性格を確認することができるのです。そのため、一見すると矛盾するような性格であることが分かるかもしれません。人間というのは性格はそんなに単純であるとは限りません。複雑な性格をしている人も実際に存在するのです。

よくある感情線の11パターン

感情線にはいろいろなパターンが存在しています。こちらでは全部で11のパターンについて紹介しましょう。それぞれの感情線ごとに異なる性格を示しているのです。それを教えましょう。

中指まで届かない感情線:サバサバした性格


感情線が中指にまで届かないという方がいます。これはサバサバしている性格といえるでしょう。基本的に自分のことを大切にしており、相手に合わせるということをあまりしないのです。そのため、恋愛においては冷たいと感じられることがあるかもしれません。ただし、愛情がないというわけではないのです。このような点を理解されないということもあるため、こういう性格をしている方は注意してください。

人差し指の下まで届く感情線:ハッキリした性格

感情線が人差し指の下にまで届いているというケースがあります。このような人はとてもハッキリとした性格をしていることが多いです。そのため、周りから見ても分かりやすい人といえるでしょう。喜怒哀楽がとても明快であり、そのため何を考えているのかは察しやすいです。こういうタイプの人というのは付き合いやすいでしょう。こういう人というのは好かれやすいでしょう。ただし、あまりにもハッキリとしているため、トラブルが生じてしまうこともあるため注意しましょう。

水平に長く伸びる感情線:まっすぐで純粋


感情線が水平にまっすぐと伸びているというケースがあります。このような方はその感情線にあらわれているようにまっすぐで純粋な性格をしていることが分かります。自分の思ったことに一直線に一途に進んでいくようなタイプです。恋愛においては、ずっと同じ人を好きになる傾向があるでしょう。純粋なタイプなため、他人とは上手く付き合っていくことができて、周りの人に配慮することもできるでしょう。

人差し指の下に向かってカーブする感情線:誠実かつ情熱的


感情線が人差し指の下の部分でカーブしているというケースがあります。このような方は誠実な性格をしています。どのようなことに対しても素直に接して真面目なタイプといえるでしょう。恋愛に関しては情熱的な部分があります。そのため、ときには相手に嫌われてしまうこともあるでしょう。自分を上手くセーブすることができない場面もあるのです。何事に対しても真剣に取り組む姿勢を見せてくれます。

中指に向かってカーブする感情線:熱しやすく冷めやすい


感情線が中指の方に向かってカーブしている方がいます。このようなタイプの方は熱しやすくて冷めやすい性格となっています。何かに熱中するとすぐにそれに集中してしまいます。しかし、ちょっとしたことですぐに冷めてしまうような一面も持っているのです。そのため、たとえば恋愛では好きな人のことをすぐに諦めてしまったり、恋愛していて一瞬で冷めてしまうというケースもあります。相手を振り回してしまう可能性が高い人と言えるでしょう。

人差し指に届かずカーブも大きい感情線:愛情表現が控えめ

感情線が人差し指にまで届かなくてカーブが大きいというケースがあります。このパターンでは、その人は愛情表現をあまり激しくせず控えめであることが多いでしょう。派手なことを嫌っているのです。照れ屋であったり、奥ゆかしい性格であることが多いのです。このような人と付き合うと相手は困ってしまうでしょう。自分は嫌われているのではないかと考えてしまうからです。もしこういう感情線を持っているならば、意識的に愛情表現を激しくやるようにしましょう。

終点が二股に分岐する感情線:クールで常識的


感情線の終点が二股に分岐していることがあります。このような感情線を持っている方はクールな性格をしており、常識人であることが多いです。何事に対してもあまり動じずに冷静に物事に対処することができるのです。また、無茶なことをしない場合が多いでしょう。常識の範囲内の行動をとることを心がけているのです。そのためノリが悪いと思われてしまったり、恋愛では相手に冷たいと思われてしまうケースが多いでしょう。

終点が枝分かれして知能線とぶつかる感情線:芯が強くて面倒見もよい

感情線が終点で枝分かれしており、それが知能線とぶつかっているというケースがあります。このようなパターンの感情線というのは、その人の芯が強いことをあらわしています。また、他人への面倒見が良いという性格でもあります。そのため、リーダーシップを発揮することができるでしょう。周りから慕われやすい性格といえます。人の上に立って行動することができる素質を持っているのです。

感情線が途中で途切れている:感情のコントロールが下手


感情線が途中で途切れてしまっているというパターンがあります。これはそのままの意味であり、感情のコントロールをすることが下手な人が多いです。感情線が途切れているということは、感情が安定していないことを示しているのです。このような方というのは喜怒哀楽が激しいでしょう。すぐに怒り出してしまったり、急に泣きだしてしまうような方がいます。子供っぽい性格をしているといえるでしょう。しっかりと心を落ち着けることが必要となります。

鎖状になった感情線:繊細で傷つきやすい

感情線が鎖状になっている人がいます。まるで鎖のような形で感情線が伸びているのです。このような感情線を持っている方は繊細な性格をしており、傷つきやすい方が多いでしょう。仕事でも恋愛でもすぐに傷ついてしまうことが多いでしょう。そのため、周りからの扱いに困ってしまうというケースがあります。できるだけ精神を安定させるように努めましょう。周囲に迷惑をかけないようにするべきです。

感情線に島がある:スランプになりやすい


感情線に島ができているというケースがあります。島というのはたとえば線の途中に丸い部分ができているというものです。そこで感情線は一度途切れてしまっているのですが、丸い部分の途中からまた線が伸びているのです。このような感情線を持っている方はスランプになりやすいという特徴があります。仕事や恋愛において、途中で挫折を感じてしまったり、上手くいかなくなってしまうことがあるでしょう。スランプを上手く乗り越えることが必要です。

左右の感情線が違う

感情線というのは右手と左手の両方に見られるものです。しかし、それぞれの手の感情線のパターンが違っているということがあります。これにはどのような意味があるのでしょうか。左右が違っている場合の意味について解説しましょう。

利き手があなたの表面の性格

感情線が左右で違ったとして、あなたの聞き手の方にある感情線というのはあなたの表面的な性格を示しています。したがって、こちらの性格というのは本来の性格とは異なっています。あなたが周りの人達からどのような風に見られているのかということが分かるのです。あなたが意識的にそのような性格を演じようとしていることが手相にもあらわれているのです。あなたの周りからの評価もこれで分かるでしょう。

利き手の反対はあなたの本当の性格

利き手とは反対の手についてはあなたの本当の性格があらわれています。あなたが装っている表面的な性格ではなくて、あなたの真の性格が出ているのです。そのため、利き手と反対の手の感情線を見ることによって、その人の真の性格を知ることができるでしょう。もし手相を見たいならば、この点を意識しておくと良いでしょう。

左右の感情線が違う:自分の二面性に対する葛藤が多い

左右で感情線の出方が違っていることがあります。これはつまり二面性を持っているということになります。表の性格と本来の性格にギャップが生じているのです。そして、そのことに本人も自覚的であることが多いでしょう。それに対する葛藤を抱えていることが多いのです。このままで良いのかと悩んでいる方がいるでしょう。左右の感情線が違っていれば、このようなことが分かるのです。

まとめ

ここまで手相の基本の1つである感情線について解説してきました。感情線というのはあなたの感情や性格というものを知ることができます。感情線のパターンによって、さまざまな性格の違いが出ているのです。それは表面的な性格だけではなくて、裏の本来の性格を見ることもできます。そのため、感情線の見方を理解することによって、あなたの気になる人の性格をチェックすることもできるでしょう。感情線の見方を理解してください。