ドキドキする、これは恋!?ドキドキする理由と言葉

恋愛は女性にとっては無くてはならない物です。女性ホルモンが出ますので美しくなる事ができますし、何より好きな人の事を思うだけで幸せな気持ちになれますよね。特に恋をしているようなときは、これから色々な感情や経験がプラスされていくので、どんな状況になるのかワクワクしてしまうと思います。恋をした時に起こるドキドキという胸の高まりについて調べてみましょう。

ドキドキするのはなぜ?


ドキドキするのは恋をした時の特徴ではありますが、何も恋だけがドキドキした状況を作り上げている訳ではありません。こちらでは、恋と混同しないように、日常的にドキドキとした症状が起こる原因について調べてみましたのでご紹介します。そのドキドキが本当に恋による物なのかをしっかりと確認してください。

興奮している

ドキドキする理由として最初に考えなければいけないのが興奮している事が原因で起こるドキドキです。例えばサッカーの試合などを見ていて興奮しているような状態の時に、ふと気が付くとドキドキしている事があります。異性と一緒にサッカーを見ていてドキドキしているような時には、異性に対してドキドキしているのか、サッカー観戦の内容にドキドキしているのか混同しやすいと言えます。

お酒を飲んだ

O型とO型カップルの恋愛の相性

お酒を飲むと楽しい気持ちになりますが、アルコールの影響で心拍数が高くなります。その結果、ドキドキするような事も考えられます。合コンなどでドキドキしている時には、お酒の影響でドキドキしている可能性もあるという事です。合コンなどでカップルが成立しやすいというのは、もしかしたらこのアルコールが原因でドキドキしているというのがあるのかもしれません。

カフェインを飲んだ

コーヒー 飲み物 食

カフェインを飲むとドキドキするケースもあります。カフェインはコーヒーだけでなく、紅茶やお茶、抹茶などにも含まれておりますので知らずにドキドキしてしまうといった事もあります。エナジードリンクなどにも含まれている事がありますので、そういったドリンクを飲んだ後にドキドキしてしまう可能性は十分に考えられます。

運動したから

これは当たり前かも知れませんが、運動した事が理由でドキドキするというのも忘れてはいけません。エスカレーターやエレベーターを使わずに階段で移動した時であったり、電車に間に合わないので駅までダッシュした時などは、しばらく胸がドキドキしてしまっております。そんな状況で異性の近くにいると胸が高まっておりますので、恋をしていると錯覚してしまう恐れがあります。

恋の可能性もある!

もちろん胸のドキドキはときめいている可能性だって十分に考えられます。恋をしている事が原因でドキドキするという可能性も十分に感じる事が出来ます。自分自身がフラットな状況なのに、ある特定の方とおしゃべりをしたり、単に思い返しているというだけでドキドキとしてしまう場合には、やはり恋の可能性が高くなっているのです。

あの女性をドキドキさせたい!女性をドキドキさせる言葉

男性にとっては異性の方が自分の方を向いて欲しい、好意をもって接して欲しいと思ってはいるのですが、どのような行動をしたら良いかわからないという方が多くいらっしゃいます。それは付き合う前でも付き合ってからも同じ事で、異性に対して喜んでもらいたいという気持ちを持っている方が多くなっているのです。女性がドキドキとした気持ちを持ってもらう事ができつつ、費用対効果の高い方法が言葉です。どのような言葉をかけたら女性はドキドキしてくれるのでしょうか。

かわいいね

女性の方がドキドキした気持ちになってくれる言葉の中で、最もスタンダードなのが「かわいいね」という言葉です。特に年上の女性であったり、クール系の女性にはこのかわいいという言葉が非常に有効になります。自分では見せているつもりの無かった女性らしさを男性が感じ取って、更に言葉として伝えてくれているのですから、それまであまり興味が無かった男性の方であってもドキドキしてしまいます。

会いたい

会いたいという言葉は、女性シンガーの歌の歌詞としても度々登場する恋愛におおて欠かす事ができない言葉です。会いたいという言葉には、男性が寂しい思いをしているという事に加えて、女性の方を大事に思っている事や、女性の方でなければこの気持ちを埋めることができないといった意味が込められております。自分を必要としてくれているという気持ちに女性はドキドキとしてしまうのです。

声が聞きたくて

男性はあまり自分の感情を表にだすのが得意ではありません。そのためどうしてもやきもきしてしまう部分が出てきてしますのですが、そんな男性がふとした時に見せる弱さも女性にとってはキュンキュンしてしまうポイントになります。例えば「声が聞きたくて」のような自分を身近に感じたいと思ってくれるような言葉は、女性はドキドキとしてしまいます。

無理しないで

無理しないでという事は、無理をしているのをわかってくれているという事です。社会人になると、頑張る事が当たり前になってしまい、中々頑張っている事を認めてもらう機会がありません。そのため、無理をしないでと言われると苦労や努力を認められたような気になってしまいキュンとしてしまいます。そういった言葉を言われた後はその人が気になり始め、やがて恋のドキドキに繋がっていきます。

ずっと一緒にいたい

ずっと一緒にいたいというのも、やはりドキドキさせるセリフの定番となっております。一緒にいる時間を大事にしてくれているからこそ出るセリフですので、自分をすべて受け入れてもらえる事が嬉しくなります。ずっと一緒という事は、これから先の長い時間を添い遂げたいという気持ちがあるという事です。一時的な感情でないという所もドキドキしてしまうポイントになっております。

君は特別

女性は特に周りの方と自分を比較することによって、自分の価値を再確認されている方が多くなっております。其のため、「君は特別」といった言葉をもらうと、たとえ自分がそこまで好きでなかったという方であっても、なんだか嬉しくなってしまい胸がドキドキとしてしまうものです。それが気になっている方が付き合っている方、結婚している方に言われるのでしたらなおさらです。

好き

異性から言われて最もドキドキとする言葉は、やはりシンプルに「好き」という言葉だと思います。少女漫画でもテレビドラマでも映画でもこの「好き」という言葉がクライマックスになってきます。全てを受け入れてくれる言葉でもありますので、やはりドキドキしてしまう言葉になっております。

あの人をドキドキさせたい!男性をドキドキさせる言葉

大好きな方を振り向変えるためであったり、付き合っているパートナーや結婚している旦那さんとの関係を良好にしたいという思惑のある方は、いかに男性をドキドキさせるのかというのはとても重要なポイントになってきます。こちらでは、男性をドキドキさせる際に覚えておいて欲しい効果的な言葉についてご紹介します。特に効果的な魔法の言葉を厳選してご紹介しますので、シチュエーションによって使い分けてください。

頼りになる

男性は女性とは違い、頼られる事に異様に興奮する方が多くいらっしゃいます。最近では、男女雇用機会均等法などをきっかけに女性の社会進出が進んでおります。パソコンなどによって業務も効率化してきており、男性で無くてもしっかりと稼ぐ事ができるような女性が増えてきました。そのため、男性は肩身の狭い思いをしてしまっている方も増えてきました。そのため「頼りになる」という言葉を言われる事で、失いかけていた自信を回復する事ができるのです。

大丈夫?

男性は女性に母性を求めている部分が少なからずあります。もちろん自分の母親代わりに甘やかされたいという極端な物ではなく、簡単にいうと男性にはない思いやりという物を感じたいという事なのです。そのため「大丈夫?」といった言葉をかけられると自分をいたわってくれる。優しくしてくれるといった母性を感じる事ができるのです。疲れている男性は特に癒しを求めている部分がありますので使い勝手のよい言葉になっております。

尊敬してる

「尊敬してる」というのも男性がドキドキしてしまう言葉です。尊敬は自分よりも上に見ている言葉です。そのため、頼りになるといった言葉よりもかなり上位の言葉になりますので、非常に嬉しくなってしまいます。ただし、尊敬しているという言葉は、むやみやたらに使ってしまうと緊張感の無い言葉になってしまいますので、ここぞという時に使うようにしましょう。

すごいね!

男性は女性に憧れを持たれる事に幸福感を感じます。そのため、「すごいね!」というような純粋な褒め言葉などは、男性をドキドキさせるのに有効な言葉になります。もちろん誰にでも乱発して発言しているのでは意味がありません。ここぞという時に「すごいね!」という言葉を出す事で効果を何倍にも高めてくれるのです。自分にはできないような事を褒めるのがポイントになります。

かっこいいね

シンプルに「かっこいいね」という言葉も非常に男性をドキドキさせるのに有効な言葉になります。かっこいいといわれて嫌な思いをする男性は皆無です。あとは有効なタイミングだけです。男性のファッションをみた第一印象でかっこいいと伝えるか、男性が男気を見せた時、一生懸命に仕事をしている時などにかっこいいねという言葉は有効になります。

迷惑かな?

これはあまり知られておりませんが、「迷惑かな?」という言葉も男性をドキドキとさせる際に有効な言葉になります。女性の中には力の強い男性にしてもらって当然のように思われる方もいらっしゃいますが、そんなときに「迷惑かな?」と相手を思いやる言葉を伝えると、男性は自分を大事にしてくれているといった印象を持つことができます。

ありがとう

これは男性にも女性にも当てはまる事なのですが、やはり「ありがとう」という言葉は万能な言葉だといえます。何かをしてくれた時に気軽に使う事ができる言葉なのですが、女性が仕事を失敗した時であったり、男性に振られてしまった時などに慰めてもらっている時にありがとうという言葉を使うと、男性は普段よりも余計にドキドキしてしまいます。

好き

やはりシンプルに「好き」という言葉も男性をドキドキとさせる際に有効な言葉になります。男性は女性と比べてその手の言葉に弱い傾向があります。特にあまり恋愛経験のないという方などには有効な言葉になります。明るく言うのではなく、すこし言葉をためながら好きと伝えると、しっとりとした言葉になりますので、余計にドキドキさせる事ができます。言うタイミングも重要です。

言葉がなくてもドキドキさせる

人間をドキドキさせるのは、何も言葉に限った物ではありません。言葉が無くてもドキドキとさせる方法は沢山あります。こちらでは、言葉と合わせてチェックしてほしい言葉がなくてもドキドキさせる有効な方法についてご紹介します。言葉と合わせて使うと更に効果は倍増しますので絶対に覚えておいてください。

無言で目を見つめる

目は口ほどに物を言うといった言葉があるように無言で相手の目を見つめるといった方法もドキドキさせるポイントになります。特に下から見上げるように目を見つめると男性はドキドキしっぱなしになります。特にアルコールが入っていると有効な手段になります。2人きりで飲んだ時や合コンでトイレに抜けたときなどに有効な手段になります。

手に触れて、握る

距離が比較的近い男性の方でしたら、手に触れたり、手を握ったりするのは非常に有効なドキドキポイントになります。漫画やドラマなどで何の気なしに手を繋ぐとドキドキしてしまうシーンが描かれているように、定番のドキドキポイントになります。特に最初に軽く手を触れる時などはドキドキしてもらうポイントになりますので、積極的にチャレンジしていきましょう。

抱きしめる

抱きしめるというのも非常に有効なドキドキポイントになります。抱きしめるのも前からと後ろからなどによっても違いますが、男性にとって抱きしめられるというのは絶対にドキドキしてしまうポイントなのです。胸の大きい人は胸を押し当てるというのが有効な方法になりますが、胸がそれほど大きくないという方も顔をかなり近づける事ができますのでかなりドキドキしてもらう方法になります。

まとめ

異性をドキドキさせるという事は、恋愛感情を高める効果があります。自分の事を友達と認識している方にドキドキしてもらう事によって、友達以上の関係になる事もできますし、友達以上、恋人未満の方はより付き合う確率をあげる事ができます。既に結婚しているような方でも、相手の気持ちを高める事によって、より円満な夫婦関係を贈る事ができますので、恥ずかしいかも知れませんが、ぜひチャレンジしてみてください。